岡山新選組の新八参上のブログ

新選組とはつながりの深い岡山の、永倉新八生家子孫のブログです。

NEW !
テーマ:
もう今から38年位前のことに成ります。

これまでにも筝曲に関した記事も書いたことがありますが、私の母は筝曲

の師匠をしており、最盛期にはお弟子さんも50人を超えるくらいの活躍を

していた時期もありました。

その母の弟は、昭和20年代中ごろに上京して、都内でタップ教室を開いて

いました。その頃有楽町の駅の近くには日本劇場があり、4階には日劇小

劇場も併設されていました。米軍が使って居たとかで、返還されたこけら落

としには、叔父もその舞台でタップを踏み、後にトランペットの名手となった

日野皓正氏の父上も一緒に舞台をつとめた仲間でした。

昭和40年代末ごろになって、何時も良く云っていたのは、ジャンルこそ違っ

て居ても姉弟の合同での舞台が出来ないかということでした。



幸いにも母が教えていた箏の流派は五線♪音譜でしたので、洋楽とのコラボ

などは日常的にやっていたのでした。

それならジャズバンドとの合奏も可能ではないかと、箏でジャズバンドと合奏

をして、それに合わせてタップダンスというのも出来る筈だと、長年の夢だっ

たコラボが実現性を帯びてきたのでした。



ついに東京で録音したバンドに合わせて、箏の譜面も暗中模索ながら作り始

めたのでした。東京でのバンドの音源を聞いて、対策を練りながら進めること

に成り、テープの引き取りを兼ねて上京したのは、ちょうどサンシャインビル

の完成公開から1カ月後の1978年5月のゴールデンウィークでした。

糖尿の持病がある叔父は入院中でしたが、打ち合わせには支障ないとのこと

で、戦時中には池袋の警察署があったすぐ近くの病院に訪ねました。

聞いた瞬間に感じたのは、ハッキリ言ってダサいなあ、と言う感じでした。

演奏していたメンバーさん達は、戦後日本の歌謡界でも活躍した、女性歌手の

バックバンドの方だったのですが、業界用語でいう「おかず」がなく、変化に乏し

いものでした。例えばピアノが、譜面には書かれていない即興で、細かく音を入

れるような弾き方を、「おかず」を入れると表現していたのですが、そのおかずが

全く無くて、面白味が全くなかったのです。「バンドさんがもうちょっと何とかなら

ない?」という宿題を残して打ち合わせを終り、完成して1か月のサンシャインに

寄って帰岡しました。

音源テープを何人かの知人に聞いて貰ったのですが、これでは色気がなさすぎ

とか散々に言われ、岡山でバンドを探すことも考えなければと思うように成った

のです。当時は岡山市内でも、ショーをやる様なキャバレーも有り、その中で知

人の友人がバンマスをしているのを聞き、昼間に新しいショーに出演するタレント

さんと音合わせをする現場に御邪魔しました。その時のタレントさんは中村晃子

さんで、当時はまだ知名度もそれほどすたれていなかった彼女もいっしょに、箏

とのコラボ用の譜面での音出しを聞いて喜んでいましたっけ。

私も初めてそのバンドさんの音に接し、そのまま録音させて頂き、母のいる県北

と、叔父の東京に送ったのでした。

双方の返事は「これならバッチリだけど、2時間離れた場所への出張するギャラ

の問題が残ったのです。どうせやるなら、生バンドの方がミスも起きにくいし、何よ

り地元の観客へのアッピール度も大きいと思ったのでした。しかし、そんなやった

ことも無いコラボなら、是非一緒にと言って頂いて、本番1週間近く前に現地入り

したタップのメンバーとの顔見世打ち合わせでは、仕事をなさっているキャバレー

の階下にあるリハーサルルームも借りて下さり、大変好意的に対応して下さいま

した。当日出張のギャラも、内職で日建て1万円✕8人でならと言うことには成っ

たのでした。

  何だか思うままに書いて居たら、結構長くなりましたので、実際に幕が上が
  るまではあと何回に成るか書いてる本人にも分かりませんが、もう暫くのお
  付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。退屈な方はスルーしてネ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
早いものでもう師走で、今年も後30日ですね。

私の拙いブログですが、今日の更新で997回目になり、お蔭様で4桁突

入目前になってきました。

アナログ世代で5年前に成り行きでPCを購入したので、皆さんのブログに

でもお邪魔してと思ったのですが、何時の間にか自分でも書いて見たいと、

手探り状態で始めたのです。長年やっておられる皆様方からすれば、まだ

まだの内容や回数ですが、これからも少しずつ情報発信が出来たらと、マイ

ペースで続けられたらと思って居ますので、これからもどうぞよろしくお願い

致します。



さて、今日の記事はここからです。

近年いろんな検定が有りますが、第3回を迎えた「晴れの国おかやま検定」

が目下申込受付中なので、そのご紹介です。




前記の通り、申し込みはすでに始まって居て、12月16日が締め切りに成っ

て居ます。


画像では見にくかったらいけないので、概要のご紹介です。

 第3回「晴れの国おかやま検定」
 試験日  平成29年2月5日(日曜日) 13:30~

 試験会場  (岡山)岡山商工会議所
         (東京)TKP新橋カンファレスセンター

 申込期間  平成28年11月14日(月)~12月16日(金)まで

 
受験料  1000円(税込)

 受験資格  学歴・年齢・性別・国籍等の制限はありません。

 試験問題  100問 (自然、歴史、文化、伝統行事、観光、時事、スポー
               ツ、食、県政全般など岡山に関すること)

チラシには払込み取扱い票(申込書)が付いていますが、郵便局で払込み
をするように成って居ます。

※お問い合わせ先は
  岡山商工会議所「晴れの国おかやま検定」係です。
  〒700-8556岡山市北区厚生町3-1-15
  TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
  http://www.okayama-cci.or.jp です。
  また、「晴れの国おかやま検定」で検索してください。



また、「これで検定対策」 として、公式参考書も発行されています。

 公式参考書 「晴れの国おかやま検定」公式参考書
  
吉備人出版編集部・編 県内の主要書店、オンラインショップで発売中」
      ■定価 本体1300円+消費税
 
 主催 岡山商工会議所  共催 岡山県
 後援 岡山県教育委員会 岡山県商工会議所連合会 (公社)岡山県観光
     連盟 (公社)おかやま観光コンベンション協会 西大寺観光協会

 ※結果については下記の通り、岡山県が認定いたします。
 ◆
晴れの国達人
   
●認定証カード・達人バッチ・達人ステッカー
     さらに以下のいずれか1つを進呈
     ●岡山後楽園「年間パスポート」
     ●岡山県立博物館「友の会会員証」(1年間入館無料)
     ●岡山県立美術館「常設展年間入館無料」(要認定証提示)
       (※3/17~5/7特別展チケット付)
     ●とっとり・おかやま館 商品券(2000円相当)
 ◆晴れの国博士
    
●認定証カード・博士カンバッチ・博士ステッカーを進呈

以上と成って居ますので、我こそはと思う方は、今すぐ申し込みをお待ちしてい

ます。

また、検定応援サイト「晴れの国達人への道」で腕試しも出来ます。
こちらは「晴れの国達人への道」で検索です。お待ちしています!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:


アナタ上野デ負ケマシタガ弱クアリマセン。コレカラ私ト蝦夷イキマス。

薇ノ根タベマス。         
(11月27日付【読売新聞】日曜版より、
画像もお借りしました。出典は野口武彦著[2002年]、「幕末気分」より)


1868(慶応4)年7月、上野戦争で彰義隊は壊滅、敗残兵は品川沖の

榎本武揚艦隊に合流しました。旗艦「開陽丸」で彼らを激励したのは、フ

ランス士官ジュール・ブリュネのカタコトの、しかし力強い日本語でした。

それが冒頭で紹介した言葉だったのです。

「薇(ワラビ)の根」とは、信念のためには命を捨てることもいとわぬとい

う「史記」首陽山の故事です。言葉は続きます。

「開陽タクサン能キ船アリマス。負ケマセン」



開陽丸(排水量2590㌧)はオランダで建造された新鋭艦でした。16㌢

クルップ砲18門などを備え、幕府軍逆転の希望を担って居ました。

作家の野口武彦さんは「必要だったのは兵を感奮させ、新たな目標を与

える言葉でした。彼は見事にその責務を果たしたのです」と冷静に見て

います。兵たちは彼にサムライを感じ、侠気あふれる言葉に、心を震わ

せたのです。



ブリュネはこの前年、幕府が招いた軍事顧問団の副団長として来日して

いました。29歳のエリート軍人は幕府軍の洋式化に尽力しましたが、イ

ギリスに支援された官軍の優性は揺るがず、顧問団には帰国命令が下

りました。だが彼は自分を頼る教え子の将兵を見捨てなかったのでした。

辞表を提出し、日本人に対する信義を守るため、捲土重来を期して、北

へ走る反政府軍に身を投じたのです。

榎本軍は一時、北海道南部を制圧しました。しかし1868(明治元)年12

月28日(旧暦11月15日)、開陽丸は江差沖で暴風雪にあおられ座礁し

てしまったのです。無二の巨艦を失い、箱館戦争の帰趨は決したのです。

官軍は陸海から反攻を本格化し、五稜郭にこもる榎本らは翌年6月に降

伏したのでした。

直前に脱出したブリュネは、本国送還になりました。その後フランスとプロ

イセンの間の普仏戦争(この戦いで勝ったプロイセンは後にドイツとなりま

す)に参加し、陸軍の幹部を務め、波乱の軍歴を閉じました。

「来年三月帰リマス。其ノ時アナタ上野花見マス。楽シミマスカ、酒ノミマスカ、

喜ビマスカ。私思イマセン。アナタ涙出マスアル」。開陽丸艦上、ブリュネが言

葉を継ぐと若き侍たちは涙をこぼしました。


戦いに明け暮れた彼に、上野の桜をめでる日々などあったろうか。それは彼

が心に描いた花だったのでしょう。


こちらは大阪本社版だったのですが、どうも東京本社版には「土方嘆きの松」
の大きな画像のあるページがあったようです。関西圏の方には、購読者向け
有料サイト「読売プレミアム」でさらに詳しい記事を紹介、
と書かれていました。

※幕末気分  作家の野口武彦さんの読売文学賞(2003年)受賞作です。
 選考委員の丸谷才一さんは「歴史を素材にして世界と人間を研究しようとす
 る試み」「ちょっと斜に構えて好亊家を気取ることにより、興味津々たる文明
 評論の書をものした」と評しました。ブリュネが激励する場面は「彰義隊戦史」
 中の寺沢正明「一生一話」からの引用です。野口さんは6年前に大病を患い
 ましたが、今も右手の中指一本で原稿を打ち続けています。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

昨日に続いて今度は漢字検定に挑戦しました。

学校時代から新聞部だったり、20代から30歳位までは、母親の演奏会

(箏ですが)のプログラムの構成や、音楽団体の機関誌の編集をしたり、

また、二次就職では新聞の取材や記事の作成など、活字には縁のある

というか、活字と共に生きた人生を歩んできたのは事実なので、漢字を

知らなかったら恥ずかしいな、なんて思って挑戦しましたが、何とか満点

が取れて恥をかかずに済みました。

もっとも「活字」という言葉自体がすでに死語になっていて、今はパソコン

に入力して送信すれば済むので、「活字って何のこと?」って言う時代で

したネ。(^_^;) お恥ずかしい。

▼あなたの検定結果はこちら

アメブロ漢字検定に挑戦してみよう

アメブロ漢字検定に挑戦してみよう

でも最近はワープロ(古っ!)だのパソコンだのと、手で文字を書く機会が

減って居る上に、年齢からくる物忘れなども有るので、まあ恥をかかずに

済んで、胸を撫で下ろした次第でした。(笑)
いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

ブロ友さんがやっていたので私もやって見ました、「鍋占い」です。

確かにこれからは鍋の季節ですよネ。

先日は、直近のスーパーさんが新装開店の安売りで(数日間続行中でした

が)大根や白菜、ニンジンなども安かったので、鍋用に仕入れてきました。

大きめの大根1本が98円でしたヨ。

▼あなたの性格診断はこちら

あなたの性格を診断してみる

あなたの性格を診断してみる

確かに同じ食べるのなら、楽しく食べたいのは確かです。

でも、決断力云々とか、リーダーシップを取るとか、太っ腹で寛大とかってチョ

ット誉められ過ぎてクスグッタイ気がします。

情に厚くてというのは??ですが、出しゃばっていろんな方に声を掛けたりと

いう面などが面倒見なら、頑固爺というのと共に当たっている気がします。

まあ、良い部分は少しでもそれに近付けるように成れれば良いのですけどネ。

  チョット生き様を考えないといけないですネ。(^_^;)


いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:
急に冬将軍襲来で、各地に雪の便りも聞かれますが、皆さまには体調管

理にも気を付けられます様に。

実は最近私の住んでいる地域では、亡くなる方が急増して、葬儀と御通

夜の掛け持ちみたいな様子もあり、ブログでもチョット触れたのですが、気

に成ったことがありましたので、チョット紹介させて頂きますネ。



最近の葬儀のうち、3人の方の様子に共通点があったからです。それは糖

尿病が持病の方が、点滴をして貰ったら容体が急変して亡くなったのです。

まあ、私が病について詳しい訳では決してないのですが、以前私の義叔父

が、風邪をこじらせたようなので、病院にでも行って点滴でもして貰うと云っ

て病院に行き、それなりには元気だったのですが、点滴中に急におかしくな

りそのまま亡くなったことがありました。彼は糖尿病があったのです。その身

内に長年看護師をされ、地域では大きな病院で看護師長までされた方がい

たのですが、糖尿があるのに不用意に点滴をしたのが原因と断言しました。



そうなんですよネ。その時に初めて知ったのですが、普通に良く使用する点

滴薬には、糖尿には非常に良くない成分が含まれているというのです。

なので、点滴をする場合にまず確認しなければならないのが、糖尿病の病気の

有無によって、点滴の薬剤を考慮しないと大変なことに成る場合があるという

のです。副会長と言う立場上、町内の多くの方とはそれなりに親しかったので、

お悔みを云ったりする中でお聞きしたのが、「点滴をしていて容体急変」と言う

方が複数あったのです。何れも持病に糖尿病があった方でした。

素人判断でしかないのですが、こうした例が複数それも続いてあると、その因

果関係を考えて仕舞います。用心はするに越したことはないので、点滴をなさ

る場合には糖尿病がある場合には、その事をはっきり申告なさった方が良いの

ではないかと思い、老婆心ながら一言申し上げさせて頂きました。(^_^;)



さてここからが今日の記事になります。

国立東京博物館が所蔵する県内出土の考古資料を紹介する特別陳列「古代吉

備の名宝」が、岡山市北区後楽園の県立博物館で25日から始まりました。
                  (11月26日付の【山陽新聞】からのご紹介です。)

地元での希少な展示機会とあって、歴史ファンが熱心に見入っていました。

国立博物館と地方博物館の、所蔵品相互活用事業で実現したものです。明治~

昭和前半に出土した古墳時代の鏡、装飾品など東京博物館所蔵の53件を中心

に、計74件が並んでいます。

仁徳天皇の寵愛を受けたとされる黒媛の墓と伝えられる水原古墳(津山市)の玉

類、須恵器などは、1937年の(あれっ、私が生まれた年だ、ってそんなことはど

うでも良いのですが)発掘以来、初の里帰りです。中でも全長2㍍超の大型陶棺

は、保存状態も良好な優品です。丸山古墳(備前市・国史跡)では県内最多の出

土銅鏡三十数面のうち東京博物館、県立博物館所蔵の計19面を揃えました。

備前車塚古墳(岡山市)dせ発見された”卑弥呼の鏡”と呼ばれる三角縁神獣鏡

なども注目を集めそうです。市内東区西大寺から来た男性は「これほどの一級

品が見付かっていたとは、古代吉備の繁栄振りが分かります」と話していました。



会期は来年2月26日までです。また、12月3日(土)には午後1時半から、県古

代吉備文化財センターの宇垣所長による講演会も開かれます。


また館内では、先日発見された、大坂の陣で活躍した武将後藤又兵衛の最期が

記された古文書の展示も始まって居ますが、こちらの会期は1月15日(日)までです。
(この史料については
http://ameblo.jp/new8-1915/enyry-12220588872.htmlを参照
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
先日から同じ町内会で私が副会長をしている地区で、今月中旬から亡くな

る方が続出しました。日によっては夕方6時からの御通夜、翌日は葬儀で、

次の昼間は葬儀でまた夕刻から御通夜で翌日は葬儀という日が続いたりし

て、やっぱりこういうのって気も遣うし身体は兎に角、やはり疲れますよネ。

そんな日々も25日の御葬儀でやっと一段落ついたようです。そんな25日に

前夜の御通夜でも見掛けたた方は、今から38年前に地元民放TVの「おは

よう奥さん」というワイド番組
で司会をしていた当時のアナウンサーさんのよ

うに思えたのでした。

25日の出棺前に、出棺の用意をなさっている間に「お茶の用意もございますの

で召しあがってお待ちください」とのことで、熱いコーヒーを呼ばれたのです。なん

とすぐ横にいらしたのが、前日お見かけした昔のアナウンサーさん(笑)でしたの

で、思い切って声をお掛けしました。やはりそのMCをなさったお方で、チョットだ

けご挨拶することができました。



もう今から考えると、次女が小2でしたので、ちょうど四〇年前の事でした。今は亡

き母と妹が筝曲の師匠をしていて、そんな家庭ですから私も箏や尺八を嗜んでい

たのです。まあ、演奏会では時として筝曲でも引っ張り出されましたけどネ。

番組では「最近家庭によっては良くホームコンサートなどをなさるお宅の話を耳に

します。そこで今日はホームコンサートでも、ちょっと雰囲気の異なる、日本音楽で

のコンサートをなさっている、2組のご家族にスタジオにお越しいただきました」とい

うことで、もう1家族の方は「剣詩舞」という、詩吟に合わせて剣舞を舞うという母娘

孫のお三方でした。



ただ、もう年月も経ったので時効と言うことでネタバレですが、筝曲の家元宅に一週

間前に打ち合わせをして、ストップウォッチ片手のディレクターさんが付いて、曲目の

打ち合わせをしたのですが「即興で詩吟の伴奏を箏と尺八でやるなんていうのは出

来ませんか?」という提案があり、それもリハーサルしたのです。

いよいよ本番の日ですが、我々家族で箏と尺八の曲のさわりと、母が三弦(三味線)

での三曲合奏がおわり、剣詩舞に移りそれも終わった時点で、司会者のかたが「突飛

なお願いで申し訳ないのですが、詩吟の伴奏を箏、尺八でっていうのは出来ないもの

なんでしょうか?」と、視聴者の方にはぶっつけ本番という設定で、難題を持ち出した

のです。(実際は打ち合わせ通りなのですが(笑))「ええっ!そんなのはやったこと無

いけど出来なくはないかも知れないですけど、いきなりいわれてもどうなんでしょう?」)

なんていう感じに話を合わせて、ぶっつけ本番で(ウソつけ!)伴奏をつとめたものでし

た。モニター室でじっと様子を見続けていた家元の大月宗明師(作曲もかなりなさって

いて、ブロ友さんの中にも大月先生の曲を演奏会で弾きました、という方もいらっしゃ

いますが)は、「自分が弾く方がよっぽど楽でしたヨ」と感想をもらしていましたっけ!

長女はどちらかというと引っ込み思案ですが、次女の方は何でも思ったら口に出す方

なので「先生!今日はおばあちゃんとおばちゃん、それにお父さんがテレビに出るので

見させて下さ~い」といって、授業中にクラスでテレビ鑑賞(笑)をしたそうですが、長女

の方は言い出せなくて我慢したそうでした。



御葬儀に伺ってこんな回想を思ってしまうって、不謹慎ですがそんな昔を思い出して

仕舞いました。演奏した曲目は、ポピュラーで誰でも聞いたことのあるものと言うこと

で「六段調」と「千鳥の曲」の何れも部分だったと思います。

 そうだ、高一の孫娘にも箏を教えなければと、母を思い出した日でした。
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:



画像が下に下りないので画像だけ先にで済みません。説明は後で・・・



その前に地震が又あったようですが、皆さまの地域は大丈夫でしたでしょう

か?おまけに早々の積雪と、異常気象ですネ。

ブロ友さんの話では多摩でこの季節の積雪は54年振りとかいうことだそう

ですが、風邪などにも十分お気を付け下さいネ。

縁起でもない話になりますが、私の住んでいる町内会で、副会長としてお

世話をさせて頂いているのは、町内の約1/4で約320戸ほどなのです。

ところが9月末頃から急になくなる方が出てきだし、20日前位から連続し

て今日も訃報の連絡があり、17日、20日、21日、23日と続いています。

結局重なりはしなかったものの、夜はお通夜で翌日昼は告別式でその夜

次の御通夜と言う日が続いたりしています。年齢的にも私より若い方も少

なくなく、何だか後ろから急かされている気がするような状態です。特に昨

今のように気候変動が激しかったりすると、体調も崩れやすかったりしそ

うですが、体調維持に気を配って、元気に新春を迎えたいものですネ。

って、チョット気が早いかも知れないですけどネ。



冒頭からきょっと辛気臭い話でしたが、ここからが今日の記事です。(^_^;)

全国で第4位の規模を誇る前方後円墳・造山古墳(市内北区新庄下・国

史跡)で、岡山市教育委員会が進める発掘調査で22日までに、前方部

の墳端とみられる葺石の一部が出土しました。墳丘本体で発掘による遺

構の確認ははじめてです。畿内の大王墓に匹敵する巨大古墳の「構造や

正確な範囲を考える上で貴重な成果」と市教委は見ています。
         (11月23日付の【山陽新聞】から、画像もお借りしました)



葺石は、墳丘に掛かる前方部南西の3か所の試堀溝のうち2か所で見

つかりました。地山を削って造成した斜面の裾に、直径20~50㌢の花

崗岩の角礫が隙間なく葺かれていました。

外縁の石はそれぞれ直線上に並ぶため、前方部南側と西側の道端に

なると推定されます。道端だとすれば「築造当時は、墳丘が現存する前

方部からそれぞれ数㍍外側に拡がっていた」(市教委)とみられます。

葺石の周囲からは、円筒埴輪の破片が出土しましたが、埴輪列などは

見付かっていません。



造山古墳は5世紀前半の築造で、全長約350㍍です。2009年に陪

塚の千足古墳で装飾石室の損傷が明らかになったのを機に、市教委

が造山古墳群の保存管理計画を策定しました。発掘調査は3年目で、

今回は初めて国史跡に指定されている墳丘部に着手しました。

市教委文化財課草原副専門監は「墳端を確定させ、墳丘の正確な

規模の把握につなげたい。葺石は巨大な墳丘全面を覆っていたと

想像され、古代吉備のパワーを改めて見せつけられました」として

います。



またこの出土について、岡山大大学院の新納教授(考古学)は次

のように話しています。

 造山古墳本体の構造が一部ですが明らかとなり、貴重な一歩
 
 と言えるでしょう。葺石から墳丘斜面の傾斜など復元、保存に

 向けた貴重なデータが得られるでしょう。一方で墳端の確定は

 慎重にならなければならず、(岡山大が2010年の発掘で確

 認した)周濠跡との関係の調査などが課題になります。



もう1つ古墳絡みですが、オホーツク海に面した北海道・知床半

島の付け根の北面にあるチャシコツ岬上遺蹟(斜里町)で、古代

律令国家が発行した皇朝十二銭の一つで奈良時代に造られた

「神功開宝」が出土し、町立知床博物館が16日に発表しました。
      (こちらも【山陽新聞】で17日の紙面からの紹介です)

古代の銅銭貨幣の発見としては国内最北で、知床博物館は「オ

ホーツク文化が、近畿の律令国家と交流していた可能性を示す

資料です」としています。



見付かったのは1枚で、直径約2.4㌢でした。真ん中に四角い穴

が開いており「神功開宝」と記されています。皇朝十二銭は奈良時

代から平安時代に国が発行した12種類の貨幣の総称です。神功

開宝はその3番目に当たります。

オホーツク海沿岸では5~9世紀、海洋狩猟をなりわいとしたオホー

ツク文化が栄えました。チャシコツ岬上遺蹟は、その終末期に掛けて

発展した集落跡とされています。皇朝十二銭は道内ではこれまで、恵

庭市や千歳市などで見つかっていますが、オホーツク文化の遺跡から

出土したのは初めてです。

今年9月、発掘調査中に魚や動物の骨といった生活廃棄物が堆積して

いる層から発見されたものです。

  まだ蝦夷地はあまり国内との交流が少ないと考えられた時代に、
  近畿の律令国家との交流を裏付ける貴重な発見ですネ。内地との

  交流を裏付ける、興味津々な発見にワクワクしてしまいました。

いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

朝夕はすっかり寒さを感じる季節になりましたネ。

例年より少し遅い気もするのですが、門を入ってすぐのヒイラギの花が開

いています。本当に小さい白い花ですが、匂いがとても良くって、正月を控

えて早目に松だけ剪定をお願いした植栽業者さんも「風向きもあるんでしょ

うが、良い匂いがしてますね」って言っていました。右手にある赤い丸いの

は遅れの「風船カズラ」の実です。




今日は時々ネタに利用させて頂いている子供向けの新聞、山陽新聞社の

「さん太タイムス」11月20日版から、画像もお借りしました。



突然に成りますが、「偉い人」とはどんな人でしょうか?地位の高い人でしょ

うか。それとも何か大事業を成し遂げた人でしょうか。



江戸時代後期の禅僧・良寛(1758=宝暦8年~1831=天保2年)はそのど

ちらでもありません。放浪の旅をしながら、和歌や漢詩に心の声を素直に書

き残し、そこに現れたおおらかな人柄に多くの人が「良寛さんは素晴らしい」

と憧れたのです。

誰に対しても偉そうにせず、良く子どもと遊んでいたお坊さんとして、今も親し

まれています。良寛は越後(現新潟県)の出雲崎の生まれです。数えの22歳

から10余年、備中国の円通寺(現倉敷市玉島柏島)で修行し、あるがまま、優

しい心で生きようと悟りました。出世を望まず、托鉢で人から施しを受けながら

各地を旅したようです。古里の越後に帰ってからも、74歳で亡くなるまで、寺

を持たずに貧しい暮らしを続けました。

自分のことを「大愚」といいました。大変に愚かだと自覚できたからこそ、分け隔

てなく人を愛せたのかも知れません。その清らかな生き方を見てみましょう。



清貧を貫いた良寛さん。

 良寛は新潟県出雲崎町で名主を務める裕福な家の長男でした。「論語」などを

 熱心に学び、何か物思いにふけるようなせいかくだったようです。

◆挫折
 18歳の時、なぜか家を継ぐのをやめて地元の曹洞宗の寺に入りました。名主
 としていざこざを解決する自信がなかったのか、貧しい人が苦しみ続ける現実
 に深く悩んだのか、理由は分かりません。ただ大きな挫折を感じていた筈です。
 そこへ円通寺の国仙和尚が訪れました。22歳の良寛はこの人に従って故郷を
 離れ、その寺で経典の勉強や読経、座禅に励みました。そして仏教界での地位
 も求めず、孤独な修行を続け、清貧を貫こうと思い至るのでした。

◆自然
 国仙和尚の死後、34歳で旅に出ました。39歳で故郷に帰っても家を定めず、47
 歳ごろようやく定住した五合庵(新潟県燕市)は、雪一色となる山の中でした。
 ここでさらに十数年、黙々と修行しながら詩歌を綴りました。それらは世間の価値
 観に縛られない無垢の境地にありました。厳しくも美しい自然と向き合い続けた結
 果かも知れません。

◆愛語
 このころ、周りには助けてくれるひとや語り合う友人が、次々と現れました。温かな
 人柄を慕ってのことでしょう。
 良寛は曹洞宗を開いた道元による「愛語」という文を大事にしていました。
 このような意味です。「どんな人にも優しい言葉をかけ続けることは、世の中を大き
 く変えるほどの力がある」 里に下りた良寛は晩年、貞心尼という若い女性の僧と心
 の交流をしました。その人のそばで穏やかに息を引き取ったということです。



良寛が修業した倉敷市玉島地区や、故郷の新潟県出雲崎町では、顕彰活動が盛ん

です。円通寺の仁保哲明住職は「良寛さんは一生懸命修行したからこそ、悩みや苦

しみを乗り越えて、人の痛みが分かる優しい人になれ、今もみんなに親しまれている

のです」と話します。

円通寺では毎年11月3日に「
良寛まつり」や春には「良寛茶会」が開かれます。境内

や周辺には、修行の様子を綴った漢詩や、さまざまな和歌の碑が建っています。

「聖良寛文学賞」では、優れた文学活動をした人を讃えています。

出雲崎町の良寛記念館には、良寛の書や良寛をテーマとした芸術作品が展示されて

いるそうです。生家跡には、お堂が建ち、母の生まれた佐渡島に向かう坐像があるそ

うです。

 良寛は子どもと遊ぶのが好きでした。何時も手毬を持ち歩き、子どもたちが集ま
 ってくると、一緒に毬つきをしていたそうです。その時の楽しい気持ちを短歌に詠
 んでいます。
 また、かくれんぼに夢中になり、日が暮れて子どもたちが帰ったあとも、ずっと隠
 れていたと言われていました。
 こんな話も伝わって居ます。「良寛は書の達人だ」と評判になり、何か書いてくれ
 と頼む大人が多くて困って居ました。そlれでも子供が紙を持って来て「凧にする
 ので字を書いて下さい」と頼むと、喜んで筆をとり「天上大風」と書いたそうです。

 こんな良寛さんのように、子どもたちやみんなに好かれる生き方したいですネ。  

いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

フランスの建築家、ル・コルビュジェの作品が世界遺産に決まったのは

5月(http://ameblo.jp/new8-1915/entry-12161872597.htmlで紹介)でしたが

そのル・コルビュジェに師事した建築家が前川國男(1905~86)氏です。

戦後の日本の建築界を牽引した人物ですが、氏が手掛けた建築物がある

岡山県など全国8自治体でつくる「近代建築ツーリズムネットワーク」(事務

局・青森県弘前市)が18日発足しました。共通パンフレットなどを作って”前

川建築”を観光資源としてPRし、国内外からの誘客に役立てるものです。
    (11月19日付の【山陽新聞】からの紹介で、画像もお借りしました)



前川氏が実際に正式に世界遺産に決定したのは7月ですが、この決定を受

けて、前川建築への関心も高まったのが発足のきっかけです。初期から晩

年までの作品が残る弘前市が、他の自治体に呼び掛けました。




岡山県内の前川建築は先ず岡山県庁舎(市内北区・以下の建築物も同じ)



のほか県天神山文化プラザと

 


林原美術館の3施設があります。



ネットワークの参加自治体は弘前市や岡山県のほか、東京都、埼玉、神奈

川、熊本の各県と、新潟・福岡の両市の8団体です。官公庁の本年度「テー

マ別観光による地方誘客事業」に選定され、700万円の助成を受けて、今後

自治体ごとに前川建築の建設年、構造、面積などについての基礎調査や、

県民らを対象にした認知度アンケートを行い、共通パンフレットなどを作製し

ます。建築物を巡るモニターツアーの実施やボランティアガイド育成も予定し

ています。



前川氏は新潟市生まれで、代表作には弘前市の木村産業研究所(1932年

国登録有形文化財)や東京都の東京文化会館(61年、日本建築学会賞)な

どがあります。前川氏の事務所からは世界的な建築家・丹下健三氏らが育っ

ています。

岡山県建築指導課は「これを機に前川建築の観光資源としての魅力や価値

をさらに掘り下げ、他の自治体とも連携しながら、県内への誘客につなげた

い」としています。




もう1件文化審議会の登録有形文化財関連です。

国の文化審議会は18日、日本三大奇祭の一つ西大寺会陽の舞台となる西

大寺観音院(岡山市西大寺中)で裸衆が安全を祈って参拝する「西大寺牛玉

所殿」を登録有形文化財にするよう松野文部科学大臣に答申しました。
(こちらも11月19日の【山陽新聞】からのご紹介です)



答申は本殿・釣殿・拝殿(241平方㍍)と奥殿(9.2平方㍍)の2件です。本殿・

釣殿・拝殿は、現在の岡山市東区宿毛を拠点に江戸後期から活躍していた大

工集団「邑久大工」が手掛けた大規模な複合社殿で、1880(明治13)年に建

立されました。本殿の屋根を支える「垂木」が扇状になっている全国唯一の例

とみられ、価値があるとされました。



本殿の奥に独立して立つ奥殿は1869(明治2)年の完成です。小規模ですが

三方に縁が配置されるなど丁寧に作られています。今年3月、西大寺会陽が国

の重要無形民俗文化財に指定されたばかりです。坪井住職は「喜びの気持ち

とともに、守っていこうとの思いを新たにしています。建造物も会陽も大切に次

代に継ぎ、地域の祈りを伝えていきたい」としています。

登録されれば、県内の登録有形文化財は83カ所、274件になります。
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。