歌詞『虹は光る』

テーマ:

震災発生以来、何故か詩などの創作欲が異常に高まっています。
やっぱり追い込まれると出てくるものなんでしょうか、こういうの。


今回に至っては詩と同時に『曲』まで出てくるしまつ。
歌なんです。メロディついてるんです。作詞作曲自分。
こんなときに一体なに開眼してんのか私、と思いながら、
携帯でボイレコ録音してしまいました。
できればちゃんと曲として仕上げてみたいな…と大それたことを考えています。


…なにやってんだかと思いつつも、これは15日の「覚悟」の延長にある気がします。
今までなら、メロディが思いついても

「どうせなんかの曲に影響受けてカブってるんだろうな。うわあ恥ずかしい!」

と捨ててきてしまったのですが。


後悔しないように、やりたいことはやってやるぞと決めたのです。
さあ、弱気な自分を蹴っ飛ばせ!




『虹は光る』



突然 降り出した雨
すりむけた頬にきつくしみた
「なんでこんな日に限って!」
慣れない靴で走り出す


重なる痛み ダメになりそう
弱気振り切って 足を蹴り出すんだ


虹は光る 嵐の向こうにいる
誰にもわからない場所で
待っている 大きく手を広げて
青空を抱いて 


ちょっと待ってみたけど
ちょうどいいバスは来ないみたい
「いいよ、走っていくよ」
びしょ濡れ平気になったつもり


無理してる、知ってる、震えてるから
空元気でいい 顔を上げてたいんだ


闇に光る稲妻 導いて
嵐を抜けだせる力
大丈夫 言い聞かせている
私 走れるんだから


息がつまる 留めようのない涙 溺れそうになる
でも頑と 泣いてないと言い張る
私 走れるんだから


虹は光る 嵐の向こうにいる
誰にもわからない場所で
待っている 大きく手を広げて
呼んでくれている
虹は光る 押し寄せる闇のどこか 必ず出会える
迎えにいく 走ってく先にきっと 太陽はある
 

AD

コメント(2)