東京電力福島第1原発での作業などで被ばくし、がんの一種の多発性骨髄腫になったとして、大阪市の元プラント建設会社社員、長尾光明さん=07年に82歳で死亡=が東電に約4400万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は23日付で、長尾さん側の上告を棄却する決定を出した。原告敗訴の1、2審判決が確定した。

 厚生労働省は被ばくと骨髄腫の因果関係を認め04年に労災認定したが、1、2審判決は「因果関係は認められない」として原告の請求を棄却していた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで
東電:作業員被ばく量対策チームを設置
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明
原発:作業員被ばく量、対策チーム設置--東京電力
プルサーマル計画:知事、受け入れ表明 安全確保の徹底を /福島

イノシシ大迷惑 滑走路に侵入し着陸妨害 (産経新聞)
年金改革、来週にも検討会=「根源的な議論必要」-菅副総理(時事通信)
郷土の偉人 商標に火種 龍馬・高知県 特許庁に反発 (産経新聞)
少子高齢化、人口減少…日本経済、繁栄持続の道は(産経新聞)
エンデバー 米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
AD