「バブル入社組」世代の苦悩と戦いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。会社内の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男たちの一発逆転はあるのか?



ということで、本作は半沢直樹シリーズの第2弾です。第1作目のラストで、大阪西支店長の浅野をフルボッコにして、本店融資部次長のポストを見事勝ち取った半沢。本作では、東京第一銀行と産業中央銀行が合併してできた派閥争いに半沢が巻き込まれてしまうというストーリー。銀行の学閥争いはよく聞き及びますが、メガバンクならではの事件です。


前作損害額となりそうだった5億円に対して、本店で取り扱う融資の額は桁が違います。今回融資した額は200億。融資先が破綻先に選別されてしまうと、銀行は何千億円といった貸倒引当金を経費計上せねばならなくなります。こうなってしまっては、ステークホルダーの信頼も喪ってしまうし、頭取の首も危ない。そんな背景のなか、融資先・伊勢島ホテルの担当を押し付けられてしまった半沢が、行内の不正に対して勇敢にも立ち向かっていきます。


ひとつ問題をクリアしても、またひとつ問題が発生、ギリギリのところで打開策を生み出して、かつ過去の不正を暴き、不正をした人間に落とし前をつけさせる熱い熱い男・半沢の生き様はかっこいい。出向させられ出世の目はないと諦めていた同期の近藤も一線に復帰し、スカッとする話になってます。最終的に、行内の融和をもくろむ中野渡頭取から、出向命令を拝命することになり、政治的決着のための被害者のひとりになってしまい、若干後味は悪いですが、再度銀行への復帰もほのめかされているので、半沢の大勝利といっていいでしょう。


出向ってグループ会社間ではよくある話なんですが、このドラマや作品をみていると悪いイメージしかなくなりますよね。



「基本は性善説。だが、やられたらやり返す!倍返しだ!」




オススメ度 ☆☆☆☆



オレたち花のバブル組 (文春文庫)/文藝春秋
¥690
Amazon.co.jp

オレたち花のバブル組/文藝春秋
¥1,750
Amazon.co.jp