やられたら倍返し―――――

子会社に飛ばされたバブル世代の主人公。親会社から受けた圧力や嫌がらせは、知恵と勇気で倍返し。世代を超えた男たちの戦いが、今始まる。



本作はまだ文庫化されておらず、電子版を読みました。池井戸氏の半沢直樹シリーズ第3弾です。週刊ダイヤモンドで連載されていたものを加筆修正したもののようです。前作のラストで、政治決着の割を食う形で、子会社・東京セントラル証券への出向を命じられた半沢。まだ、着任していくばくも立たないうちに、ある大仕事が舞い込んできます。―――企業買収


バブル時代に入社した半沢は、世間のいうロスト・ジェネレーションの時期に入社してきた部下・森山とともに、銀行の外から銀行の抱える闇を暴き、粉砕していくことになりました。本作でも主人公は半沢なのですが、序盤はそれほど半沢の持ち味である攻撃性をあまり見ることはできません。どちらかというと、ロスジェネ代表の森山に焦点が当てられたストーリーです。本書全体を通しても、森山の精神的成長といった部分もテーマに含んでいるのかなという印象で、かなりスポットライトが当てられています。


序盤のストーリーは、とあるIT企業が他の競業会社を買収したいからその協力をして欲しい、と東京セントラルに話を持ちかけられるところから始まります。提案書を作成し、提案の段になり突然の契約解除。よくよく聞いてみると、東京中央銀行がセントラル証券を押しのけて、アドバイザー契約を結んだような格好になったことが明らかになっていきます。


――倍返しだ!


スジの通らないことに対してはトコトン戦う半沢は、ようやくスイッチを入れ、親会社たる銀行に対しても断固として戦っていくことを決意、買収”される”側を全力で援護し、買収阻止に動き始め空中戦が展開されていきます。本作も逆転満塁ホームラン的な結末があり、爽快な読後感。


半沢(筆者)の組織論や銀行観なんかも、森山の疑問に半沢が答えるという形で、割りと突っ込んで描かれます。読み応えのある作品です。


以下は、取締役会でのやりとり。


某部長「我々の稟議をゴミ扱いするのか、君は!?」

半沢氏「ゴミ扱いしているのではありません。ゴミだと申し上げているのです。」


役会でこれは辛辣すぎる・・・。

だがそれがいい。


オススメ度 ☆☆☆☆



ロスジェネの逆襲/ダイヤモンド社
¥1,575
Amazon.co.jp


ロスジェネの逆襲/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp