.hack//verse seeker《夢追いびとのストラッグル》


03.

『ザワン・シン』。そう呼ばれたイベントがあった。

このイベントのクリア条件はただひとつ。
Ωサーバー 『病める 囚われの 堕天使』の主、
『ザワン・シン』という名のドラゴンを屠ること。
それはとてつもなくハイレベルなイベントだった。
最高レベルに達していて、装備も最強。
そんなひとたちが次々に挑んでは破れていったものだから、
攻略不可能という噂がたったくらいだ。

そのころ、私はといえば、
ようやく初心者から中級者になりかかったところ。
『The World』で遊ぶのも、
友達とちょくちょくダンジョンに出かける程度だった。
だから、そんなイベントのことなんて、まさに雲の上の話で。
関係のないやと思っていたから、
そのときまであんまり気に止めていなかった。
…初めてBBSでそのスレッドを見つけるまでは。

最初はふしぎな詩がひとつ、ぽつりとあるだけだった。
そのスレッドを立てたのは『W.B.イエ-ツ』。
どうやらその筋では有名なネット詩人さんらしかった。

これが、あとになって何度も何度も見ているうちに、
すっかり暗記してしまったその一節。

-----------------------------------------------------

醜きもの、形悪しきものの害、甚大にして言うべからず
蒼天のバルムンク、蒼海のオルカ、ともに疾駆す
わが胸の深きおくがに、その名を留む
汝らこそフィアナの末裔

-----------------------------------------------------


私は最初、へえ、かっこいい詩だなあ…とぼけーっと見ていただけだった。
それに、みるみるうちにとんでもない数のレスがついていったのだ。
ビッグニュースに純粋に驚くもの。
先をこされたとくやしがるもの。
その真偽をうたがうもの。
それに肯定的な意見をもつものが噛み付き、一気に論争がまきおこる。
さらにそのかたわらで、冷静に情報をあつめ、
さまざまな分析・検証をおこなうものも。
そして、『The World』の発売元、CC社から『ザワン・シン』がクリアされた旨を伝える公式文書が出され、詩のなかで「蒼天の」と名付けられた英雄のかたわれ、バルムンクにイベント賞品が贈られることが確定し、BBSの興奮は頂点に達した-------------

その様子を、私はただ呆然と見つめていた。
更新ボタンを押すたびに書き込みはどんどんふくれあがっていく。
どこまでも増殖していくそれは、
まるで植物の成長する様子を早回しで見ているかのようだった。
結局、その日の夜は興奮しすぎて眠れず、ネットをずっとのぞいていた。

とても、わくわくしたのだ。
いろんな噂をひろいあげながら、想像をふくらませる。
英雄たちの戦いの様子を。
目の前で物語が組み上がっていくような、感動。
まるでその誕生に立ち会っているような、誇らしさ。
ライブ感覚、というのだろうか?
それは本の中に封じられていない、
生き物のように姿を変え、成長し続ける伝説の姿、だった。

夢中で情報をおいかけながら、
私の中で、ひとつの願望がふくれあがっていった。

『ザワン・シン』と、『フィアナの末裔』が戦った、
本物のそのエリアに、行ってみたい。
どうしても、自分の力で、その場所にたどりつきたい…!

それから、必死でレベルをあげて、ひとりでの戦い方も研究して、
ついにここまでたどりついたのだ。
あこがれの場所へ。


****************************************


ずいぶん熱中してしゃべりまくってた気がする。
はっと気付くと、
さっきまであんなにかしましかった目の前のほくとが、
すっかり黙りこんでしまっていた。

やば。やっちゃったかも…
どうもこの話になると理性がとんでしまって困る。
…あれ、それにしても、彼女ぴくりとも動かないし。

「ちょ、どうしたの?もしもーし?」

あわてて大きな声をかけても、うつむいたまま反応がない。
目の前で手をふってもだめ。

「おーい…って」
もしかして、とはたと思いつき、私は半目になる。

「…寝落ち?」
「…はひっ!?」

唐突に、ほくとのキャラがばねじかけのようにびくんと動いた。

「…あ、うん、いや、全然ちゃんと聞いてたよ?ほんとだよ?」

焦ったような早口でまくしたてつつ、
うんうんとはげしく首を上下させる。
絶対ねてたな…
私がむすっとして黙っていると、ほくとは
いやだってハナシ長すぎるし、とごにょごにょつぶやきながら、

「えっと、なんかすごいイベントがあった場所なんだよね?」

ものすごくすっぱりと要約した。
どうやら肝心なところは聞いていたようだ。
授業中いねむりしてても困らないタイプだな…
ある意味うらやましいけど。

「んで、しらべて、ここに来たわけ?
イベントは終わっちゃってるのに?」
「う…いいじゃないよ。来てみたかったんだから」

ふしぎそうに聞かれて、思わず言い訳がましい口調になってしまう。

確かにここは、かつて二人の英雄が凶悪なる龍と戦ったフィールドそのものではない。
イベントがクリアされた後、ごく平凡な(それでも適正レベルは相当高いのだが)エリアに変化してしまったのだ。
かつて、ここは『ザワン・シン』のイベントエリアに特有のものだった気候、
『猛吹雪』が吹き荒れ、視界がほとんどきかなかったそうだ。
でも今、草原にさすうららかな日差しに、そのおもかげはどこにも感じられない。

「ふーん、ファン心理ってやつかなあ。ジャニちゃんて、マニア?」
「…悪い?」

つい、思いっきりぶっきらぼうに返事してしまった。
何でそこまで、ってあきれられることも多いんだけど。
…いいもん。私にとっては本当に憧れなんだから。

「ううん、でも…なんかさあ」

ほくとは、不可解そうにちょっと小首をかしげてみせる。

「何?」
「それにしてはジャニちゃん、必死すぎな気がして。
なにも、ひとりでぜんぶやることないじゃん?
ゲームなんだし、もうちょっと楽しめばいいのに」

「…それは」
はっとして、言葉につまった。
最近。まわりによく言われることだ。




最初は伝説を追いかけるのが純粋に楽しかった。
だけど、それが徐々に曇っていったのは、いつからだろう。
思うに、私はこの物語に「参加している」気持ちでいたのだ。
だけど、知れば知るほどわかってくる。
『英雄』になりえたフィアナの末裔の凄さが。
それにひきかえ、自分は…ただ『英雄』の誕生に居合わせただけの、
一般人だということが。
興奮が強すぎた分、夢からさめたときの衝撃は大きかった。

小説とか、漫画とかをを読んでいて、かっこよく活躍する主人公に感化され、
まるで自分がひとまわり成長したような気分になったことはないだろうか?
だけど、ページをとじてしまえば、
私はもとの、いまいちぱっとしない自分のままだ。
そのたび、私はただ、安全なところにいて、傍観してるだけで、
どんなに憧れても、主人公には、決してなれないのだと。
思い知ってしまう。

あの人たちは遠すぎる。
私とは、違いすぎる。
だから、せめて自分の力で、この場所にたどりつきたかったのだ。
そして、自分の力でモンスターを一体でも倒すことができれば、
少しだけでも、彼らに近付けるような気がしていた。

「あー…もしかして邪魔しちゃった?シンケンショーブの」

居心地わるそうに肩をすくめるほくとに、苦笑をこぼしながら返事をする。

「ううん、いいんだ。あのまんまじゃ、どうせやられてたし…」
声に自嘲の色がにじむ。

私にできる精一杯の挑戦だった。
でも、それさえ私の手にはおえなかった。
あーあ。
ホントにたいしたことないんだなあ、私。

なんだか泣きそうになってしまって、上をむいてこらえたその時。

「あわわわ!?ジャニちゃん!!あ、あれ…!」

突然、ほくとがとっぴょうしもない声をあげた。

<つづく>
AD
ふと思ったんですけど。
プロフィールのとこに「食べる事に猛烈な関心を示す」とかいてあるにも関わらず、
私って食べ物の話を一回もしたことがないですね?
と、いうことで秋らしく(?)食の話題でいってみましょう!

さて、今日は「ちゃんちゃん焼き」を自宅でつくってみました♪
買って来たしゃけとありものの野菜を熱したホットプレートにのっけまして、
これまた買って来たみそダレをかけて、ふたをしてしばし蒸し焼きに、と。
(タレ袋のウラに書いてあったつくりかたです^^;)
なにせはじめてつくる料理なので、わくわくどきどきなのです☆

10分後。しゅうしゅう音がしてますが、
うちのホットプレートはふたが不透明なのでなかの様子がわかりません。
「まだかなまだかなー♪ぱか」(ふたをあける)
ぶわッッ!(蒸気が顔面を直撃)
「わちゃちゃちゃーッ!!」(はなれろきけん)

20分後。音が「じゅうじゅう」に変わってきました。
おみその香ばしいかおりがしてきます。

「も、もういいかな?ぱか」(警戒しつつふたをあける)
じゅわー…
「おおおー!でけたー!!」
しゃけと野菜に火が通ったら完成です。

さて、家族でホットプレートをかこみ、しゃけをほぐして野菜にからめながら頂きます。
「いや~、ごはんがすすむねえ」
「野菜、やらかっ!きのこ最高!!」
「しゃけもんまい~~☆」
てな感じで15分くらいで完食でした~。ごっつあんです。

この料理のいいところは、まず野菜がたくさん食べられるところですね。
次に、見た目が豪華なこと!さらに、鍋みたく家族でつっつけるところがまた良いですし、
あと、お値段もお手ごろにできるんですよ☆
ぜひおためしあれ~~♪

あー、
たべすぎたー…(*.*)
AD
『Take off』
Take off
以前、トラックバックいただきました
ウキさんの詩にインスパイアされまして…
(ウキさん、おまたせでした!ほんとかっこいい詩ですね☆
 ラスト2行が特に好きです。)
さらに絵で返してみました!
創作コンボさくれつ!てな感じですね~♪
AD
先日。とあるニュース番組でアメリカのアスベスト鉱山(日本のアスベストはそこから輸入)を紹介してるシーンがありまして。
そこに攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.3の『Know Your Enemy』という曲がかかっててビックリ。
すごくぴったりで鳥肌たちましたよ。
“汝の敵を知れ”、ですもんねー。
…選曲センスいいなあ、と思いました。

まあ、こういうぴったりの場合はいいんですけど、
以前『クロノ・クロス』の戦闘曲が…おなかが下るメカニズムの説明シーンで流れてて…(汗)
「い~や~!やめてえイメージがああ!!(号泣)」ってのたうちまわってたことがあります…
聞く度に思い出しちゃうからなあ…(- -;)