シアター!:有川 浩

テーマ:

有川 浩:シアター!を読みました。

メディアワークス文庫から。



シアター! (メディアワークス文庫)/アスキー・メディアワークス
¥641
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


小劇団「シアターフラッグ」―――ファンも多いが、解散の危機が


迫っていた。そう、お金がないのだ!その負債額なんと300万円!


悩んだ主催の春川巧は、兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す


代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万円を返せ。できない


場合は、劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。


新星プロ声優・羽田千歳が加わり、ひと癖もふた癖もある劇団員は


十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアター


フラッグ」は旗揚げされるのだが・・・・。




【ひとこと】


ジャンルとかそういう細かいことは言いません。

良質のエンターテインメント作品です。

最初から最後まで、コミカルかつシリアスで

とってもテンポのいいライトな小説でした。


起承転結の歯切れのいい展開と、爽やかなストーリー

くせのあるキャラクターたちを設定して、読後感の

すっきりした作品です。

続編があるんだと思いますが、キャラクター一人ひとりへの

掘り下げはなく、今回は劇団の再出発というテーマがメイン。

そのため、恋愛模様や深みのあるテーマに触れられず

やや物足りない印象は残ります。

しかし、シリーズものと考えると非常に続きが読みたい

いい作品でした。

読みやすい。

本が苦手な人にもお勧めです。


オススメ度 ☆☆☆☆