米澤穂信の文庫が刊行されています。

上下巻です。



折れた竜骨 上 (創元推理文庫)/東京創元社
¥651
Amazon.co.jp

折れた竜骨 下 (創元推理文庫)/東京創元社
¥651
Amazon.co.jp


【裏表紙から】



ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。


その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・


フィッツジョンとその従士の少年ニコラに会う。


ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である


暗殺騎士に命を狙われている、と告げた。




自然の要塞であったはずの島で、偉大なるソロンの領主は


暗殺騎士の魔術に斃れた。


<走狗(ミニオン)>候補の八人の容疑者、静められた封印の鐘


塔上の牢から忽然と消えた不死の青年・・・そして、甦った


「呪われたデーン人」の襲来はいつ?


魔術や呪いが跋扈する世界の中で、推理の力は果たして


真相にたどり着くことができるのか?



【ひとこと】


あらすじを見るとおり、魔術や呪いが登場するハイ・ファンタジーに

カテゴライズされる作品です。

魔術をつかう暗殺騎士、殺されても死なない呪われたデーン人、

など、ファンタジーだなーと思って読んでいたら、島の領主で

主人公の父親である人物が、暗殺騎士に殺害されます。


暗殺騎士のことを進言にきた騎士ファルクと従士ニコラが

誰が殺したのか、という真実をあばくために、探偵役として

物語を進めていくことになります。

そう、内容は紛れもないミステリです。

かなり特殊な設定ではありますが、誰がどのようにして

殺したのか、という謎を登場人物が追っていくことになり

ファンタジーといえども緊迫した世界観へ入り込んでいきます。


呪われたデーン人との戦いや、忽然と牢屋から消えてしまった

囚人の謎、八人の容疑者・・・みどころはたくさんあります。

クライマックスもなかなかに驚きの展開。

ファンタジーの世界観をとりつつ、ミステリとしてしっかり楽しめる

一粒で二度おいしい小説でした。

すばらしい。


オススメ度 ☆☆☆☆☆