雀蜂:貴志 祐介

テーマ:

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目覚めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!



貴志氏の『雀蜂』です。

角川ホラー文庫レーベルから出版された書下ろしです。


山荘でまったりと妻と過ごしていたら、妻が消えていた。

なにやら羽音がすると思ったら、目の前には「蜂!」しかも雀蜂。

以前蜂に刺されたことがあるので、医者からは次に刺されたらアレルギーにより死ぬ可能性が高いと厳に言われていた。


という設定のもと、安斎と雀蜂たちが死闘を繰り広げるハイテンションバトル!です。

設定は実に面白いです。


刺されたら終わりの男VS数千匹の雀蜂。


バルサンやらフマキラー的なスプレーで攻撃したり、ワインのにおいで釣って蜂を倒したり、スキーウェアを防護服にして蜂の大群に突入したり、第三者的な視点で想像しているとコメディでしかない。安斎本人は必死なんですが。


安斎の妻は行方不明。どうやら安斎を殺すために雀蜂を山荘に飼っていたのではないか・・・という疑念が沸き、復讐を誓いつつも助けを待っている安斎が物悲しい。


雀蜂とのバトルはかなりいいです。

裏表紙の説明はほめすぎじゃないですかねぇ。驚愕の真実っていうか「は?」っていう感じでした。

予測不能!・・・たしかに。

もう少しきれいに終わってほしかったというのが正直なところです。

なんだかホラーっぽくない。



オススメ度 ☆☆



雀蜂 (角川ホラー文庫)/角川書店
¥546
Amazon.co.jp