密室の鍵貸します

テーマ:

新年2冊目はこちら。

東川篤哉氏「密室の鍵貸します」です。


密室の鍵貸します (光文社文庫)/東川 篤哉
¥560
Amazon.co.jp


裏表紙より


「しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日

そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を

さされ、四階から突き落とされて死亡。その夜、一緒

だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて

殺されていたのだ!

かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の

運命やいかに?       」



というわけで、本格ミステリ作家・東川篤哉氏のデビュー作。

2011年には本屋大賞を受賞しています。


上記のとおりのあらすじの中で、メインキャラクターは2人。

本作の被害者でもある映画好きの学生・戸村流平。

もう一人は私立探偵・鵜飼杜夫。

当然探偵役は鵜飼が担当するが、ワトソン役が流平が担当。

本格ミステリ作家と評されるだけあり、人間関係やら動機やら

よりもトリック重視の本作。

トリックや時系列の解説の折には、助手役である流平の鈍さ

がちょっとうっとおしく感じる人もいるかもしれない、というくらいの

くどさ。

ミステリ読み物としてはすごく楽しめました。


ユーモアミステリというジャンルがあるのか知りませんが、

軽妙な掛け合いやよくわからないギャグがちりばめられていて

シリアスなストーリーにしてはテンポがいい、気がします。


タイトルはコメディ史に残る名作映画「アパートの鍵貸します」

をもじったものだとか。

続くシリーズには彼らも登場するみたいなので、少し続けて

読んで見ようと思ってます。



オススメ度 ☆☆☆