テーマ:
こんにちは、宮川依恋です!

どんどん個人化されてるアメブロを久々に書くことに。

本日7/5は僕がやっているバンド・Migimimi sleep tightのファースト全国流通音源「The Lovers」のフラゲ日です!(発売日は7/6Wednesdayです)

今年の2月にメンバーと出会って、
3月に制作期間に入って、
5月に初ライブ、
短期間にも関わらずものすごいスピードで色々やってきた。そして、ついにアルバムをリリースすることが出来た、僕の声が初めて全国に届きます。(この日を待ってたよ)


ボーナストラックを含め計7曲入りのミニアルバムとなります。






{9A24D9D0-4BEB-47BF-992E-BB2CB33B0DE4}

7/6発売の「The Lovers」




メインコンポーザー、メガマソ・涼平が4曲を作曲し、他の3曲はex.FUNKISTのベース・JOTARO、FINAL FRASHのドラム・松本誠治、そして僕がそれぞれ一曲ずつ書いてます。

違う感性の豊かさ、個性溢れるフレーズと曲調、でもまとまったアルバムに仕上がったと思います。

ビジュアルワーク担当の大山美鈴さん

エンジニアの釆原史明さん

流通のSpaceShowerさん

フリーペーパーのJUNGLE LIFEさん、OK Musicさん、skream!さん

テレビ埼玉さん

今日から流れるファミリーマートさん

お世話になった、これからなるラジオさん

あとは、うん、絶対忘れてるけど…

沢山携わった関係者の方々

お陰様でリリースできました。

本当にありがとうございます!!


--------------------------------

僕が作曲作詞したM3のDon't me cry

(和訳=泣けばいいじゃん)

バンドのコンセプト『泣けて踊れるバンド』を頭の片隅に置きつつ、自分らしく書こうと思って書きました。

Skream!さんの取材でも言ったんですが、ある日自宅でジャップしていたら、この曲のサビのメロディが降ってきて、これは踊れる!と思ってストックしてました。

ちょうどこのバンドのテーマと合いそうなので、歌詞は『泣くこと』について書いてみました。合わせて『泣けて踊れる!』欲張り(笑)

僕の今までの歌詞を知ってる人はちょっと新しいかもしれません。ワードや文章の書き方はまるで違います。拘りポイントは一緒ですけど。(必殺技だから教えないけどね)


もちろんアルバム全曲とても良いのでぜひ手に取って、聴いてみてほしいです。


よろしくお願いします。



宮川依恋
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは~


Migimimi sleep tightの宮川依恋です。


れんれんと呼んでください☆


最近あんまりブログ書かないのでアメブロが一般人化しつつありますが、また少しずつ書いていこうと思います!


Migimimiすら知らない人のためにおさらいしましょう。


行くよー!?


凄く速いスピードで行くよーー!?!?


付いてこれるかな!?


さぁー、レッツゴー!!


2016年の2月19日僕はメガマソのギター涼平さんと出会い、その後FINAL FRASHのドラム松本誠治さんとex.FUNKISTのベースJOTAROさんとも出会い、2月25日に新バンドMigimimi sleep tightを結成しました。


出会いから結成、すでに速い展開ですが、その後が更に加速する…


3月25日にバンドのビジュアルを解禁し、5月1日にプレビューライブをすることを発表しました。


作曲、レコーディングやMV撮影など嵐の制作と濃密なリハーサルの日々を重ね、先日5月1日のライブは大盛況の中で無事終わりました。





{21046813-D4BE-466E-87DC-989F184DEB7B}

お花まで( i _ i )


本当に来てくれたみんなどうもありがとうございました!



ライブではすでに色んなグッズが展開し販売されてました!



・Tシャツ(即完売したのでまた作ります!)
・タオル(こちらもサーモンピンク色で大人気!)
・くじを引く(ステッカーなどが出ます)
・会場限定シングル『Akirakeiko』
・プレビューシングル『Migimimi』



※Tシャツ、タオルなどにもプリントされてるバンドのロゴは僕の親友でデザイナーをやっているjinn氏に書いていただきました。なかなかスマートなロゴ本当に感謝しています!!



話戻すけど、その中の会場限定シングルのジャケットはシンプルでほぼ何もないです。





こんな感じ↓

{48D7F17B-C1F1-4A92-B6C1-A1F954ADB12F}







裏はこんな感じ↓

{76FABBD4-F9D7-47BE-AA85-FC80B3DE1F41}


至ってシンプル…と思いきや、
実は仕掛けがあります!笑



 





{1D7ED530-718C-4C25-81BF-7C0A2684E28D}


何これ?

歌詞…かな?

そう、歌詞です。

シールになってます。




実は今回シングル『Migimimi』も含めて、アートワークはイラストレーターの大山美鈴さんに書いていただきました!!
twitter見てる人はもう知ってると思うけど~
かわいいですよね~~(*^o^*)


Migimimiの方は普通にアートワークがプリントされてるけど、Akirakeikoの方はプリントせず、歌詞まで全部シールになってます☆


購入した人が自由に貼って、自分だけのジャケットが作れます♪( ´▽`)


僕のジャケットを公開しましょう~





{1CE96F2B-2C01-476D-82B1-A2227346CFB0}

左から右はアー写のメンバーの順になっています!

※左上はもののけです、メンバーじゃありません。





{C899D28B-704F-41CE-B728-817ED80222F6}

後ろはこういう風にしました~



ただシールが全てくじ(有料)になっていまして、皆さんも是非ゆっくりでいいのでコンプリートして自分だけのジャケットを完成しましょう( ´ ▽ ` )ノ




ライブのアンコールでは、7月6日にミニアルバム発売することを発表しました。全国流通です!!


みんなが知ってるレコード屋さんでも買えると思います。(予約しないとレコード屋さんはまず入荷しないこともあるみたいなので近くなったら予約してください特に地方のみなさんよろしくお願いします)


というわけでシングルもう聴いてくれた人はもちろんどっぷりハマってて夏のアルバムが待ちきれなくなってると思いますが、あと二ヶ月!!


それまではライブにも遊びに来つつ、楽しみにしててねψ(`∇´)ψ


ここのメンバーは本当にみんな優しい人たちで、色々勉強になるし、考え方も少し変わりました。


これからもMigimimi sleep tightよろしくお願いします!


音楽って楽しいね!!


{65850A9D-133C-4119-BD95-C20D3F8A930F}



れんれん


----------------------------------

Migimimi sleep tight『The Lovers』

2016.07.06 Release
DDCB-14044 / ¥1,800+税

[収録曲]
01. puputan
02. Migimimi
03. Don’t me cry
04. GOODBYE
05. WonderWave
06. The Lovers
07. Chill out,White out(BonusTrack)



----------------------------------


【ライブスケジュール】

<PreviewNight!!~2ndNight!?>
■ 2016年5月26日(木) @北浦和 KYARA

<JUNGLE LIFE×CLUB251 presents “Whiteboard Jungle”>
■ 2016年6月2日(木) @下北沢 251
リムキャット / touch my secret / Suspended 4th

<新宿SAMURAI OPENING LIVE~SAMURAI pre 戦国時代 vol.2>
■ 2016年6月16日(木) @新宿 SAMURAI
ケトル …and more

<aquarifa「SHINE」リリースツアーファイルナル>
■ 2016年6月19日(日) @新代田 FEVER
aquarifa / TRY TRY NIICHE(O.A) + SECRET BAND

■ 2016年6月26日(日) @下北沢 251

※詳細は各会場またはプレイガイドまでお問い合わせ下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、夜が苦手になった。


静寂の中で目立つ秒針の音、


一歩一歩迫ってくるようだ。


そんな中にたまに鳴るクラクションの音や救急車の音が静かなだけに余計に心の落ち着きを乱してくる。


朝は嫌でも都会の騒音が良い感じに分散させてくれるから考えずに済むから楽だ。


しかし僕は夜行性を慣れている。


なので矛盾が生まれる訳だ。


この矛盾をなんとかするよりも夜が苦手な気持ちを克服したい。


寂しくなる気持ちを抹殺したい。


文章にする、


歌詞にする、


歌にする、


走る…


1秒でも多くリアルを忘れたい


早く朝が来てほしい


いや、まだ朝は来ないで、と


とにかく落ち着かないのだ。


今なら空気の重量をも測れそうだ。


それくらい重たい、重たい


布団を取っ払って、


服を脱ぎ捨て、それでも


まだ重い、どうやら


物理的なことではないようだ。


音楽をかけて、耳を遮断しよう


無理矢理に自分の世界に入るんだ。


気付いたら呼吸を止めている


決して周りを気遣っている訳ではないが…


こう書いてると空が青くなってきた。


良い息抜きが出来たー。


さー、今日も頑張ろう♡


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
絵が上手く描きたいです。



下手ではないと思うんですけどね、

8歳から10歳の3年間はデッサンを習ってましたよ

ちゃんとリンゴとかリアルに描けてましたよ

多分上手く描く努力をしたくないだけかも分かりませんね。









{43C0727C-51F9-4454-971B-2736FE1C3F08:01}


適当に描いたらこんな感じwww

(左はゴンかな?)

そしてこれ以上上手く描こうとも思わない...

そりゃ上手くならないか(^_^;)










字もね、一緒ですよー







{7FADEC34-D589-43F9-9BFA-5EF75E3612E0:01}

これも割と少し上手く書こうと意識しただけですけど、

まあまあ普通に綺麗に書けてますよねー

でも普段は書かないんですよね(^_^;)

めんどくさいから汚くなっちゃう…

やっぱり字は性格を表すと言いますよねー











あとよくやるんですけど、理由は分からないけど、むちゃくちゃ欲しい本をわざわざ買いに行ってね、いざと買って帰ったら何日経っても1ページも開かないんですよねー

分かります?






分からないよねー



{C1A216ED-EE96-411A-9EC1-C34F38885B3A:01}






れんれん
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!


さて、本日は(れんれん流)おいしいコーヒーの淹れ方を皆さんにご紹介したいと思います。


専門知識よりも独学(しっかり本を読んで)と成功と失敗に基づいての経験談なので、右耳から入れて左耳で流していただいても良し、実験してもらっても良しですよ~



まず、何故書こうと思ったのかというと、先ほどコーヒーを淹れていたら、今日はとんでもない出来だぞ!!鍛錬大成功!!と思ったのですぐさま写真を撮って、ブログに残したいと思った次第です。(かなり長文になりますが…)




コーヒー豆: DARK CHERRY & SPICY(スターバックス)
焙煎: 深煎り(ダークロースト)
豆の量: 45g
出来たコーヒーの量: 480ml
個人的に相性が良いお菓子: ベリー系のチョコ





まず僕のコーヒー器具をご紹介します↓


{45CA134D-8EDD-4A81-A12B-5187A8C2C5EF:01}


大体この4つですね

左上の銅のやつはドリッパー
その下はコーヒーサーバー
右は電気ポット(注ぎ口が細いのが必須)
下は普通のマグカップ



豆を挽くコーヒーミルもあります。(写真の一番左上にちょこっと白く映ってるやつがそれ、映す気無かったね)



大体のお店は挽いてくれますけど、僕は気分によって豆の状態で買います。



さぁ、淹れ方に行きましょう!



1.まずサーバーの上にドリッパーを置く


2.ドリッパーの中にペーパーをセットする


3.豆(もちろん挽いた状態)を好きな量を入れる(僕は測り4.5回分約45g、結構濃い方)


ここでポイント①
挽いた豆は冷凍庫に入れた方がなんとなく新鮮さが保てる


4.豆が平らになるようにドリッパーを優しく振る


この辺りの写真は忘れたけどまぁ大丈夫でしょ!笑


5.沸かしたお湯を注ぐ


ここでポイント②
お湯の沸点は100℃なんだけど、僕はそこから少し置いてから注ぐようにしてます、気持ち的に1~2℃くらい下がったら注ぐ感じ、100℃未満の方が美味しいらしいです。


注ぎ方なんですが、まずはゆっくり表面面積の至るところまでちょっとだけお湯が染みるほど注ぎましょう、バランスよく濡らしましょう、ここで大事なのはこの早い段階で一滴でも落ちてしまったらコーヒーは終了のお知らせです。この程度なら豆が吸収してくれてコーヒーはまだ落ちないでしょうっていうところにしときましょう。


要は豆を全部ちょっとだけ濡らすといいんです。なので、ここからは忍耐力との戦いです。一回目注いだあと長いときは15分置く場合もあります、だから時間がないと作れないです。


正しければ、コーヒーが落ちるまでこのプロセスを大体3回~5回を繰り返します。
一回目が一番長くて、それ以降は3分とか経っても落ちてこなかったらまた注いで大丈夫です。 


要は落ちないようにギリギリまで粘ります。それがうまく出来ると初めて落ちた一滴の色で分かります。めっちゃ濃いです。(焙煎のレベルにもよりますが)


もし落ちてくる一滴目が透明のお湯を交じったコーヒーだとちゃんと出来ていません。その一滴のコーヒーが透明のお湯に包まれてるように見えるのでそれで判断しましょう。


今日は5回目お湯入れたときに一滴目がやっと出てきたんですが、コーヒー100%で落ちてたので大成功を確信しました。それからはゆっくり時計回りで満遍なく断続せずにずっとお湯を注げばいいです。そのときはお湯がドリッパーの表面ギリギリ溢れない程度をずっとキープします。


ここからまたちょっと難しいんですが、量を入れすぎると本来その豆が持つ味より薄くなっちゃうので、大体これくらい入れたらこれくらいの量になるっていうのはもう経験に頼るしかないです。コーヒーがどんどん落ちてくるので僕は300ml来た時点でお湯を注ぐのをやめます。それからゆっくり落ちてくるのを待って最終的に480~500mlくらいになる計算です。




{CED543CD-A580-4FB6-A18D-51E8340813D2:01}

今日は480mlくらい






そして終わったあとのペーパーフィルターの中を覗くと、必ずこうなります↓



{45EA4472-EF57-4877-B7F3-2FF7607A5627:01}


豆が内側の壁面にバランスよく付いてる状態です、これが正解。



注ぐのを止めたあとに最終的に豆の割にコーヒーが足りないと気付いたらなるべく早く追加してください、1分でも止めたらもう入れない方がいいです、バランスが崩れるので、濃いまま飲んだ方がまし。



そしてペーパーフィルターを取り出して捨てるんですが、もう少し出そうと思って手でペーパーを絞らないでください、絞っても薄いのでバランスが崩れます。基本お湯を止めたらそこで終わりです。手はもう付けずに落ちなくなるまで待ってください。


これで一杯が完成…(やっと)


なのでぶっちゃけ毎日味が違います。笑


それもまた面白さですけどね( ̄▽ ̄)


良かったら試してみてください~


もし聞きたいことがあればどうぞなんでも~





ではでは~

  








ぁ、冷めちゃった…( i _ i )




れんれん
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。