倉知 淳:星降り山荘の殺人です。

講談社文庫から。


星降り山荘の殺人 (講談社文庫)/講談社
¥790
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


雪に閉ざされた山荘。ある夜、そこに集められたUFO研究家、


スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、一癖も二癖もある


人物たち。交通が遮断され、電気も電話も通じていない陸の孤島


で次々と起きる殺人事件。


果たして犯人は誰なのか?



【ひとこと】


オーソドックスなミステリです。

豪雪のためクローズドサークルとなった雪の山荘が殺人事件の

舞台となっています。


主人公の説明、探偵役の説明など、ときどき著者からのモノローグが

挿入され、筆者からのフェアな挑戦状をつきつけられます。


内容としては、手の込んだ密室トリックや心理トリックなどが用いられて

いるわけではなく、探偵役が淡々と謎を解いてゆく形式の物語。

ミステリを読みなれた人には少し退屈かもしれません。

終盤には、驚愕・・・というほどではないにしても、驚きの結末が

用意されています。

とにかく淡々としています。



オススメ度 ☆☆☆