推理小説

テーマ:

秦建日子(たけひこ)氏「推理小説」です。

篠原涼子主演「アンフェア」で映像化されています。



推理小説 (河出文庫)/秦 建日子
¥620
Amazon.co.jp

裏表紙引用


「会社員、高校生、編集者・・・

面識の無い人々が相次いで惨殺された。

事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」

と書かれた本の栞のみ。

そんな中、出版社に届けられた原稿には事件の詳細

と殺人予告、そして「事件を防ぎたければこの小説の

続きを落札せよ」という要求が書かれていた。 」



アンフェアの原作です。

テレビ版をすこし見てましたので

原作読んでみたいなぁと思いつつ購入。


簡単に言うと、自分の小説を評価されたい犯人が

リアリティを求めて殺人を犯すストーリー。

リアリティを求めすぎた結果、読者の求める

リアリティではなくなってしまった。

そういう感じ。


「アンフェアなのは、誰か」

誰だったんでしょうね。

そもそもフェアかアンフェアか、判定されるのは

小説そのものですから、やはり作者ということに

なるんでしょうか。


読みやすく軽快な小説です。

結構オススメ。


オススメ度 ☆☆☆☆