浪花少年探偵団です。

講談社文庫から。


浪花少年探偵団 (講談社文庫)/講談社
¥560
Amazon.co.jp

新装版 浪花少年探偵団 (講談社文庫)/講談社
¥600
Amazon.co.jp


【裏表紙(旧文庫版)】


竹内しのぶ、25歳、独身、短大卒。


大阪大路小学校6年5組担任の教師。


ちょっと見は美人だが、口も早いし手も早い。


そのしのぶセンセのクラスの福島の父親が


殺された。


事件解決のためにしのぶセンセと教え子


探偵団が大活躍。エリートの本間と刑事の新藤も


しのぶをめぐって恋のさや当て大捜査線。



【ひとこと】


東野氏の文庫作品はたいてい映像化されています。

本作もドラマ版があるようですね。

調べてみて初めてわかりました。


本作は小学校教師であるしのぶセンセとその生徒たちが

事件解決のために奔走するという物語の短編集です。

主要登場人物は変わりませんが、長編ではありません。


舞台が大阪で、登場人物はほぼ大阪弁。

かなり昭和の雰囲気漂う作品になっています。

文庫版の初版が1991年なので、当たり前かもしれませんが。


トリック自体は大掛かりなものはありません。

事件に首を突っ込みたがるしのぶセンセの

キャラクター、セリフ、行動力、殺人事件なのに

あんまりシリアスさを感じないところが、逆に

面白いです。

短編ですが、意外な結末もきっちり用意されていて

飽きません。


一番ミステリっぽくて好きな話は

「しのぶセンセのクリスマス」です。



オススメ度 ☆☆☆