辻村美月「冷たい校舎の時は止まる」です。

講談社文庫から。


冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)/講談社
¥860
Amazon.co.jp

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)/講談社
¥860
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


雪降るある日、いつもどおりに登校したはずの学校に


閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の


教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、


二ヶ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを


思い出す。でもその顔と名前がわからない。


どうして忘れてしまったんだろう。



学園祭のあの日、死んでしまった同級生の名前を


教えてください――。


「俺たちはそんなに薄情だっただろうか?」


なぜ「ホスト」はわたしたちを閉じ込めたのか。


担任教師・榊はどこへ行ったのか。


白い雪が降り積もる校舎にチャイムが鳴った


そのとき、止まったはずの時計が動き出した。


薄れていった記憶、その理由は。



【ひとこと】



第31回メフィスト賞受賞作です。

薦められて読んでみました。

引用からではよく分からないので少し解説すると


雪の降るある日、登校してきた8人を不思議な現象が

襲います。8人以外誰も登校していない。

教師もいない。調べてみると時計も止まっている。

もしかして時間が止まっている?

話は、隔絶された謎の空間に閉じ込められた

高校生8人のやり取りから始まります。

すでにかなりファンタジックな展開です。

ミステリ的にいえばクローズドサークルとなるでしょうか。


なぜこんなことになったのか。

8人は調べていくうちに、文化祭の事件について

思い当たります。

あの文化祭では、ある事件があった。

’自殺’

だが、誰も自殺した人間のことを覚えていない。

私たちはそこまで薄情だっただろうか。


そう思いはじめたところで、おのおのが心の中に

秘めている過去の事件や囚われている鎖、そのような

心情吐露が滔々と語られていきます。

これがかなり長いです。


誰が自殺したのか。

フーダニット小説のように、クライマックスでは

作者からの挑戦状が突きつけられます。

また、叙述トリックを用いた表現もあり

ミステリファンならではの楽しみ方ができると思います。


まぁ叙述の部分については、いちいち最初に戻って

検証なんかしてませんが、個人的にはしっくりこず。

物語的にももう少しスッキリ収められたんじゃないかなぁ

と思いつつ、作品自体は面白いと思いました。

少し重い話なので、気が滅入るかも。


オススメ度 ☆☆☆