永遠の0:百田 尚樹

テーマ:

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」

そういい続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる。記憶の断片が揃うとき、明らかになる真実とは・・・。



映画化でも話題になりました、百田氏「永遠の0」です。

”0”はもちろん零戦を指します。本作は、戦争をテーマとしたエンターテインメント小説です。


本作の主人公・健太郎は、司法試験に落ち続けてニートな青年です。あるとき、姉から、「母が死んだ祖父のことを知りたがっている」ことを聞きます。自身も興味を持ち、姉とともに、戦争に参加していた祖父のことを調べていくことにします。


祖父のことを知っている人などすぐには見つからないんでしょうが、そこは小説。戦友会、という組織へ手紙を送ると、次々と当時の戦友に話が聞けることになります。ここからはインタビュー形式で物語がすすみ、当時の戦争体験者が一方的に話していくような展開です。


インタビューでは、事変中日本がどう戦ったか、零戦がいかに素晴らしい機体であったか、ゼロ・ファイター(乗り手)がいかに苦しい状況にあったかなどが、何人もの口から滔々と語られることになります。次第に明らかになっていく、祖父の姿。祖父は、死なないことを命題にした、天才的なゼロ・ファイターだったようです。それなのに、厚生労働省の記録では、「神風特攻隊に入って戦死」。これでは祖父の持っていた命題に反するのではないか。そうした疑問を持ちながらも、調査を進めていくうちに、60年も昔の謎が紐解かれていくことになります。


様々な戦場エピソードを交えつつ、戦争体験者は語ります。国への想い、怒り、戦争とは何だったのか。

みながみな語っていたのは、「零戦の優位性」です。開戦初期には、非常に優れた機体だったようですね。20歳そこらで操縦をマスターし、撃墜王の異名をとるパイロットなど、今では考えられません。もうひとつ、特徴的だったことは、大本営(作戦本部)の作戦が、めちゃくちゃだということ。全てが全て場当たり的な指示であり、戦場の兵士などは道具として取り扱われています。むしろ零戦の機体のほうだ重要、という体たらくです。その点には、当時の戦争体験者も怒りを覚えつつ、お上の命令には従っていた、というところでしょう。上官の命令は絶対。組織としてはもちろん正しいですが無能な上官の下にはつきたくありませんね。上官の指示次第では、日本側が優勢になるチャンスもあった、ように書かれています。史実かどうかはわかりませんが、それだけむちゃくちゃだったのでしょうね。


そういうことで、戦争について詳しく知らない若い方が読んでも、当時どんなことがあったのか、これを再び繰り返しても良いのか、という問いかけに対する資料として、価値のある作品でもあります。全体として、当時の資料の引用でしょうから、物語としては物足りないかもしれませんが、興味深い作品です。



オススメ度 ☆☆☆



永遠の0 (講談社文庫)/講談社
¥946
Amazon.co.jp