化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょうんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自の調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。

ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮を被った悪意集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか――。



湊かなえ「白ゆき姫殺人事件」を読みました。

何といえばよいか。


 氏の作品によくありますが、一般的な小説の文体ではなく、全編通して物語に登場するキャラクターの語り口をそのまま文章化する、といった方式です。

本作では、同僚Ⅰ、同僚Ⅱ、同級生、地元住民、といった感じで章題が付されており、章題どおりの証言者が登場します。本編の聞き役・雑誌記者の赤星に対して、本作の容疑者と目される人物に関しての大小さまざまな噂話――もちろん事実も含んでいますが――が、語り口調で書き記されていきます。

全編通してこれなので、あまり小説といった感じはしないかもしれません。ケータイ小説のようなライトな作品を読んでいるような感覚です。


 肝心な内容はというと、とても傑作とは言いがたい出来、というのが正直な感想です。ストーリー自体は、普通の殺人事件そのものであり、巧妙な叙述トリックがあるわけでもなく、異常な殺害動機があるわけでもなく、精緻な密室トリックがあるわけでもありません。「殺人事件」というタイトルがついたからといって、推理小説だと断じるのは、軽率だったかとすこし落胆します。

 これは、表現力、あるいは魅せ方にこだわったエンターテインメント&サスペンス小説です。解説で、「ものすごい納得感」「犯人の意外性」について触れられていますが、正直に申し上げてその点については、意外でもなんでもない――というか他に犯人いなくね?――という感想で、ある種の納得感は得られるかもしれません。


 魅せ方にこだわったと書いた点については、聞き役の赤星が各証言者に聞いた証言の内容が語り形式で描かれていくと同時に、添付資料として赤星のTwitter(作中では、「マンマロー」と呼ばれます)の過去ログが公開されています。作中では、随時更新され、ライブ感のあるやりとりが続けられているのでしょう。また、別の資料として、赤星が寄稿したと思われる雑誌記事や、新聞記事が添付されており、通常の推理小説と比してこの点において目新しい表現だと感じさせられます。

 ご存知のとおり、映画化されていますが、まさに映像化すれば面白くなる作品なのではないかと思います。


誰がやったのか?という点については、疑いがありませんが、ここまで事件の関係者、無関係者の証言を並べ立てておいて、犯人による犯行について独白が取材されていないため、(逮捕されたため赤星はこれ以上取材できなくなったのでしょうが、)最後に少しもやもや感が残ってしまいました。

なんだか現代風の作品で、好みが分かれるかもしれません。



オススメ度 ☆☆


白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)/集英社
¥648
Amazon.co.jp