新装版 しのぶセンセにサヨナラ (講談社文庫)/講談社
¥600
Amazon.co.jp

しのぶセンセにサヨナラ (講談社文庫)/講談社
¥620
Amazon.co.jp

【旧版裏表紙から】


竹内しのぶ25歳、独身。


大阪大路小学校の教諭だが標語の大学へ内地留学中。


あれから三年、浪花のヘプバーンこと、しのぶセンセが


さらにパワーアップして帰ってきた。


もう誰にもとめられない!?


抱腹絶倒、でもチョッピリ切ない物語。



【ひとこと】


舞台が大阪の短編ミステリです。

確か映像化もされています。


小学校教師である、しのぶセンセ。

コテコテの大阪弁で、事件の捜査に協力し

ものすごい行動力を発揮して解決していきます。


前作で小学生だった少年探偵団、原田郁夫と田中鉄平は

中学生に。

刑事・新藤とセレブ・本間のしのぶセンセ争奪戦も作品に

テンポの良さを生み出している感じ。


「しのぶセンセは勉強中」他5編の短編集です。


このシリーズはもう刊行する予定がないそうなので

前作とあわせても2冊しかありませんが、シリアスな事件に

みんながみんな大阪の人で、大阪の雰囲気で、大阪のやりとり

をして解決していくものですから、ちょっと笑ってしまいます。


オススメできるユーモアミステリのひとつです。

面白い。



オススメ度 ☆☆☆