チルドレン

テーマ:

伊坂幸太郎「チルドレン」です。


チルドレン (講談社文庫)/伊坂 幸太郎
¥620
Amazon.co.jp


【裏表紙】


「俺たちは奇跡を起こすんだ」


独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに


引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。


彼を中心にしておこる不思議な事件の数々。


何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、


予想もしない奇跡が降り注ぐ。


ちょっとファニーで心温まる連作短編の傑作。」



【ひとこと】


というわけで、「チルドレン」です。

陣内、とその周辺の人間たちにスポットを当てた

連作短編集。短編集だけど、ストーリー的に関連があります。


陣内という男は奇抜な変人。

一貫しているようででたらめな熱い男です。

非常に魅力的なキャラクターとして描かれています。


心温まる、といえば聞こえはいいのですが、ヤマも

オチもとくになく・・・

面白いかどうかと聞かれたら答えられません。

悪い意味で、これぞ小説、と思える作品なのではないでしょうか。


大多数の人は退屈と感じると思いますが。


オススメ度 ☆