終末のフール

テーマ:

伊坂幸太郎「終末のフール」です。


終末のフール (集英社文庫)/伊坂 幸太郎
¥660
Amazon.co.jp


裏表紙から


「八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。


そう予告されてから五年が過ぎた頃。


当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な


小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも


同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめなおす。


家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。


はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?


今日を生きることの意味を知る物語。」



ということで、終末のフールです。

前評判は最悪だったのですが、意外とすんなり読めました。


地球が3年後に滅亡すると確定した世界での物語。

「終末のフール」をはじめとした8編の短編集。

オムニバス形式の小説です。


ミステリのつもりで書いたものではない、と著者も書いて

いますので、そのつもりで読むとがっかりするでしょう。

ヤマはありませんし、オチも特にありません。

ただ、意味はある、そんな作品でした。


荒廃した世界での日常を描いた作品です。

もはや日常ではないのかもしれませんが

想像を膨らませて読むことができました。


こんな状態になっても

日本では暴動なんて、起きないかもしれませんね。


オススメ度 ☆☆