「極北クレイマー」:海堂 尊です。

朝日文庫から、上下巻です。


極北クレイマー 上 (朝日文庫)/朝日新聞出版
¥504
Amazon.co.jp

極北クレイマー 下 (朝日文庫)/朝日新聞出版
¥504
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


財政破綻にあえぐ極北市。赤字五つ星の極北市民病院に


赴任した非常勤外科医・今中は、あからさまに対立する院長


と事務長、意欲のない病院職員、不衛生な病床にずさんな


カルテ管理など、問題山積・曲者ぞろいの医療現場に愕然


とする。そんななか謎の派遣女医・姫宮がやってきて―――




財政難の極北市民病院で孤軍奮闘する非常勤外科医・今中。


妊産婦死亡を医療ミスとする女性ジャーナリストが動き出す中


極北市長が倒れ、病院は閉鎖の危機に瀕し――。


はたして今中は極北市民病院を救えるのか?


崩壊した地域医療に未来はあるのか?




【ひとこと】


おそらくですが、北海道夕張市の財政破綻問題をモデルにした

ドキュメンタリ要素を含んだ小説です。

財政難のあおりをモロに受けてしまった市民病院が舞台となって

そこへ新任した外科医・今中が本作の主人公となります。


はっきり言うとあまり面白くありません。

市民病院で起こる、医師と看護師の不和、やる気のない研修医

おざなりな看護、適当なカルテなどいろいろな問題があり、どう

解決していくのか非常に楽しみに読んでいたのですが・・・・。

主人公・今中が解決していくのではなく、なし崩し的にやってきた

外部の人間がさらっと解決していったり、当の主人公はいまいち

ぱっとしません。


下巻からようやくストーリーが進み始め、出産時の医療行為で

奥さんと子供を亡くした夫が、病院を医療ミスで訴えるところまで

くると面白くなってくるのですが・・・。

訴えさせようとしているジャーナリストの意図がよくわかりません。

のちに正体は判明しますが、詳しい説明がなくよくわからない状態で

終わってしまいました。


唐突に市長も亡くなってしまいました。

市は完全に財政破綻し、国の手入れが入ることになりますが

裁判の行方や訴えられた医師のその後はほったらかし。

「俺たちの戦いはこれからだ」みたいな感じで終わります。


筆者の言いたいのは最後の8ページなのだと思いますが

それまでの話が全然生かされてないような気がします。

しかも終わり方がひどい。

医療ミスでなくても、訴えられる可能性があること、これは

タイトルに直結するテーマだと思います。

医療第三者機関の重要性などいいたいことは分かりますが

唐突に政治的・社会派な話をもってこられても混乱します。

何だったんでしょう。


オススメ度 ☆