研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―――。

男たちの矜持が激突する感動のエンターテインメント長編。



まちにまった直木賞受賞作が文庫化されました。本作は、ロケット開発を夢見た研究者が挫折し、家業をついで下町の町工場を引き継いだところから物語が始まります。主人公は佃製作所社長・佃航平。佃製作所は、高度で精緻な技術を持った小型エンジンのメーカー。そこへ、主要取引先の一方的な取引打ち切り、特許戦略で荒稼ぎしている敵対企業からの特許侵害訴訟、銀行からの貸し渋りなど苦難が襲い掛かります。本作は、そんな中小企業が、知的財産に強い神谷弁護士の力を借りて、訴訟を乗り越え、会社のもつ最高の品質と技術者としてのプライドをもって、みずからの夢を叶えようと四苦八苦しながら歩いていくサクセスストーリーです。


本作は銀行が舞台ではありませんが、高度な技術が売りの中小企業の内部事情を取り扱った作品。不安になる話の運びもありましたが、終始わくわくしながら読み進められるハッピーエンドな物語です。それだけではなく、何十億とカネが動く、知的財産権の世界を綿密に描写し、社員と距離が近い分悩める中小企業社長の心中をリアルに描き、また家族愛をテーマの一部とした作品でもあります。


小規模であるがゆえに社員同士の結びつきが強かったり、すぐに空中分解したりとなかなかせわしない中小企業の台所を見ることができます。キャラクターも魅力的で、元銀行員の殿村は、銀行からの出向者で、佃製作所の財務を担当するキャラクターですが、人がいいけどおとなしい、けれど言うときは言う、なかなかに愛すべきキャラです。お気に入りのキャラ。


特許・法律・金融ネタあり、陰謀・謀略もあり、笑いあり涙ありとかなりのエンターテインメント作。

技術を扱っている方におすすめです。


オススメ度 ☆☆☆☆



下町ロケット/小学館
¥1,785
Amazon.co.jp

下町ロケット (小学館文庫)/小学館
¥756
Amazon.co.jp