廃用身:久坂部 羊

テーマ:

廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で動かず、回復しない手足をいう。神戸で老人医療にあたる医師・漆原は、心身の不自由な患者の画期的療法を思いつく。それは廃用身の切断だった。

患者の同意の下、次々に実践する漆原を、やがてマスコミがかぎつけ悪魔の医師として告発していく――「破裂」の久坂部羊の、これ以上内衝撃的かつ鮮烈な小説デビュー作。


 久坂部 羊、廃用身です。

 廃用身とは、脳梗塞などが原因で手足が動かなくなり、今後回復も見られないその手足のことをさします。どうやら、作者の造語のようです。 

 本作は、廃用身をテーマにした、医療サスペンス・ホラー。作者が医師ということもあるのですが、非常にリアルに描かれています。

 自分に医療や介護の知識がないこともそうですが、「*プライバシー保護のため、年齢や病名は内容を損なわない程度に事実を変えてあります。」とか「*本書に登場するお年よりは一部実名で書いてあります。実名使用を了承してくださった方々にお礼を申し上げます。」など、かなり凝った作りになっています。本書の構成は、2部構成となっており、前半部分は、本書の主人公といっても良い、医師・漆原の寄稿という体裁をとっています。


この原稿。自らが医師として働いていた某デイケア・クリニックでの治療日誌となっています。デイケアサービスには、介護が必要な老齢の方が訪れて、日常介護やリハビリ、レクリエーションなどが行われています。治療が必要な際は、医師がそれを担当することになります。

漆原は、手足に麻痺を持った老人たちに目をつけ、どうにか老人たちがもっと生き生きとしてもらえないか、どうしたらもっと介護を楽にできないか、真剣に考えます。そうしてついに、とある治療法にたどり着くことになります。それが、「麻痺した手足の切断」です。

 漆原の頭が狂ったわけでもなんでもなく、そうしたほうがメリットが非常に多い点などが、医学や実用の面から語られ、頷かされてしまいます。そうして、実際に手足を切断した老人たちが、急に生き生きとし始め、介護は楽になるし、手のつけられなかった患者が急に他人に対して優しくなるし、これは奇蹟の治療ではないか、とクリニックは盛り上がりを見せ始めます。

そして、この新たな治療法を世間に広めていくため、保守的な「学会」で発表するのではなく、紙面を使って雑誌で是非を問おうとしたのが、この原稿だったというわけです。


後半では、雑誌への寄稿を勧めた雑誌記者の手記が書かれます。雑誌記者・矢倉は、この新たな治療法を世間に問おうと、前向きに漆原に勧めていました。ところが、他の雑誌社から、漆原の糾弾が始まります。


[老人の手足を切断!戦慄のデイケア]


こういった見出しが紙面を埋め尽くし始めるのです。もう少しはやく、治療法として世間に認知されれば、幾分か漆原に分はあったかもしれません。しかし、こうなってはもはや言い訳にしかなりません。最初は平静であった漆原も、徐々に追い詰められ、救いようのないエンディングを迎えることになります。


本書のテーマは、廃用身と書きましたが、もう一つはメディア・マスコミの世論操作なんでしょう。嘘であれ事実であれ、マスコミが報道すると世間はそちらへ流れていくという現代の構造的な問題を描いています。そしてマスコミに苦しめられて、消えていく一人の医師。

読後は気分が落ち込みます。また、手足を切断するといったグロテスクさにも辟易してしまいますが、内容は濃く、重いです。リアルとグロテスクを追及した良作だと思います。



オススメ度 ☆☆☆



廃用身 (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥648
Amazon.co.jp