nezumiippiki

アジア再発見Blog


テーマ:

カオラックに一般のツーリストがボチボチ来るようになってきたようだ。そこで、ハイシーズン11月―3月の時期、人気のホテルが取れない、と相談される。

欧米人の絶大な人気を誇るリゾートのため、北半球が寒くなると彼らはどっと押し寄せてくる。

 

 

一番人気のホテルはサロジン。

トリップアドバイザーのプールランキングで毎年1位に輝いている。

 

5-10月はローシーズンなので予約は難しくないが、11月-3月のハイシーズンになると極端に難しくなる。4月はイースターとソンクランが何時になるかによる。3-4か月前から予定を立てられればまだ何とかなるが、プーケットのつもりで1-2か月前に計画を立てると、予約はまず取れない。年末年始のピークは1年近く前から予約が必要。

 

筆者何度かサロジンに宿泊したが、ハイシーズンに泊まれたのは数年前の11月の1回のみ。それも、知り合い数人が2部屋を予約、追っかけ付き合いでと同行したが筆者の部屋だけが取れず、近所のホテルに泊まることを覚悟で出かけ、偶然にも当日キャンセルが出て泊まれた、という次第。

久々に、3月中旬頃にもし部屋があればと思い、2月に3月の様子を日本人スタッフに直接電話して聞いたが、案の定、毎日100%の満室状態が続き4月ならイースター時期を外すと今なら取れる、というものだった。

 

サロジンが人気なのにはいくつか理由がある。

飽きの来ないハードデザインでランドスケープが素晴らしい。

ソフトがコンセプトを表し居心地がとても良い。

それでいて、リーゾナブルな部屋代。一般的にカオラックのホテルはプーケットのホテルと比較し、同等カテゴリーで3-4割は安い。

プールレジデンス

 

昨今のリゾートホテルラッシュでどこのホテルもスタッフの確保に苦しみ、新人が多く、サロジンもソフトの維持には苦労していると思うが、それでも他から比べと立派なものだと思う。

 

カオラックのビーチはパカラン岬を間に南北に20数キロあるが、サロジンが面するビーチは、パカラン岬から緩い曲線を描く形の美しく一番白いビーチ。そのパカラン岬がアンダマン海からの高波をブロックするので、波の高いローシーズンでもここだけは波の静かなビーチとなる。

 

サロジンの前のビーチもいつも静か。

 

オープンして12年目になるが、津波からの復興で一番早い再開を果たしたホテルの一軒で、復興のフラッグシップ役を果たしたホテル。(2004年12月26日のスマトラ沖地震による津波でタイ最大の犠牲者を出した地がカオラック。)

 

そのため当初から欧米の注目を集めていた。これはサロジン物語として知られており、お陰で欧米中心のお客が来ており、昨今の騒々しい新興マーケットが入る余地が無く、それが良い。

週一の夕方のカクテルパーティー

 

食事に関しては個人差があるが、数あるホテルの中ではかなり良い方と思う。

朝食システムがとても良い。モーニングシャンペン付の豊富なメニューから、朝から夕方まで好きな時間に好きなだけ飲めて食べれる。

朝食はいつもモーニングシャンペンとフレッシュジュースから始まる。

 

オープンな朝食会場は気持ちが良い。

 

以前、朝食の品数が少ない、との旅行サイトの書き込みを見つけたが、アラカルトメニューを読めなかった人なのだろうと思う。

 

タイ料理はお落で美味しい。

シーフードバベキューは、どうしても日本のシーフードと比較してしまうので、今一。筆者の経験から海外のホテルならどこも同じと思う。

地中海料理もあるが、筆者基本的に東南アジアで正統な洋食はオーダーしないので、サロジンでも食べたことがない。でも、フュージョン料理は美味しかった。

 

 

サロジンが有名だからと、豪華なホテルを期待して行ったところ、派手さが無くガッカリした人もいたと聞く。要はセンスの問題。

サロジンに華美さはない。あくまでも落ち着いた大人のリゾート。

派手なエントランスへのアプローチを想像していると通り過ぎてしまうほど、隠れ家リゾート的な入り口になっている。

 

アンダマン海側、南タイのローシーズンは5月~10月になり、この時期ならサロジンも予約は取りやすい。

皆が気になるのは雨と思うが、一般的には6月あたりから降り出し8月あたりまでは、日に数回の短時間のシャワー程度なのであまり気にすることは無い。9月は一般的にシャワーの回数が増える。10月の中頃からはハイシーズンの気候に入っていく。

とはいえ、昨今のグローバルウォーミングで、この10年ほど、ガイドブックの案内に従う天候でないことも頻繁である。シャワーが連続したり、滞在中一度も雨に合わず、ハイシーズンに数日連続するシャワーに遭遇したり、一週間の滞在中に一度もお日様を拝めない時もあった。ある時、朝から昼過ぎまで雨続き、と思いきや、自転車で数分先からは一日中かんかん照りのお天気、ということもあった。雨雲が分散せず、一直線に繋がって特定の場所を流れて行ったわけだ。それ以後、雨の日は移動した方がお天気に恵まれる、ということを知ったが、しかし、その逆もまたありで、これ全て神様のなせる業ということ。

 

ハイシーズンのカオラックは、とにかく海が素晴らしい。ビーチは広く人も少なく、ビーチでの物売りもビーチボーイも一人もいない。

 

世界的に有名なシミラン諸島はカオラックからならスピートボートで1時間程。

では、ローシーズンに何を楽しむの、と聞かれることがある。プーケットなら歓楽街で楽しむことになるが、カオラックには繁華街はあっても風俗営業のある歓楽街というものが無い。

カオラックにあるのは本物の本格的な大自然がたっぷりあるので、海がダメならジャングルがあるさ、滝があるさ、温泉もあるさ、である。

世界的に有名なのが、氷河期を経験していない世界最古の生態系を残す熱帯雨林のカオソック国立公園である。

この大自然を楽しむアクティビティーは熱帯雨林があればこそ。

雨が無ければ熱帯雨林には成りようがない。

よって、雨大歓迎!である。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。