ふと思ったこと1

テーマ:
私はそれがないと生きて行けないくらい、本というものが大好きなんですけど。
学生時代、「本なんてだいきらい!」ていう子がけっこういまして。
理由をたずねると、
「面白いから読め!ためになるから読め!」
と親や教師に無理矢理おしつけられて嫌いになったそうなんです(笑)
たぶん、大人たちは本の楽しさや興味ぶかさを伝えようとしたんでしょうけれど、
それが完全に逆効果だったんですね。

なにを「面白い」と感じるのかは、いついかなる時にも、
そのひと自身が選ぶことを許された特権だと思います。

300円で買えるマンガ雑誌の中の物語に感動して、ボロ泣きしたっていいじゃない。
だれかが駄洒落を言って、みんながクスリともしないところで爆笑したっていいじゃない。

それが、個性ってものだと思うんだけどなあ。
AD
SE(ひゅー、どろどろどろ…)
カイナ:…それは、とある生あたたかい夜のことでした…
私はいつものようにパソコンに向かい、ネットサーフィンを
楽しんでいました…ふとしたことでテキスト書類をひらき、
辞書で調べものをするためインターネット画面に戻ろうとした瞬間。
画面が凍り付きました…!
しかし、こういったフリーズは結構あることなので、
いつものことだなと思ってリセットボタンを押したとき…
その悪夢は、始まってしまったのです…

「ほんとうにあった怖い話」

SE(ぱちりと電気をつける音)
χ:…あのさー。…ようやく更新したと思ったらなにやってるわけ?
カイナ:(顎に当てていた懐中電灯をはずして)
あ、ちょっと演出かえてみようかって。
お久しぶりですー、カイナです。
χ:すっかり悪びれなくなったね…。
カイナ:まあまあ。このあとも聞いてくれればわかると思うんだけど、
いろいろ大変だったんよー。
χ:…なんとなくわかるけどね。パソコン、壊れたんでしょう?
カイナ:あたりー。せっかくだからその顛末を書いてみようかと思ってね。
悪戦苦闘、四苦八苦の記録をごらんくださいー。

「パソコン故障奮闘記」

カイナ:まあ、最初はさあ。よくあるフリーズだと思ってたのよ。
χ:…。よくある、って…フリーズしてる段階でやばいんじゃないの?
カイナ:だって、2000年に買ったiMacなんだもん。
それまでリセットボタンで強制再起動かけてればなんとかなってたし。
マックでフリーズってあんまり珍しくないしねえ。
χ:うわあ、雑ー…(呆)
カイナ:そんでさ、リセットボタン、押したわけ。したらもう、
うんともすんともいわなくてさ。
χ:え?その前までふつうに動いてたんだよね?立ち上がりもしないの?
カイナ:ん。電源ボタンはつくんだけど、どうも中で機械が回り出す音がしないんよ。
モニターはつかないし、もちろんマック特有のあの起動音もしない。
CD起動を試みても駄目、動き出す前に止まってしまう。
χ:…わー。やばいよそれ。冷静に言ってるけど、パニックだったでしょう?
カイナ:うん。頭かかえたよ。しばらく猿のように起動を試み続けたけど、
何回やってもだめでねえ。
しまいにゃバシバシ叩くしまつ(苦笑)
χ:古いテレビじゃないんだから…まあ、でもそれって最終手段なのかもねえ。
カイナ:やけっぱちでとる手段だよね(笑)
結局ネットで調べようにもうちにパソコンそれ1台しかないからさ、
しょうがなくその日は放置して寝たわけ。

「徹底究明!」

χ:で?次の日?
カイナ:外でネットにアクセスしてね、いろいろあさってみたら
私と同じ症状の書き込みがあって。
電源ボタンは点灯してるか(してる)
→耳をくっつけてファンのまわる音がするか(した。)
→機械の動き出す音はするか(しない)=
電源とハードディスクは生きているがロジックボードが壊れている、
ということが判明。
χ:??ハードディスクは聞いたことあるけど…ロジックボードってなに?
カイナ:別名マザーボード。パソコンの基盤のことです。
てか私もそれまで知らんかったけどね、そのパーツ(笑)
χ:そっか、じゃあそれをあたらしいのに交換すればいいんじゃあ?
カイナ:ところがそうはいかなかったんだなあー…

「そんな時代もあったねと」

カイナ:何せ古いパソコンだったのが命取りなんよ。
もうその交換部品を、正規で入手できるルートがなかったんだな。
χ:ええ?6年でー?
カイナ:パソコンの世界では6年って長いしね。
まああと発売元さんが古いユーザーのサポートを打ち切って
しまっているので?サポートしてほしければさっさと新しいのを
買えゴルァと暗におっしゃっていらっしゃるようなので?
ほほほほほ。
さすが大企業様はおっしゃることがちがいますですわねえ?(黒)
χ:…。あの。ちょっとやめてくれない、それ。わりと本気で恐いよ?

「バックアップは基本です。」

カイナ:…はあ。まあいいのよ、それは。あんまよくないけど
いいのよ。よくないのはデータのことなの。
χ:データ?
カイナ:…いままで書きためたほとんどの創作の種たちがね?
ぜんぶパソコンのなか入ったままでね?
なんとバックアップもされてなかったんだなあ?
χ:…あのさ。それって馬鹿っていわない?基本でしょソレー!?
カイナ:ええ、ええ、なんとでもいってちょーだいな。
これに関しては反論しよーもございませんよ。たしかに馬鹿でしたとも。
だけどねえ。忘れるというか、バックアップするのがどんどん頻度が
おちてゆくものなのよね、これが…
痛いめにあった直後は必死でやるのにね。まさか大丈夫って思っちゃうんだよ。
気のゆるみってこわいよね…(しょぼん)
χ:あー、…まあ、そういうこともあるか。まあまあ、ちょっと言い過ぎたよ。
今度からは気をつけようねえ。(肩を叩く)
カイナ:うん。でも、それじゃすまないんだよね、データをなくしたら…
創作がほんと止まってしまうから。真っ青でしたよ…

「iMacちゃん、電車に乗る」

カイナ:そんなこんなで、ネット情報でくだした自己診断の確認と、
もし生きてるならハードディスクを取り出すって目的のために、
修理屋に持ち込むことになったんだけど。
χ:うんうん。
カイナ:近場にマック取り扱う修理屋がなくてさあ。田舎だから。
電車で行くしかなかったんだよねこれが。
χ:…え?で、電車って…まさかあのごろんと丸くてそこそこ大きいiMacを
電車にのせたわけ!?
カイナ:うん。
χ:うっわー…。目立ったでしょ。
カイナ:うん。恥ずかしかった。台車にくくりつけて行ったんだけどさ。
音ががらごろうるさいし。台車引っ張るにしても相当重いし。汗だくになりながら。
χ:…おつかれさま…(肩を叩く)
カイナ:バリアフリーになってるところが心底ありがたかったね。
エレベータとスロープとか利用しまくって。
あと、道がすこし狭いだけでも通れるか恐怖なのよ。車椅子のひとの気持ちが
ちょっとだけ分かった…かも。

「かみさまほとけさま」

カイナ:で、修理屋にたどりつき。一応いろいろ起動を試したんだけどね、
やっぱりだめで。
故障原因と状態は自己診断どおりで、もうこの機体はあきらめるしかないね…
ということになりまして。
χ:で、いちばん肝心な。
カイナ:そう、ハードディスク!!「大丈夫だと思いますけどねー」と言いながら
係のひとが取り出して、ノートマックにつないでくれて、
さあ、のるかそるか。たのむから生きててくれえーって。
χ:お祈り状態?
カイナ:うん。んで、パッとアイコンが出まして。
χ:おお!
カイナ:…中身、すべて無事でした!!
χ:おおおーっ!やったじゃん!!
カイナ:もう嬉し泣きでしたよ。腰砕けそうに安心したよ~。

「お持ち帰り~☆」

カイナ:んで、救出ハードディスクをケースに入れてもらって、
外付けとして利用できることになりました。
χ:あ、そうなんだ?それってこれからも使えるってことだよね。お得じゃない。
カイナ:そうそう。でもねえ、もう一個お持ち帰りのものが。
χ:え?
カイナ:いまさあ、お店でパソコン捨ててもらうのってできないんだよねえ。
χ:…。また汗だくになりながらがらごろ引いて、電車で持って帰るの?
カイナ:あい。
χ:…。…おつかれさま…(肩を叩く)

「そして新機体」

カイナ:さてその後、新しいパソコンをさがすのにも四苦八苦
したんですが…まあ、この話の詳細はいいか。
結果としてかなりハイスペックのものが手に入りました。
買う時手がぷるぷるするくらいの値段でしたが!!
まあ、モノの割には安かったんだけどねー。
χ:画面もでっかくなったしねえ。絵描くにはいい環境なんじゃない?
だからさあ、ちゃーんと使おうね?(にっこり)更新さぼってないで♪
カイナ:ふぬぐうっ!?(さっきまで優しかったんで油断してた)
は、はいぃ…この機体はだいじに使っていこうと思いますー。
みなさんもパソコン故障にはお気を付けて…
χ:バックアップはほんとに大事ですからねー。で、君、今ちゃんとしてるの?
カイナ:…。で、では今日はこのへんで!!さよーならー!!(ダッシュ)
χ:あー!こら待てー!(ダッシュ)
AD

ビックリ・マーヤ

テーマ:
カイナ:びっくりしたー。
χ:何、いきなり?二週間以上更新してないひと?
カイナ:…どうしてそうやって、痛い所ばっかりつくわけ?
χ:(けろり)つっこんでほしそうな顔してるもん。
カイナ:…うううう(泣)

「意外な再会」

χ:で、いったい何にびっくりしたの。
カイナ:えっとね、こないだ行った美容院でね。
χ:ふむ。
カイナ:深津絵里さんが表紙のアンアンをぼへーって読んでたらね。真綾さんがのってた。ふつーに。
χ:坂本真綾さん?なんかの特集とかじゃなくて?
カイナ:うん。新曲のインタビューと写真だけ。
χ:よくある歌手とかの紹介みたいな?
カイナ:そうそう。嬉しい不意打ちだったんだけど、すこし不満がね。
χ:というと?
カイナ:それがね、経歴にアニメ関連のおしごとしてた時期のことがほとんど書かれてないんだな。そのころ出したCDのこととかも。
χ:…そりゃその雑誌の読者層からすればしょうがないよ。
カイナ:でもなー、夕凪ループもいいんだけど、それ以前のCDにも名曲がたくさんあるのにー。ぶつぶつ。
χ:まあ、興味もったひとなら自分で調べるでしょ。カラオケで坂本冬美もまっ青なくらい曲数はいってるの見て「なんだこりゃ!?」ってのありだと思うし。
カイナ:まあ、そうかもねー。それにしても、新しいところに行こうとしてんだなー、あのひと…。
AD

かぜひいたよ

テーマ:
χ:こんばんはぁ。あれ?どこいったの、ブログ主?
カイナ:げほぐほ。…ここっす。布団のなか。
χ:ありゃりゃ。こりゃまたひどい声で。大丈夫なの?
カイナ:ん、いきなり39度の熱でた。もうさがったけど。
χ:うわー。あいかわらず免疫力ないねえ。
カイナ:…病人なんだからちょっとは気づかったらどうなの。ごほげほ。今回はいきなり悪化してびっくりしたよー。皆さんもノドの痛みには気をつけてくださいねー。
χ:ノドくらい、と思って夜更かししてたもんね。
カイナ:ぎく。うう、反省してるっつーに。昨日なんか、ごそっとノドの組織片が取れたみたいな血痰が出たし。
χ:うぎゃあ、そんなこと公共の場で語るんじゃないよ。こわー。
カイナ:まあ、いま治りかけだからいいんだけどね。すっかりノド飴のお世話になりまくりだよ~。最近のノド飴は美味しいのが多くて嬉しいねえ。
χ:君、風邪のたんびに新しいやつ試してるもんね。ちなみに今食べてるのは何?
カイナ:シークワーサー味とマスカット味。ノンシュガーだから歯もカロリーも気にならないのがいいよね☆
χ:また変わった味ばっかだねー。
カイナ:だってレモン味あきるんだもん。薬っぽいのは好きじゃないし。
χ:そんなとこまで味を追求するなよなー。
カイナ:なにおう!?寝たきりの身にとって重要なファクターなんだぞー。
χ:ああはいはい。分かったから。君に風邪を語らせたらきりがないよ。ある意味、君って風邪おたくだよね。
カイナ:ふぬぐうっ…!!

GU今日だ-。

テーマ:
カイナ:そわそわそわそわ。
χ:…どうしたの、さっきからうろうろして。なんかオリに入れられた熊みたいだよ?
カイナ:いやだれがクマさんだっていうか今日発売日。
χ:ああ、GUね。
カイナ:公式サイト行ったら盛り上がってて、ムービーも見たらマジ面白そうだし、くう…あとちょっとが歯がゆい…!
χ:まあ、わかるけどね。全国の.hackファンのみなさんも同じ気持ちだと思うよ。だからもうちょっと冷静に…
カイナ:うう、い、いまの気持ち。…90%期待でわくわく+7%焦らされてきりきり+3%不安でもやもや。
χ:なにそれ。てゆうか人のコメント無視ってない?もしもし?
カイナ:新しいなにかがはじまるといいねー…(虚空を見上げながら)
χ:もしもーし。ああだめだ、ついに壊れたよこりゃ。

鳥取名物は梨とカニ

テーマ:
カイナ:GUについてだけど。
χ:お、来るか本命?
カイナ:いや。この時点で言うのやっぱヤメた。
χ:えええー。なにそれ。予告みたいなことしておいてからにー!
カイナ:だってタイミング微妙なんだもん。発売まであと1日でしょ。ここでさんざんこきおろしておいて『いやあゲーム最高ですう』とかって言いにくいじゃない。
χ:はあ。
カイナ:あとねえ、草稿までは書いてみたんだけどとても一日じゃ上がりそうにないのです。自分のゲーム論とかアニメ論とか総括した話になりそうなんで。おいおいまとめていこうかと。
χ:そりゃまたくそ真面目な。
カイナ:ええ、かったい話なので。今日は気楽に別の話題にいきますね。

『月の砂漠をはるばると』

カイナ:てなわけで。鳥取砂丘にいってきました~。
χ:てかタイトルに偽りありだろこれ。君昼間しか砂丘にいなかったんじゃん。(写真を見ながら)
カイナ:まあまあそれは、その場のノリというやつで。
χ:見事になにも考えてないね。
カイナ:はい。(きっぱり)
χ:(…なんかキャラ変わってきてないか…?)…まあいいけど。
カイナ:とりあえずね、自分が海好きなのがわかったね。
χ:というと?
カイナ:電車の窓から海が見えるだけでおおさわぎ。
χ:子供じゃん。ただの。
カイナ:だってあのだだっぴろくて海水しかなくて空がぱかっと開けてる空間が好きなんだよー。
χ:あー。地平線とか水平線フェチだもんね。
カイナ:だから砂丘でも海が見れて感動でしたよー。
χ:あの…海はいいけどかんじんの砂丘は?
カイナ:ん、痛かった。風でびしびしって。あと目も。
χ:いやそういうことじゃなくて。
カイナ:真面目にいうと、のっぺり黄色くて遠近感がわからなかったのが面白かったなあ。
χ:ほほう。
カイナ:宇宙空間と同じで比較対象がないもんだから。人物の大きさを比較して、かろうじて「うわー結構遠いんだ~」って思うくらい。目の前すぐに見えてた丘に登るのに40分以上かかったかな?
χ:砂だから歩きにくそうだしね。
カイナ:そうそう。あと、意外と起伏がすごいのよ。一番でかい起伏なんて砂でできた崖って感じで。
χ:へー、すごいじゃん。ソリとかで滑ったらおもしろそう。
カイナ:いやいや。高いとこ好きの私でも怖かったから。また雪崩みたいにちょっとのきっかけでざばざば流れ出すし。
χ:そっか。じゃ、それに逆らって登ろうとすると…?
カイナ:まんまアリ地獄だね。
χ:おお、なんか怖くなってきた。
カイナ:ふふふ、でも、スケール大きくてかっこよかったなあ…(思い出し)あ、ラクダにものったよ。
χ:ああ、これだね写真。…あれれ、なんか腰がひけてない?
カイナ:だってさ、乗る時に言われたんだもん。「後ろに回ると危険なので前を通ってくださいね!蹴られますから!!」って。
χ:うわ、可愛い顔してるのに凶暴。
カイナ:そういうの、知識として知ってはいたんだけど、やっぱ本物は違うね。でかいんだわ、すごく。そりゃこれに蹴られたらやばいでしょう!っていう。
χ:うんうん。何事も経験だよねえ。
カイナ:そんなこんなで面白かったですー。あ、行ってみたいひとにはご忠告。
夏場は日射病でばたばた人が倒れるそうです。おすすめできませんー。
χ:え、じゃあ秋冬は?
カイナ:秋はいいかと思うけど…
冬場は海風が吹き荒れて目え開けてられないそうです。おすすめできませんー。
ってガイドさんにきいたよ。
χ:凄いところだね…(汗)

…フッキ。

テーマ:
(引き戸のからからと開く音)
カイナ:…ただいまあー。
χ:…それが3ヵ月ぶりに更新する人間の態度なんかい。
カイナ:うおうああああぁっっっ!!!???
(本やら荷物やらを巻き込んでひっくり返る音)
カイナ:な、な、な、何!?何か北東の方角から変な声が!
χ:鬼門かい。ずいぶんな扱いだなあ。ひとがせっかく手伝いにきたってのに。
カイナ:(眉をひそめて)はい?
χ:ふふふ…あまりに更新が滞っているので見るに見かねて登場してしまった、
何をかくそうわたくし、このブログの精☆なのです!!
カイナ:…。(がこーん)
χ:うわいきなり液体蚊取のとりかえ用を投げ付けるな!
カイナ:んなヨタ話だれが信じるかっ。
χ:まあまあ、こっちの正体なんてどーでもいいじゃん。要はさあ、話の相方兼つっこみ役だと思えばいいじゃん。こういうのあった方が書きやすいっしょ?
カイナ:いきなし砕けたわね。さっきはわたくしとか言ってたのに。うさんくさあ。
χ:あははは。いや気にしないでよ。てきとーに喋ってるだけだから。ボクのことはχ(カイ)とでも呼んでおくんなまし。そういうわけでよろしゅー。
カイナ:はいはい。なーんか厄介なことになったなあ。

『元進行役について』

カイナ:そういえば、墨野と鼓はどこ行ったの?このブログで進行役といえば連中だったと思うけど。
χ:ああ、あまりに出番がないもんで愛想をつかしちゃったみたいだよ。ちなみに書き置きをあずかってるけど。
カイナ:どれどれ?…なにこれ?このでかい字は鼓だろうけど…「みくだりはん」。意味分かって書いてんのかねあの子は。
χ:こっちは墨野くんからだよー。
カイナ:なになに、「真人間になってください。」うわあ。あいつらあ。
χ:まあ無理もないと思うんだけどねえ。

『停滞理由。』

χ:んでさ。いったいぜんたいこの3ヵ月間なにしてたの。心配してくれた人もいるみたいだし、ひとことあったほうがいいんじゃないのー?
カイナ:あ、うう…ええとご心配おかけしました。このとおり元気です。予告もなく停滞しまくって申し訳ありません…(ぺこり)とりあえず多忙は多忙だったんですが。理由はそれだけじゃなくて。
χ:というと?
カイナ:“いつも眠くてしょうがない病”“絵が描けない病”“気力がない病”“ブログが書けない病”にいっぺんになりまして。
χ:おいおい。
カイナ:口癖はしんどい、めんどい。
χ:一文字違えど意味かわんないじゃん。
カイナ:特に“絵が描けない病”が今現在も深刻でして。当分画像はアップ出来そうにないです、すみません。
χ:そんなにひどいわけ?
カイナ:ものごころついてから絵を描かない日の方がめずらしかったのに、今は週1回らくがきするかしないか。
χ:うわ。そのうち脳の絵描き回路が死滅するよ?
カイナ:わかってるんだけどさあ…(嘆息)あと、毎日本を読まないと生きていけない感じだったのが、同じく週1回読むか読まないか。
χ:その分あいた時間なにしてるわけ?
カイナ:ぜんぶ寝てます。
χ:…どっか具合わるいんじゃないの?
カイナ:そういうわけでもないんだけどなあ。自分でもなんだかわかんなくて。
χ:うーん、そうなると他の理由は…やっぱアレか。
カイナ:え、え、何?なんか心当たりあるの?
χ:…知りたい?
カイナ:(こっくり)教えて。
χ:やっぱり一番ありえるのってさ。
カイナ:…うん。
χ:…老化現象。
カイナ:…(がらがらごわがろろ)
χ:ぅわー!!ヤメロ液体蚊取のとりかえ用で埋め尽くすのはああ!
カイナ:一生埋まってろーーー!
-------------------------------------------------
…と。そんなこんなで帰って参りました、カイナです。
今後はリハビリがてら『ぶっちゃけ。』にて、
色々なことについてぶっちゃけトークをしていく予定です。
よろしくお願いします。(ぺこり)