最終退行:池井戸 潤

テーマ:

都市銀行のなかでも、「負け組」といわれる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板ばさみに遭っていた。一方、かつての頭取はバブル期の放漫経営の責任もとらず、会長として院政を敷き、なおも私腹を肥やそうとしている。リストラされた行員が意趣返しに罠を仕掛けるが、蓮沼はその攻防から大掛かりな不正の匂いをかぎつけ、ついに反旗を翻す。日本型金融システムの崩壊を背景に、サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする長編ミステリー。


本作は、例によって銀行を舞台にしたエンターテインメント作です。紹介文に長編ミステリーと書かれていますが、ミステリー的な要素はほとんどありません。

主人公の蓮沼は、融資畑を歩いてきたエリート。ですが、本部に引っ張られたり、希望の職種につくということもなく、無能な支店長と、部下たちとの間で頭を悩ませる中間管理職です。


物語の舞台は2部に別れており、ひとつは東京第一銀行会長・久遠和爾が行ってきた不正を暴くというもの。久遠は、東総建設と癒着し、数々の不正を行っている疑いがあるものの、銀行の旧態依然とした体質や、告発しても銀行に何の得もないといった現実上の問題から、依然私腹を肥やし続けている本作の敵。もう一つの舞台は、蓮沼が勤める支店です。銀行に振り回されてやめていく同僚、理不尽な支店長の支持、成果は自分の手柄にし、ミスは部下に擦り付ける銀行風土、全てに絶望を感じ、自身の存在意義を問い、徐々に銀行に対する遠慮を無くしていく、蓮沼のそんな心裡が描かれます。


これまで、いいようにやられてきた主人公が、最後の最後で大逆転をかますというセオリーは守られているので、読後感は爽快でした。一方で基本的に、氏の作品は、銀行=非常識・銀行=悪のような視点から描かれているので、銀行に対していいイメージを持つことはありませんが、リアルに描かれているだけに、蓮沼のやられっぷりを読むたびにこんな組織いやだわー、と思わざるを得ないところ。逆転勝利するのでそこはいいんですが。ただ、粉飾の疑いがある!⇒裏帳簿発見!⇒敵凋落、という流れしか基本的にはなさそうなので、そのへんをどう違う風に表現できるかといったところで、面白いかそうでないかの判断が分かれそうです。

金塊の発掘、暗号の解読のようなテーマもかかわっていて若干これまでとは切り口が違うので、その点は新鮮に感じるかもしれません。個人的には、そういう雑多なテーマより、銀行内部だけのストーリーが好みのようです。


また文庫版では、東京大学大学院の方が解説をされています。本の解説というより、近現代の日本の金融システムの変遷を解説してくださっていて、むしろ個人的にはこの部分が興味深く読めました。もしかしたら常識的な内容かもしれませんが。よくわかる解説です。


オススメ度 ☆☆☆



最終退行 (小学館文庫)/小学館
¥690
Amazon.co.jp


最終退行/小学館
¥1,890
Amazon.co.jp