生存者ゼロ:安生 正

テーマ:

北海道根室半島沖に浮かぶ石油掘削基地で職員全員が無残な死体となって発見された。陸上自衛官三等陸佐の廻田と感染症学者の富樫らは、政府から被害拡大を阻止するよう命じられる。しかし、ある法則を見出したときには、すでに北海道本当で同じ惨劇が起きていた――。未曾有の危機に立ち向かう!壮大なスケールで道の恐怖との闘いを描く、第11回このミス大賞受賞作。


安生氏のこのミス大賞受賞作「生存者ゼロ」を読みました。

感染症の拡大をテーマに描いた社会派ミステリはいくつもありますが、本作もそういったカテゴリの作品です。ただし、終盤になるまで感染症が拡大していく原因が明らかにならないため、なんとも異様な不安感に襲われながら、本編を読み進めていくことになり、ホラー的な要素を多分に孕んだ作品になっています。もしかして本当に日本が全滅していく様子を描いてしまうんだろうか、と期待してしまいます。


主人公は、自衛官の廻田。上司から課せられた特命は、事態の解明と収拾。感染のリスクを負いながらも使命感をもって現地へ突入していく様は心動かされます。

未曾有の自体に政府も動くことになりますが、ボーンヘッドの総理大臣が、都道府県で対応しろとの一点張り。国際社会からも非難をうけ、ようやく重い腰を挙げてとった対策が、札幌市の爆破。これには、流石の内閣も苦笑い・・・。

という、自衛隊・政府・都道府県の縦割り行政による被害の拡大など、社会派といえる要素も含む本作です。


感染拡大というテーマがあるので、スピード感というか、焦燥感のある雰囲気がいい味付けとなって、一気にクライマックスまで読み進められました。

意外性のある結末も用意されており、ミステリとしても面白いですね。


オススメ度 ☆☆☆☆



生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)/宝島社
¥810
Amazon.co.jp