nezumiippiki

アジア再発見Blog


テーマ:

タイへの出張が多いのだが、バンコクでは暫く定宿というものを決めていなかった。色々なホテルを体験できてそれはそれで楽しいのだが、都度ホテル探しをするのも面倒になりだし、顔馴染みになったホテルスタッフから「お帰りなさい!」と言われる(言われたい)のも出張の疲れを癒してくれるものなので、そろそろ定宿を決めようかと考えている。

 

以前何度か泊まったことのあるグランデ・センターポイント・ラチャダムリに最近また泊まり、改めてそのコストパフォーマンスの高さを再認識した。

 

 

そもそも、「センターポイント」の名は、バンコクに出張する日本人客には馴染みの名だ。バンコク市内各要所に5軒、サービスアパート形式のホテルを展開している。

そして、グランデの名を冠したデラックスカテゴリーの展開を始めたのが、今から10年前。それがグランデ・センターポイント・ラチャダムリ。グランデ・ブランドのフラッグシップホテルになる。現在、グランデを冠したホテルはバンコク市内に4軒。

 

このホテルの名前にも付いているラチャダムリとは、バンコクのど真ん中と言える地名。BTSの2ラインが使え、サイアムスクエアやセントラルワールドがあり、錚々たるデラックスホテルが集中する場所。インターコンチネンタル、グランドハイヤット、アナンタラ(旧フォーシーズン)、セントレジスが横一線に並び、ハイヤットとアナンタラの間に一軒後ろに下がって、このグランデ・センターポイント・ラチャダムリがある。

本来はそれら高級ブランドのホテルに並び、リッツカールトンの看板が付く予定だったが、表通りに正面玄関が面していないから、とオープン前に断られ、ではと次にアコーにマネジメントを依頼したところ、アコーではデラックスすぎると断られ、仕方なしにオーナーが自社でマネジメントすることになったホテル。

知られざるローカルブランドがデラックスホテルを売り出したとしても、高くは買ってくれないだろうと早々に諦めたのか、我々にとっては高いコストパフォーマンスと評価される由縁。

実はその話、つい最近親しいバンコクのホテルマンから聞いてしまった。がために、俄然このホテルの再評価となったわけだ。

 

正直、以前からこのホテル、値段の割に随分とデラックスに出来ているなと不思議に思っていた。

 

ロビーは豪華だ。まさかロビーで寝る客はいないので、ロビーの豪華さでホテルを評価しても仕方ないのだが。

 

他のホテルでは見かけないロビーのサービスに、無料のコーヒー、ティーのサービスがある。日本の新聞2紙も常に5-6部あり、待ち合わせに便利だ。

 

部屋は広い。下位カテゴリーでも44㎡。一番部屋数の多いカテゴリーで69㎡。

 

部屋からの眺めもデラックス

広さのある分、全室にキッチンが付いており一通りのものが揃い電子レンジもある。全自動の洗濯機もあり女性客に受けているらしい。

 

バスルームも広く、海外ではまだ珍しいウォッシュレットが通常完備。

 

日本のTVが4チャンネル見られるのは、TVなしでは困る人には好いだろうね。

 

最近、タイのホテルは国際レベル並みに喫煙不可が多くなり、愛煙家にはホテル探しが大変だが、このホテルには喫煙フロアが複数あり、そのフロアの客室は全て喫煙可となっている。

 

プールはリゾートホテルを思わせる。

子供の遊戯室も広くフィイットネスジムも充実している。

ライブラリー、映画鑑賞室、ビジネス客向け専用ラウンジもあり、至れり尽くせりの感がある。

 

筆者、なぜこのホテルのことを当初から知っているのかといえば、ラリンジンダスパがあるからだ。今タイで一番人気の高級スパと言えばラリンジンダだが、タイで最初に価格破壊をもたらしたスパなので、料金は他のホテルスパと比較し極めてリーズナブル。そのため、筆者に限らずこのホテルを知らなくても、ラリンジンダスパの利用目的で来ている日本人客は多いはずだ。

http://www.rarinjinda.com/

 

全てに良さそうなホテルだが、筆者のような特定の人に1つ問題がある。このホテルのレストラン、朝食は問題ないが、ランチやディナーで酒が飲めないのだ。聞くと、このホテルのオーナー、敬虔なる仏教徒で酒は御法度、それを客にも求めている。部屋にもミニバーが無い。持ち込みは可なので、部屋で酒を飲む場合は近所のコンビニで買っておくことになる。もっとも、ホテルのミニバーの値段は高く、コンビニで買ったものを飲むことが多いのだが。それを考えると他のホテルの場合は、プラスチックの袋を隠し気味にロビーを横切ってエレベーターに向かうのだが、このホテルの場合は正々堂々とその袋をぶら下げてロビーを闊歩出来るので、精神衛生上はこちらの方が良いともいえる。

 

出張の際にどこのホテルに泊まるかは、バンコク市内の仕事先の場所によるが、ここラチャダムリであればどこに行くにも便利な場所なので、そろそろグランデ・センターポイントを定宿にしようか。因みに、BTSラチャダムリ駅へは徒歩3分、チットロム駅は徒歩6-7分ほど。

老婆心ながら、お薦めホテルとして紹介でした。

http://www.grandecentrepointratchadamri.com/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。