架空通貨:池井戸 潤

テーマ:

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、二人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。



池井戸潤氏の2作目の金融系小説です。原題は「M1」。エム・ワンとは、狭義のマネーサプライ(通貨供給量)と意味する記号で、現金と預金の総量を指します(本編から引用)。

文庫版では、「架空通貨」に改題されました。


本作では、社会科教師である主人公が、生徒の一人である麻紀の父親が経営する金属加工会社の危機に対して、なんとか手を差し伸べようとする物語です。主人公の辛島は、元商社マン。かつて審査部のような部署で働き、希望退職したとたんに妻子からも見放されてしまい、なんとなく教師をしていたところです。

麻紀の父親が経営する会社が倒産したと聞き、なんとかしようと財務諸表を手に入れたとき、かつて商社マンであった辛島が喪っていた、情熱や意欲といったものを思い出します。

財務諸表に載っていたある企業への「社債」。これを返済してもらえば、会社を救えるかもしれない。希望をもって田舎の街へ向かうことに。


ついた街は「田神亜鉛株式会社」という大企業が治める企業城下町。ほとんどの会社が田神から仕事をもらっていて、町は成り立っており、田神が発行した「振興券」なる有価証券がお金の代わりに出回っているような状態。

異常すぎる事態に辛島と麻紀は、各々の目的をもってこの奇妙な街の真実の姿を暴こうとしていきます。


あらすじはこのような感じです。粉飾決算、反社会的勢力、マネーロンダリングと当時はそれほど一般的な言葉でもなかったような気がしないでもないですが、絶妙に絡み合って物語に肉付けをしています。この街に流通している「振興券」はいったいいくらに上っているのか?田神亜鉛がつぶれてしまったらこの「振興券」はいったいどうなるのか?読者に謎を提供しながら、主人公自らが解決していくストーリーはまさにミステリです。

銀行内部で使用される「契約書」の約款が説明されたり、とても実務に接したリアル感。銀行や経済用語なんかも出てきますが、キャラクターが解説してくれます。

次の展開が気になり、一気に読めてしまいます。


オススメ度 ☆☆☆☆



M1(エム・ワン)/講談社
¥1,890
Amazon.co.jp

架空通貨 (講談社文庫)/講談社
¥730
Amazon.co.jp