伊坂幸太郎「陽気なギャングの日常と襲撃」です。


陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)/伊坂 幸太郎
¥690
Amazon.co.jp


【裏表紙より】


「嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、


精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。


そして天才スリは殴打される中年男に遭遇-----------


天才強盗四人組が巻き込まれた四つの奇妙な事件。


しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか


連鎖する。知的で小粋で贅沢な軽快サスペンス!」



【ひとこと】


陽気なギャングシリーズ、2作目の文庫化です。

文庫化記念として短編が書き下ろされています。


天才的な強盗四人組の日常を描いたシリーズの続編です。

本作でも例によって強盗自体はメインで扱われず、各所で

さまざまな事件に巻き込まれる四人が、はからずもある事件を

協力して解決する、という運びになってます。


それぞれが自分の持つちからを最大限に発揮して、謎を追う

ストーリー、伏線の使い方と回収、キャラクターの個性など

前作でも感じた完成度の高さは健在で、本作が伊坂氏の

代表作という評価には変わりありません。


今までの作品と違うところとしては、ユーモアがかなり

盛り込まれていることでしょう。

新書発売当時学生だった自分も、かなり退屈せずに読めていた

記憶があります。

おすすめです。


オススメ度 ☆☆☆☆