とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。が、吉門からは矢継ぎ早にダメ出しの嵐――どうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるんだ!?

悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく奮闘する掛水とおもてなし課の、苦しくも輝かしい日々が始まった。地方と恋をカラフルに描く観光エンタテインメント。



有川氏『県庁おもてなし課』です。

どろどろした小説や、殺伐とした小説を読んでいると、時々癒しを求めて手に取ってしまうのが、有川氏の作品です。ちょうど平積みされていたので、手に取ってみました。

本作は、県庁職員・掛水が主人公となり、高知県の観光産業を日本全体へPRすべく、設立された”おもてなし課”で、悪戦苦闘する物語です。


本作は、とりあえず設立されたものの、具体的な取り組みをどうすればよいのかまったく手探りの状態で始まるおもてなし課の会議から話は始まります。「他県でもよく見る”観光特使”を有名人に依頼してはどうか。」前例主義の官公庁ですから、とりあえずそこから始めようということになります。

しかし。

著名人に観光特使の依頼をしたは良いが、具体的な方策は何もありません。そこへ、特使を依頼した著名人のひとりで、作家の吉門が「特使の目的がわからない。」という実にシンプルかつ核心をついた疑問を投げかけることから、物語は展開していくことになります。


「お役所仕事」「民間感覚の欠如」など次々と役所の役所たる欠点を吉門が指摘し、最初は批判的だったおもてなし課の面々も、やがて「これではいけない」と一念発起。観光客のことを第一に考えた取り組みを自ら発案していくように成長することになります。


氏の物語はだいたいハッピーエンド。序盤で物語の結末もおおむね読めてしまうのですが、これが氏の作品の良いところであり、本書を手に取った理由でもあります。期待通り安心して最後まで読めました。


かなり緻密に高知弁を再現されていたりするので、たまに何言ってるのかわからないところがありますが、読み味はすっきりしていますし、抜群の安定感です。本作は”役所のリアル”を描いた作品でもあります。思ったより役所ってひどいところなんだなぁ、という感想を持ちましたが、現在は変わりつつある、というところに期待したい。最近は、すこし変わった取り組みをしている県を結構見かけますよね。



オススメ度 ☆☆☆



県庁おもてなし課 (角川文庫)/角川書店
¥761
Amazon.co.jp