都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。遺された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、助成フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿りつけるのか。


東野氏の文庫があらたに刊行されています。

本作は、刑事とホテルクラークが主人公、ホテルをテーマとしたミステリ系エンタテインメント作品です。あとがきにもさらっと書かれていますが、ロイヤルパークホテルさんで綿密な取材をしたのでしょう。


あらすじのとおり、導入部分で連続殺人事件がにおわされるのですが、連続殺人の現場にはとある”暗号”のようなものが残されていることがわかります。どのように解読したのか、詳しいことはわかりませんが、とにかく次の殺害場所が”コルテシア東京”というホテルの中だということだけは、解読できたという若干無理筋の話ではありますが、若手エリート刑事・新田は、帰国子女で他の刑事ほど目つきが悪くない、という理由で、ホテルマンとして、コルテシア東京へ潜入するよう命じられることになります。


もう一人の主人公が、ホテルのフロント・山岸尚美。彼女が新田の教育係として指導にあたることになります。序盤から中盤にかけては、取材した内容をフルに活かした内容なのかもしれませんが、これは殺人事件なんか関係ないだろう、と思われるエピソードが幾度となく語られ、かなり冗長に感じます。


かと思いきや、序盤で出てきた無関係と思われる人物が終盤で絡んできたり、といろいろ考えて作っていることは理解できますが、若干ご都合主義かなぁと思ってしまうストーリー構成のように思いました。


ミステリなのに、本作では殺人事件のトリックや動機の斬新さという点よりも、プロフェッショナルのホテルマンはこうあるべき、のようなホテルサービスの”いろは”が随所にちりばめられ、むしろこちらのほうを伝えたいのではないか、という印象すら感じさせる謎の作品です。個人的にはそちらに興味が惹かれています。

来月には、シリーズ作として「マスカレード・イヴ」という作品が発売されるようですので、そちらを読んでから改めてシリーズとしての感想を書いておきたいと思います。


オススメ度 ☆☆



マスカレード・ホテル (集英社文庫 ひ 15-10)/集英社
¥821
Amazon.co.jp

マスカレード・イブ (集英社文庫)/集英社
¥648
Amazon.co.jp