my first TIFFANY

テーマ:

アメシストのピアス


初めてのピアスです。まだ穴あけてなくて眺めています。


大粒の石がきれい。


スターリングシルバーにしっかりつかまって、


一生もののジュエリーです。



AD

私の中の怯えた子供

テーマ:

ココロの調子をくずしたこの一週間はいままでにないほど耐え難いものでした。(というかど真ん中。)

明日は月曜日、起きたときの気分がこわくて、昼寝もしたことだし、

寝ないことに決定。

こういうことしちゃホントはいけないんだよね。よく知ってるけど、だれも助けてくれないもん。


今朝は悪夢を鑑賞。

映画のようなカメラワークで度迫力。

観終わった後はしばらく動けず、今観た事を再生してみる。

胸は苦しく、両足はももの裏からひざの裏に汗をたっぷりかいている。


でも、思った。

映画仕立てのサスペンスドリームの中で、自分と、もう一人の自分(そう、幼い、わたしの中で怯えている子)

が何か得体の知れないものに正気を失うほど恐怖している。これは、現実の苦しみそのままである。


春のせいかな。

春はわたしをダメにする。

窓を開けると、梅の木が、もう花をつけている。

春を、生命の復活をみせつけられて、わたしはきまって悲しい気持ちになってしまう。


幼い頃、何があったんだろう。

AD

A friend in need is a friend indeed

テーマ:

って、中学か高校のときに習ったことわざ、実感しました。

今朝、愚痴を長々と書いたブログ、読んでいただいた方は、今ちょっと大変なんだなって思っていただいたかも知れません。(ちょっと過激だったので数時間で非公開にしました。でも、反省するために自分用にとっておきます。)


私はひとりの時間を大切にする性質なので、友人は少ないです。

東京に来てからは、会社の同僚とはあまり本音では話をしないし、アドレス交換も求められない限りしないし、休日に一緒に遊ぶことはまずありません。


そんな私の大切な友人の一人から、久しぶりに電話をもらってお互いの近況を話しました。

突然だったし、最初のうちはあれ?何を話そうかななんて、ちょっと沈黙してしまったりもしたけど、それぞれの悩みを聞いたり話したりしているうちに、昨日の事件(プッツン切れて「きょうは、もう帰ります。おつかれさまでした。」してしまいました)を話したら盛り上がって、彼女も似たような経験あるって聞いたらすごくホッとした。


最悪の精神状態でその場に残って、ミスしたり、人間関係の溝を深めるよりは、いなくなったほうが賢明だよとも言ってくれました。

もちろん反省していて、明日はきちんと「(半日のお休みをいただいて)ありがとうございました。」を言うつもり。


だけど、不安だったから、話せて良かった。

きっとここの住人にその話をしたら、じゃあ辞めちゃいなよ。って他人事だったと思う。

みんな若いから、わたしよりも 次 のチャンスはたくさんあるだろうし。

でもきょう連絡をくれた友人はわたしよりも年長でしかも、シングル。

だから、感覚が近いので適切なアドバイスとかフォローとかしてくれます。

ありがとう。


不思議なもので、電話を切ったらメールの着信が。

彼から。嬉しい。

ありがとう。

AD

書くことでmess upしてるこころも多少は落ち着いたこともあるけど、

これってあまりにも個人すぎて、つまんないでしょう。



過去の3年間、すごく変化に富んでいて、いいときもあったけど、

もう戻れない気がしたり、

人生には物理的に簡単でも、精神的に簡単ではないこと多数。



自暴自棄になったとき、なんどもここを削除しようと思ったよ。


それか、もっと違う目的で使えないかなとか。


近況はすね。あばらの痛みが治まっていたので運動したい。

以前のアパートならプールだったけど、今度は、

はしろかな。


Just Do it!

あんまり正気ではない日曜日のエントリーでした。


突然消すこともあるんだろうけど、それは過去とバイバイするって決めて

新しく進むことになるはず。だから心配は自分のためにしましょうね。