不安を突き抜けて1 ~3月14日~

テーマ:

私がパニック状態から抜け出すまでの、3月14日~15日にかけての記録です。


☆要注意!☆

※当日を振り返っての記録ですので、原発事故に関しての情報は、3月22日現在にはあてはまりません。

※私や夫の憶測でものを言っている部分(斜体部分)は事実ではありませんので、この部分の内容は信じないでくださいね!

※原発事故について、落ち着いて現状を理解するにはこちらをおすすめ!
分かりやすい!放射線や放射性物質を「おなら・うんち」に例えた動画
http://dt.business.nifty.com/articles/655.html



3月14日、月曜日の夕方。
夫が帰ってくる直前のことだった。
地震や原発が気になってしかたなく、テレビを消せずにいた。
チャンネルは、NHK総合だった。民放の情報より確実だろうと思われたので。
そのテレビから、あるニュースが流れた。


福島第一原発の二号機、燃料棒がむきだしになり炉心融解(メルトダウン)の恐れ。


「えーっ!?」

さすがにやばくないか。半分でもあんなに大騒ぎだったのに全部なんて。
それに聞き覚えがあるぞ、メルトダウンって。
過去の最悪の原発事故で。


あわててケータイで検索。
ちょ。スリーマイル島の事例がすごい似てる。


と、夫から「今から帰るよ」コール。
さっそく現状を話してみると
「えっ…それはもうスリーマイル島越えてる…次はもう、チェルノブイリの段階だ」
なんてこと。
あまりのことに現実味がない。
日本で、日本が、チェルノブイリと同じに?

(※上記の動画を見ていただければわかりますが、現在そこまで状況が悪化するとは考えられていません。皆さんパニックになりませんように!)


もう夕飯の支度が手につかない。
手がかたかたと震えた。
夫に早く帰ってきて、と泣きつき電話を切った後、
今年の初詣&厄払いで頂いた、神社のお札を拝んだ。


初めて、に近い。
本気で神さまに祈った。


どうか、日本国をお守りください。


そして付け加えた。


お礼として来年の厄払いは一番高いのにします!!


…間抜けなことに本気で誓った。



夫が帰ってきて、どうにか食事を作り、食べ終わる。
そのころ、炉心の水位が回復したと一報が入り一安心。
またも間抜けなことに、緊張しすぎたのかお腹を下す私。
湯たんぽで暖め、なんどかトイレに通って、ようやく深夜1時ごろに復活。
お風呂に入った。


さっぱりし、すっかり寝るつもりで寝室に行くと、
…テレビがまた信じがたいことを注げていた。


二時間前からまた水位低下。空焚き状態。


しかも、高圧状態を解消するための弁が開かない。
圧がありすぎて水が入っていかないのだ。


最も恐れていた単語が頭をよぎる。
このまま温度が上がり続ければ…
…再臨界。


そう考えたらもう、眠気などふっとんでしまった。

こんなことが現実に起こるなんて信じられなかった。


無力だった。
神さまに祈るしかない。
お願いします。
お守りください…。

AD