株価暴落:池井戸 潤

テーマ:

巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。企業テロを示唆する犯行声明に株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の坂東は企画部の二戸と対立する。一方、警視庁の野猿刑事にかかったタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出展で自殺に追い込まれていた。傑作金融エンタテインメント。



本作は、白水銀行というメガバンクを舞台に、業績が悪化している企業を専門に取り扱う部署・審査部に所属する主人公・坂東が、巨大スーパー一風堂への融資を継続するか否か、判断するため、様々な事件に巻き込まれながら社内・社外で奮闘するサスペンス作です。


すでに巨額融資を行っており、債権の一部放棄をし、後がなくなった一風堂。坂東の初見では、事業計画も甘く、再建の見通しは暗い。追加融資はすべきではない、という立場。一方、企画部の二戸は、融資を万一止めてしまって白水銀行自体が連鎖破綻したらまずい、ということを根拠に、追加融資を是認する立場。二戸は社内根回しもうまく、坂東は社内では非常に苦しい立場に立たされることになります。


一方で、一風堂の会長、風間は銀行は金だけ出しておればよい、という全時代的な経営観をもったカリスマ経営者。事業計画の見直しや、財務体質の改善など、銀行からの申し出は一笑に付し、早く貸せとしか言いません。


そんなとき、「案山子」と名乗る人物から、スーパー投書欄に脅迫めいた投書が送られてきます。スーパーを爆破したのは自分だ、と。金を払わなければ、また続けて爆破するとも。脅迫が公開され、お客さんがスーパーには寄り付かなくなり、収益は激減、株価は大暴落、手も足もでそうにない状態から、さてどうしましょう、というのが本作のストーリーです。


主人公の坂東は、エリートながらただ上の指示に従っている替えの効く銀行マンではなく、自分の信念をもって仕事に取り組んでいる熱い男です。筆者の銀行観に通じるものがあるのかもしれません。なので、経営層の意見とはぶつかりがち、いつ立場が危うくなるのか、人事的なところは風前のともしびといったところ。上司がまともなのが唯一の救いでしょう。キャラクターはすごくいい、共感もできます。

二戸は社内にいる悪役として明確に描かれており、構図は分かりやすい。最後まで絡んできそうな予感は、前半からしています。


本作は、連続爆破テロ+企業への金銭脅迫ということで、企業テロのようなストーリーがメインとなります。笑い男事件を思い出しました。結論も似たようなもんです。

ミステリ的要素もありますが、誰が犯人なんだろう、という点のみ。そちらは刑事の警察捜査がメインになるので、サスペンスといったほうが近いような気がします。ですから、例によって謎解きやらトリックやらを期待して読む人には若干物足りないか。読んでいて思うのは、そういった警察捜査の描写よりもやはり行内で、坂東が権力と戦うシーンのほうが濃密で面白いということ。

とりあえず都合が悪い人物は自殺させられる、というパターンが多いです。怖い。

良作です。



オススメ度 ☆☆☆☆


株価暴落 (文春文庫)/文藝春秋
¥580
Amazon.co.jp

株価暴落/文藝春秋
¥1,650
Amazon.co.jp