あなたはゲームの
ドラゴンクエストをご存知でしょうか?

 

 

 

自分が勇者となり、冒険をしながら
レベルアップし、最終的に大魔王を
倒すという大人気ロールプレイングゲームですよね。

 

 

 

 

実はこれを人生に置き換えて
ゲーム化してしまおうという考えがあるのです。

 

 

 

 

今日の記事では、人生がゲームのように
ドラマティックで刺激的で何倍も楽しくなれるという

驚異の発想転換について説明していきます。

 

 

 

 

========================

 

人生はゲーム化、ドラクエ化できる!

 

========================

 

 

 

一般的にドラクエは面白い、
人生は面白くないと思われています。

 

 

 

ドラクエは、ドキドキ・ワクワク感、

刺激に溢れているのに対し、


人生は嫌な事のほうが多い、苦痛でしかない

と思っている人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

だから人はドラクエに現実逃避してしまい、
徹夜でゲームしてしまう...。

 

 

 

 

一方で、人生をまるでドラクエで冒険しているかの
ように遊び尽くしている人達もいます。

 

 

 

 

 

果たして、ゲームと人生の違いは何か...?

 

 

 

 


まずドラクエは、

操作できるコマンドに制限があるのです。

 

 

 

フィールド上では、「話す」「呪文」「強さ」「道具」
「階段」「扉」「取る」「調べる」の9つだけしか使えません。

 

 

 

 

 

戦闘時では、「闘う」「呪文」「逃げる」「道具」の
4つのみしか使えないのに対し、

 

人生は、選択できるコマンドは無限大。

 

 

 

 

 

全てが5感でリアルに体感できる、

完全な3D立体ゲームであり、

超体感ゲームでもあるのです。

 

 

 

 

傷付けば本当に血が出るし、

 

気持ちいいものは本当に気持ちがいい!

 

 

 

 

 

さらにはプレイヤーが死ねば、自分も死ぬ、

まさに人生は命がけのゲームだということです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、ゲームにはある定義があります。

 

 

 

それは、

「目的を達成するためのルールに沿った
 敵との楽しい闘い」

 
だということです。

 

 

 

ドラクエならドラクエ、スーパーマリオなら
スーパーマリオの独自のルールの沿った
「敵との楽しい戦い」だということ。

 

 

 

 

ゲームの本質は「楽しい闘い」だが、
人生での闘いは、残念ながら

 

「辛く苦しいもの」という
定義付けがされてしまっています。

 

 

 

 

そこで、人生をゲームのように、
「闘い=楽しいもの」と定義付けられれば
人生はゲーム以上に楽しくなってくるに違いありません!

 

 

 

 

 

ここで、

人生をゲーム化するために必要な認識として、

ゲームを構成する3大要素があります。

 

 

 

 

・目的(夢)

・敵

・ルール(法)

 

 

 

この3つです。

 

 

 

 

それを人生という壮大なゲームに当てはめると
人生は楽しくゲーム化します。

 

 

 

 

私達は、人生を何かの的のため
夢を叶えるために生きています。

 

 

 

会社員の場合は、敵は上司かも知れないし
ライバルとなる同僚かもしれません。

 


経営者の場合は、敵はお客様になります。

 

 

ここでのという解釈は、いかに攻略するか
であり、本当の意味での敵ではないのです。

 

 

 

そして、というルールに沿って進んでいきます。

 

 

 

 

 

中心軸を「楽しもう」と考えれば、
人生はゲームに変わります。

 

 

 

 

 

そのように考えた時、人生は実は本当に
シンプルなのかもしれないということに気が付きます。

 

 

 

 

難しく複雑にしているのは、
実は誰でもない自分自身なのです。

 

 

 

 

人は「人生を最高にエキサイティングなゲーム」だと
捉えることもできるし、
「現実的で切なくて辛く厳しい人生」と捉えることもできます。

 

 

 

考え方次第でこうも変わってしまう人生なら
楽しくゲーム感覚な人生という選択もいいかもしれませんよね。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます^ ^

AD