ドミノ

テーマ:

前々から気になっていた恩田陸さんの書籍が文庫化していたので

読みました。





東京駅を舞台にした長編パニックストーリー。

さまざまな理由で東京駅に引き寄せられた

30名を超える登場人物。

彼らがすれ違う時何かが起こり、そしてその瞬間

運命のドミノは倒れていく。



これだけ人数出すとわけがわからなくなりそうですが

キャラ付けがうまく、最後までひっかからずに読めます。

東野圭吾氏の作品にどっぷり浸かってしまっていたせいか

裏を読みすぎてしまって、物足りなかった気もします。

終盤の展開、だいぶ無理があります・・・が

コメディチックな雰囲気でもあるので、

そういう意味では楽しめました!


ほかの作品も気になりますね。



オススメ度 ☆☆



ドミノ (角川文庫)/恩田 陸
¥580
Amazon.co.jp