中西ふじよオフィシャルブログ

~ 心・技・体で未来につながる架け橋 ~


テーマ:

万引きが・・・


本人では ない生徒の 犯罪行為・・・・だったようですが・・・


万引き行為があったという事実で 私立高校の単願推薦ができない・・・


廊下での進路相談


自ら命を絶った生徒への指導をめぐり学校側がミスを認めています。


救うことのできた確実な命でした。


とても残念ですし 悔しい思いが一杯です。


しかし 自分の現役教師時代を思い出すと・・・・


万引き行為などを犯した生徒を 学校として 推薦で出願させて良いモノか・・・と進路指導委員会で 話題になることはたびたびありました。生徒指導で問題のある生徒に関してもです・・・


多くの教師は 可能性を奪ってはいけないと思っています。担当学年ならなおさらです。


しかし他学年の教師からは 「あんなことをした生徒が推薦で受験したら 後輩たちも 「あれだけやっても高校行けるんだから、俺たちも大丈夫」と思ってしまう。推薦での受験ではなく一般受験にすべきではないか・・・」という意見も出ます。


結局、最終的には 学校長の判断になります。


同様に 父兄からも「万引きを犯した生徒をどうして学校は推薦するんですか。真面目にやってきた生徒が馬鹿をみるじゃあないですか・・・」と苦情を言われたこともたくさんあります。


今回の件については 本人が万引きをしていない・・・・・学校側の情報伝達の完全ミスのようなので、私が今書いていることとは違いますが・・・・


進路相談も廊下で・・・・コメンテーターが「こんなのは進路指導ではない」と言っていましたが・・・


しかし、現状は 担任も授業があり 子どもたちも授業を受けています


そんな中での進路相談は 放課を利用して何度も何度も話し合うのです。給食中も担任は 食べることもしないで進路相談をすることもあります。


三者面談などは 一年に数回。その時は 決定しなければならないケースが多いです。なのでその前に何度も面談をします。もちろん保護者とも電話で話し合ったり家庭訪問をしたり…学校に来てもらったり・・・


夜勤でお勤めのご主人の場合は 夜中に学校で・・なんてこともありました。


今回はケースとは 違いますが、多くの教師は自分のクラスの生徒の進路について 本当に真剣向かい合います。


愛知県では今日も公立高校の入試がありました。明日、面接です。


一人一人が初めての受験で緊張もしていることでしょう。受験校を決めるのにもたくさん悩み考えたことでしょう。


どうか…どうか…・子どもたちの可能性を摘んでしまうことが無いように・・・・


そして、多くの学校や教師は真剣に進路指導を行っていることを・・・知ってもらえると・・・・


何だかとっても胸が痛いです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 ふじよさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。