平野博文官房長官は12日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鹿児島県・徳之島の徳之島町議と鹿児島市内のホテルで会談した。平野長官は「全国民の問題なので、負担を分担するという考え方で、ぜひご理解いただきたい」と述べ、同飛行場の基地機能の移転に理解を求めるとともに、協議の継続を要請した。これに対し、町議側は「島民の声は大変厳しい」と伝えた。
 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日夜、首相官邸で記者団に「いろいろな意見が徳之島にもあると思う」との見方を示した上で、「徳之島の町の方から要請をいただいた。無理に私どもの方から申し上げているわけではない」と述べ、面会は政府側が強いたわけではないと強調した。 

ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
JR水道橋駅で人身事故 中央・総武線の各駅停車で一時運転見合わせ(産経新聞)
AD