乾くるみ イニシエーション・ラブです。

文春文庫から。


イニシエーション・ラブ (文春文庫)/文藝春秋
¥600
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。


やがて僕らは恋におちて・・・。甘美で、ときにほろ苦い


青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説――


と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)


で、本書は全く違った物語に変貌する。


「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。



【ひとこと】


乾くるみ「イニシエーション・ラブ」です。

どんでん返し、というよりは巧妙な叙述トリックで有名な作品です。


それほど新しい作品ではないので、ネタバレも書いてしまいます。


ジャンルとしては普通の恋愛小説になるでしょう。

前半のside-Aでは、主人公の鈴木くんがマユと合コンで出会い

恋愛に発展していくきわめて普通の恋愛小説を描いたものです。

後半のside-Bに入りますと、主人公は鈴木くんのままなのですが

読み進めていると少しずつ違和感が生まれてくるでしょう。

少しワイルドになり、変わっていく鈴木くん。

マユに対する態度も変貌していきます。

数々の伏線を解き放っていくとクライマックスの段落で、読者にとっては

大きな落とし穴が待っていました。

私もすっかり穴に落ちてしまいました。


最後まで物語を読み進めると、side-AとBのお話がまったく別の顔を持つ

ことに気がつくでしょう。途中で気づく方も当然いるでしょうが。


1本のありきたりな青春恋愛小説ではなく、2本のイニシエーション(通過儀礼)

的な恋愛模様を描いた作品だということが分かるかと思います。

ときどき出てくる固有名詞(TV番組名やヒットした音楽)はトリックについての

ヒントにもなっているようです(古すぎてピンときませんでしたが)

本当の物語に気づけば、時系列が整理されもやもやしたエンディングも

ハッピーエンドだったことが理解できます。


叙述的トリックの効果はものすごかったですが、恋愛小説の部分は

よくある退屈なストーリーです。

ミステリ的な読者として、騙されたいという方にはおすすめできます。

濃密な恋愛小説を読みたい方にはおすすめできません。


オススメ度 ☆☆☆