岡山新選組の新八参上のブログ

新選組とはつながりの深い岡山の、永倉新八生家子孫のブログです。

NEW !
テーマ:

19日午前5時ごろ、岡山県総社市種井のJR伯備線備中広瀬―美袋間


で、備中高梁発倉敷行の始発列車の男性運転士が異音に気付き非常ブ


レーキをかけました。JR西日本岡山支社の社員が確認すると、レールの


ゆがみと枕木の損傷が見つかりました。線路の下を並行する国土180号


線の路側帯に直径約2㍍、重さ約10㌧(推定)の岩が落ちていました(下


の画像です)



同支社などによると、線路の約300メートル上の山の斜面に、岩が割れ


た後が残っており、亀裂が広がり崩落した可能性があります。複線なの


で4本のレールのうち、山側の1本に当たり、弾みで道路に落ちたと見


られます。列車の乗客5人にけがは無く、国道を通行中の車両への被


害も確認されていません。


伯備線はレールの取り換え作業などのため、豪渓―備中高梁間で午後


2時半ごろまで約9時間半、運転を見合わせました。同区間や岡山―新


見間でバス計50便を運行し、約2千人を代行輸送しました。(下の画像


です)代行バスで合計に到着した会社員の男性は「仕事で総社まで行


かなければならないが、約束の時間に間に合いそうにない。ただ、列車


に乗っているときに落石があったらと思うと怖いです」と話していました。



損傷個所を通過して停車していた始発列車が1時間40分遅れたほか、上


下46本が運休・部分運休、5本が最大15分遅れ、約1万人に影響しまし


た。



国土交通省岡山国道事務所は現場付近の約12㌔区間を午前11時45分


から5時間通行止めにし、岩の撤去作業と斜面の安全点検をしました。

    (今日の記事は20日付の【山陽新聞】からで画像もお借りしました)



今を去る40年前後前には、山地崩壊とかの、今でいうコンサルタント的な


全国的に知られる諸先輩と役所に対してもアドバイスした時代がありまし


た。山の上の方の目視にしても、双眼鏡でという時代でしたが、多分今な


らドローン出動だったのでしょうネ。いわゆる「浮石」の除去は基本的なこ


となんて言っていた時代を思い出してしまいました。ただ結構大きい浮石


も有るので、実際には安全確保も大変なのですけどネ。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

いよいよ今日は津山市で初めての「B'z凱旋ツアー」当日です。


きっと町を挙げて凄い賑わいになっているのでしょうネ。


という当日ですが、当方は日本遺産に関連しての倉敷市の取り組みと、


笠岡市と小豆島町が連携して日本遺産の申請準備中という話題です。

          (この話は6月28日の【山陽新聞】からのご紹介です)




先ずは倉敷市からです。市の繊維産業に関する施設などを構成文化財


とするストーリーが文化庁の「日本遺産」に指定されたのを受けて、倉敷


市などは6月27日、日本遺産推進協議会を設立し、市役所で初会合を


開きました。同市の繊維産業の歴史をまとめた学習漫画の作成などに


取り組むとした2017年度事業計画を了承しました。


協議会は識者や観光、商工関係者ら14人で構成されています。会長を


務める伊東香織市長は挨拶で「市の歴史や文化を全国、世界に知って


もらい、倉敷を訪問してもらえるように頑張りたい」と述べました。



事務局の倉敷市は17年度事業計画として、繊維産業に関するストーリー


をまとめた小学生向け学習漫画の作成▼構成文化財を紹介するスマート


フォン用アプリの開発▼日本遺産の認知度や関心度を調査した上で、構


成文化財を巡るモデルコースの創出―など8件を提示しました。これに対


しては異論はありませんでした。倉敷市は塩分に強い綿などを干拓地で


栽培したことで繊維産業が興り、美観地区などの歴史的景観や経済発展


の礎になったとのストーリーをまとめ、日本遺産に4月に認定されました。




一方笠岡市と香川県小豆島町は27日、「瀬戸内の石の文化」をキーワー


ドに連携して笠岡諸島や小豆島を文化庁の「日本遺産」に共同申請する


方針を申し合わせました。今後両市町で協議の場を設けるほか、銘石を


産出している瀬戸内の他の島々にも参加を呼び掛けて行く方針です。




岡諸島の一つ、北木島は靖国神社(東京)の大鳥居などに用いられた


北木石の産地です。小豆島は大阪城再築の際、石垣用の石を多数切り


出し、良質石材の伝統的産地として知られています。


この日小豆島町の塩田幸雄町長ら5人が北木島を訪問しました。笠岡市


の小林嘉文市長、笠岡商工会議所の鳴本哲矢会頭らの案内で、丁場(採


石場)を見下ろす展望台や、石工用具などを展示している北木石記念室


などを見て回りました。塩田町長は「丁場の景観はダイナミックで素晴らし


く、北木石が日本の歴史的建造物を支えていることも分かりました。とも


手を携えることで日本遺産認定を実現できると思います」と話していまし


た。笠岡市と笠岡商工会議所は笠岡諸島の日本遺産認定に向けて2016


年から市単独、もしくは複数自治体による申請の検討を進めてきました。


小林市長は「両島には共通点が多いです。一緒になって魅力的な歴史、文


化ストーリーを構築し、海外からの誘客にもつなげていきたい」と語りました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



デビュー以来28年振りにボーカルの稲葉浩志さんの地元津山で開催さ


れる「凱旋ライブ」を明日に控え、津山は「B'z一色」といった様相です。ライ


ブ会場の津山市文化センター(津山市山下・収容人員1054席)やJR津


山駅前などには、ファンの来訪を歓迎する看板や横断幕、ノボリが登場


しています。



稲葉さんの関連グッズをそろえた特設コーナーもあり、街は「B'z一色」で


す。津山市を全国にPRするチャンスとも捉え、官民一体で受け入れ準備


が進んでいます。

      (このリポートは16日の【山陽新聞】から画像もお借りしました)



津山駅前では、B’zの2人の特大パネルが観光客を出迎えます。稲葉さ


んにちなみ「祝凱旋」「津山市市民栄誉賞受賞者」などと書かれたノボリ


が、会場の津山文化センター付近までずらりと並び、歓迎ムードを盛り


上げています。市中心部の商店街には同様の文字を記した横断幕(縦


0.7㍍、横5.2㍍)が3か所に掲げられました。いずれも今月に入り市


や市観光協会、津山商工会議所などでつくる「おもてなしプロジェクト」が


設置しました。


商店街の一つ、津山銀天街では6月から、アーケード内のBGMにB'zのヒ


ット曲を流す一方、休憩場所「コミュニティスペース」では過去のライブ会


場で発売されたTシャツとポスターを計10点ほど展示しています。ポスタ


ーは銀天街だけでなく、隣接する元商店街の店先にも貼られています。


元魚町商店街にあるスーパーマルイ本店は15日、店内の特設会場で、


稲葉さんが津山高の軟式テニス部時代に使ったラケット、B'zが世界的な


ロックバンド「エアロスミス」と共演したコンサートの入場パスなど約30点


を展示するイベントを開きました。ライブ当日の22日にも予定しています。



両商店街の店主たちは「『B'z』津山公演を盛り上げる会」を立ち上げ、次回


のライブ開催を要望する署名活動も始めました。中心になって活動する津


山銀天街代表理事の出口剛三さんは「B'zといえば津山と言うイメージが全


国に広がって欲しいです。訪れるファンに感動を与えられるよう、精一杯も


てなしたい」と話しています。



稲葉さんの実家(津山市川崎)周辺でも準備が進んでいます。以前から店


先にB'zの大型看板を掲げるブックセンターコスモ津山店は、5月に店内に


B'zのコーナーを開設しました。新曲のシングルや過去のライブと言ったCD


やDVD約30枚のほか、稲葉さんの直筆サイン入りのポスターを展示してい


ます。


実家の「イナバ化粧品店」は、店内にライブグッズや稲葉さんの写真がずら


りと並び、言わずと知れたファンの聖地です。津山ライブの決定以降、来店


者が増え続けていると言い、21~23日には店の近くに臨時駐車場を設け


る予定です。母の邦子さんは「公演をきっかけに、津山にまた来たいと思っ


てくれる人が増えればうれしい」と語りました。



実は16日に68年振りに奇跡の再会をした土光さんですが、浩志ママ、土光


さんと私は同級生ですので、友人の話などで浩志ママの話題も出て来ました。


本音で言えば人気があるのは嬉しいけど、沢山の訪問を受けるのも大変だろ


うし、疲れも出始めて?なんて言う話も出て来ました。そんな心配(大きなお世


話ですが)も感じたので声を聴いてみました。主人に昨年だったか先立たれて


いるのも有り「ファンの方の対応も一人で全部って言うのも大変だけど、私が


やるしかないものネ。疲れるし忙しいけど嬉しい」と息子の活躍を喜ぶ母の


感想でしたヨ。私の新見時代に、母親にくっついて彼から云えば大叔父宅に


来ていて、「くらや」菓子舗のお兄ちゃんに泣かされては、母親のスカートで


涙を拭いていたあの幼子(2・3歳位?)も、今や世界のB'zのボーカルで誰一


人知らないものが居ない超ビッグスターだなんて、本当に月日の経つのは早


いものだと今昔の感一入です。まあ、30歳位まで私が仕事をしていたのがそ


の大叔父宅の店先に事務所を置いて居た殻こそ知っている幼い頃の稲葉浩


志君のエピソードです。


 世紀の凱旋ライブの御盛会をと願って居ます。もう28年に成るのですネ。

 CDも無い時代の同窓会に息子のカセットのデモテープを持参して、息子

 がこんなことやるっていうけどどうしたらよいかな?と聞かれて、このハイ

 トーンのヴォーカルは声質も特異だから1年くらいでもやらせてみたらと言

 ってから、わずか1年で人気デュオのチャゲアスに追いつきましたが、今

 や世界のB'zです。地元でのライブの成功を祈らずにはいられませんネ。







AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

梅雨明けの噂もチラホラし始めていますが、未だチョット間があるのか


ナなんて言う感じの岡山地方です。


久し振りに我が家の門を入った所にある小さなボケの木にも花が咲い


て来ています。未だ、多少68年振りの友人との出会いが残っています


が、ちょっと雰囲気を変えて見ましょうネ。




下の画像は国宝松本城ですが、長野県松本市は11日までに、国宝・


松本城の天守5棟のうち乾小天守について15日から公開を中止する


ことを決め、10日の市議会で明らかにしました。

 (このニュースは12日の【山陽新聞】からで画像もお借りしています)

 



松本市によると2019年度以降の着工を目指す耐震工事が終了する


まで、観覧順路を変更します。他の天守4棟についても、強度不足が


指摘されており、8月から避難誘導のための警備員を配置します。(画


像右端にあるのが乾小天守です。)





松本城は築城から400年以上が経過しているとされ、1950~55年


には大規模な改修工事が行われました。2016年度には約99万人が


訪れています。



もう1件、次は岡山藩郡代・津田永忠が放水路として1686年に造った


とされる施設の復元整備が完工しました。

        (このニュースは7月7日の【山陽新聞】からのご紹介です)




国土交通省岡山河川事務所が、洪水対策のために行っている旭川と百


間川の分流部の改修工事で、江戸時代に設けられた石積みの堰「二ノ


荒手」の復元整備が完了しました。今秋にはすぐ北にある「一の荒手」の


改修にも取り掛かり、2019年夏までに本来の治水機能を回復させます。




百間川は旭川の氾濫を防ぐため、放水路として1686年に造ったとされ


ています。分流部に一の荒手、その約1㌔下流には二の荒手があり、旭


川の水量が一定量を超えると、一の荒手を越えて百間川にも水が流れる


仕組みとなっています。


二の荒手は長さが百間(約180㍍)で、川の名前の由来にもなっています。


一の荒手を越えてきた土砂を食い止めるほか、水の勢いを緩和して反乱


を抑える役目があります。老朽化で石積みが崩れる恐れがあったことから、


改修工事では撤去する案も出ましたが、遺構として保存を求める声が多く、


昨年10月から補修しました。(下の画像が完成の様子です)





崩れやすくなった部分を一旦解体してコンクリートで補強するなどして復元


しました。今年10月には一の荒手(長さ約180㍍)の保全整備にも着手し


ます。上部に堆積した土砂を取り除くとともに、もろくなった石積み部分を補


強します。現在は土砂の堆積で堰が高くなったため、雨量が増えても百間


川に水が流れにくく、旭川が増水して氾濫するリスクが増しています。この


ため工事では土砂を除去して本来の分水機能を取り戻し、大雨で分流地


点の水量が毎秒6千㌧となった場合でも旭川に4千㌧、百間川に2千㌧の


適正比率で流れるようにします。



分流部の改修工事は14年10月にスタートしました。旭川と百間川を仕切


る堤防の補強・かさ上げが進み、二の荒手が完成したことで工事全体の4


割が完成したことになります。総事業費は約50億円を見込んでいます。


岡山河川事務所は「先人たちが300年以上前に考案した遺構を守りつつ、


治水機能を確保する事業です。岡山が誇る治水施設として再整備したい」


としています。


 今回の改修で堆積している土砂などがもしそのまま流れていたら、川を

 浅くして洪水被害を及ぼす可能性もあると言えるのです。若い頃山地崩

 壊対策や河川降水対策などに携わっていましたので分かるのですが、こ

 のまま放置して洪水にでもなったら、天災では無く人災と言われ兼ねない

 部分もあるので、今回の復元整備って大事な工事でしたしょうネ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

突然に唐突ですが、皆様は弘瀬金蔵ってご存知でしょうか?実は文化9


(1812)~明治9(1876)年に活躍した浮世絵師なのです。


なぜこんな話から始まったかですが、小学校時代の同級生って日本画家


さんなのです。その彼女が岡山に立ち寄ったのは、この絵金に関連して


昭和52年(1977)から町興しの意味などから始まった「絵金祭り」(毎年


7月の第3土日開催)の絵を見たかったので高知に行っていたのだそうで


す。どうも前乗りしていったら早目に納得する位見終わったのか、土曜日の


夕刻に「岡山に入れるのが16日に成ったけどどうしよう?」とのことでした。




「長倉さんはネットも出来るのだったら一度見てみたら?」ということで岡山


到着後30分位で検索を勧められた絵金を覗いてみました。画像を1・2上


げて見ますとこんな感じです。





それにしても80歳で一人で「見たい絵があるからチョット高知まで行ってく


る」っ東京からはるばる高知まで来ちゃうってアグレッシブですよネ。




まあ、高知入りは空路だったようですが、岡山に寄るからと帰路は新幹線


にしたそうですが、そんな彼女の第1声が「いきなり電車に飛び乗ったら昼


の食事も出来ていなくて、もうお腹ぺっこぺこ!」といううことでした。時間


は既に13時45分を廻っていたのですけどネ。乗る前に弁当って思わな


かったのでしょうかネ。そんな部分が彼女にあったのもちょっとした驚きで


した。(笑)



ただ、車で行きやすいと言えばどうしてもファミレスっぽい場所になりますが、


そんなファミレスにLet's Go!でした。当方は昼食後ですが、エアコンの効い


たファミレスで冷たい飲み物で雑談と言う展開でした。



食事をしながらの(私はドリンクですが)思い出話や同級生のこと、亡くなっ


た友人のことなど話しは尽きませんが、岡山の思い出になればと思い考え


ていたのは「土光俊夫先生記念苑」という「土光のおじ様」を偲ぶにはもって


こいの公園でした。市の中心部で駐車場は無いものの、周りには数カ所の


コインパーキングもあるのです。一番下の画像でバックに幅1㍍位の石垣


が映っているのですが、銘板の埋め込まれた石垣の横で記念撮影です。



苑の中央には大きな台座の上にモニュメントがあり、「土光さんの言葉」「略


歴」「顔のレリーフ」「生活信条」などがあって、苑全体は立木が多くしっとりと


落ち着いた雰囲気に「おじさまもこんな素敵な場所を作って頂いて、岡山の


方に大事に思われて いたんですね」なんていうちょっとしんみりした感想も


漏らしていました。


苑内には大きな石の丸いテーブルと椅子があり、その雰囲気で写真をと思

 


 

 

いましたが三脚が荷物になると思い延ばしても40㌢足らずのミニ版を持参

 


 

 

していましたので、誰か通らないかと2人で言って居たら、ウォーキング中の

 


 

 

女性発見と声を掛けました。

 


 







お願いしてシャッターを押して頂いた女性に彼女、土光さんが御礼に次い


ですかさず「私は土光敏夫の姪なんです。今は東京にいるので、今日は


70年近く振りに小学校の同級生にこちらに連れて来ていただいたので


すが、とても素敵な場所ですネ。毎日こちらを歩いていらっしゃるの?」な


んてお話ししたり・・・まあ、こんな話掛けにはほ全員が驚きますよネ。


シャッターを押して下さった彼女もそうでした。(笑)




彼女の向こうを張るのではありませんが、私だって板橋や日野、京都など


で「よく来て下さって有り難う。どっから来たの?」でチョット相手を不審が


らせておいて「ああ、ゴメンナサイ。私は永倉新八の生家の…」っていうく


だりに成るのですが大概一瞬ポカ~~ン、という感じです。もっともブロガ


ーさんも多いようですから「プロフィールの似顔にそっくりですネ」っていき


なりと言う方もいらっしゃいますけどネ。話を元に戻しましょう。(^_^;)

 


 


そうこうするうち岡山到着から既に4時間半を経過し、「今日は恵比寿に


帰る予定」という彼女の「岡山駅発から4時間で家に到着」という彼女を


18時過ぎ目途で駅までお送りしました。


でも、幼馴染って良いものですよネ。戸惑いがあったのは最初の10~


15分。もうあとは丸坊主とおかっぱ頭の時代に一気に68年前にタイム


スリップできました。


 「こんな再開のきっかけを作ってくれた、白河の安司さんには足を向

 けては寝られないよネ!」これがこの日の2人の感想でした。

 やっぱり私の好きな一言「一期一会」って素敵な言葉を実感しました。

 








 

いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:

昨日は68年振りのご対面が出来たのか?もし今日に持ち越していた


ら、時間によってはブログ更新が出来ないのかも?なんて言う思いも


ありましたので、一応未来記事で更新ししています。下の地図の画像


は私的には県外とは言え県境を越してすぐの福山市鞆の浦です。

         (11日付の【山陽新聞】から重伝建計画のその後です)





歴史的建造物が多く残る福山市鞆町の国の重要伝統的建造物群保存


地区(重伝建)選定に向け、福山市の有識者らでつくる保存審議会は10


日、維持・復元対象の建造物や改修への助成基準などを盛り込んだ「保


存計画」案を市教育委員会に答申しました。計画は重伝建選定の要件で


す。市教委は7月中に計画をまとめ、文化庁と申請について早期に協議


に入りたい考えです。





計画案では、江戸中期の旧商家「太田家住宅」(国重要文化財)などを


含む市伝統的建造物群保存地区約8.6㌶が対象です。維持・復元対


象として、江戸期からおおむね昭和30年代にかけての家や土蔵など


建築物約280棟と、鞆町のシンボル・常夜灯など石造物約80件を指


定したい考えです。建築物では約600棟の半数近くが対象になるとい


われます。修理や管理に関する住民の相談窓口「町並み保存センター


(仮称)」を設けるほか、防災計画を早期に策定することも盛り込んでい


ます。


また私ども幕末ファンにとっては、坂本龍馬の率いるいろは丸と紀州藩


の船の衝突で、賠償交渉をした地と言うことでも知られており、龍馬が隠


れ家にしていた隠し部屋も残って居たりします。




重伝建は、国が特に歴史的価値が高いと判断した町並みなどを保護す


る制度で、選定されると保存事業に国の補助を受けられます。



保存審議会会長の鎌田輝男福山大名誉教授は「歴史の魅力あふれる


地区であり、重伝建の選定実現に大いに期待したい」と話していました。


市教育委員会は15年前にも保存計画策定を進めていましたが、重伝


建選定と一体的に進めていた鞆港の埋め立て・架橋計画を巡る地元で


の議論がネックとなり、棚上げとなっていました。昨年2月に県が計画を


撤回したことを受け、重伝建選定にむけた活動を再開しました。全国で


は(2月23日現在)114地区が選定されています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日か明日にはこの前チョット触れました、小学校時代の同級生と68


年振りの再会がある予定ですが、土光さんの用事が高知で終わったら


連絡しますネ、と言うことで連絡を待っているところです。「私はメールな


ど出来ないのでよろしくお願いします」とのことで、ブログも見ないでしょ


うからばらしちゃいました。



ということで、彼女から連絡の来ない間に(笑)今日の記事です。


高松市出身の文豪・菊池寛(1888~1948)が昭和初期に新聞連載し


後、存在が埋もれていた小説「妖妻記」の直筆原稿が見つかったと、


高松市が発表しました。

 (このニュースは14日付け【山陽新聞】から画像もお借りしています)





「真珠婦人」など大衆小説で人気を集めた菊池が手掛けた中では、極


めて珍しい奇談物です。新分野の開拓を意識した実験的作品に位置


付けられ、菊池文学の変遷をたどる上で貴重な作品といわれます。


1931年に「夕刊大阪新聞」(現産経新聞)で全18回発表した、400字


詰め原稿用紙64枚分です。温泉街で出会った古老の少年期の体験を


聞き書きしたとの設定です。猟師の父に嫁いだ継母と生活する中で、兄


と妹が獣に食い殺されますが、その犯人は継母に化けたオオカミだった


―などと話しを運んでいます。




当初の題「妖妻奇談」と記された原稿は、伸びやかな筆致が目を引き、


推敲の跡も随所に残っています。日本画家・金森観陽の挿絵(上の画


像)17枚が作品に緊張感を与えています。



菊池の全集に未収録の妖妻記を、東京の書店の古書目録で見つけた


高松市が、筆跡を基に真贋を見極めた上で2011年に購入しました。


日本文学の研究者に調査を依頼し、日本新聞博物館(横浜市)で第12


回掲載の紙面を確認しました。


菊池寛研究に取り組む片山宏行・青山学院教授(日本文学)は「『真珠


婦人』で成功した菊池は、新機軸を打ち立てるべく妖妻記に取り組んだ


のでしょう」と分析した上で「奇談物は作家泉鏡花の独壇場で、人間に


関心を抱く菊池の創作傾向とかけ離れていることもあり、その後作品が


生まれなかったのではないか」と見ています。直筆原稿と挿画は高松市


昭和町の菊池寛記念館で去る14日から10月22日(日)まで公開されま


す。問い合わせ先は同記念館(Tel087-861-4502)まで

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は先月25日の「玉島ミニツアー」以来3週間ぶりの「岡山新選


組定例会&勉強会」が、岡山県立図書館サークル活動室で開かれ、


そのあと18時からは場所を駅近くに移して暑気払いの「懇親会が予


定されています。例年なら京都・壬生寺さんの「新選組隊士等慰霊


供養祭」に参加なのですが、私の活動の軸足は岡山なので、涙を


呑んで(笑)上洛中止です。




岡山駅1階には「つどいの広場」があり、1972年山陽新幹線が岡山


まで開通した際に、地元の「山陽放送」さんが岡本太郎氏の壁画「躍


進」を寄贈され、以来35年旅行客や地元の皆さまに親しまれてずっと


公開されていました。 (下の画像[部分]です)しかし、経年劣化などの


諸事情も有ったようで10年ほど前に一時姿を消していましたが15~


16年代に再公開され「つどいの広場」で見られるようになっています。



そのJR岡山駅1階の「つどいの広場」がリニューアルされ、15日から


新たな観光スポット”TARO's SQUARE"としてオープンしました。


故岡本太郎氏の陶板レリーフ作品と、桃太郎像が並ぶアートスペース、


桃太郎にちなんだ創作メニューを楽しめるカフェテラスの二つの顔を持


ち、観光客らを”TARO"ずくめで出迎えます。上の画像は16年11月に


不肖が撮影したものです。

 (このニュースは7月14日の【山陽新聞】から画像もお借りしています)




床面積約90平方㍍で、JR西日本岡山支社グループが約1年間の期間


限定で運営します。新幹線岡山駅開業を機に設置された陶板レリーフの


「躍進」(縦3.85㍍、横8.2㍍)の脇に、駅東口の桃太郎像と同型の像


(縦1.7㍍)を配し、テーブルと20席分の椅子も置きました。


カフェメニューは、童話・桃太郎の登場人物をデザインした6種類のラテ


をはじめ、鬼が島をかたどったショコラデザート、桃を模した綿あめに包


まれたかき氷など、写真映えして会員制交流サイト(SNS)での投稿にも


適した10品を用意しました。コースターやランチョンマットにも桃太郎の


図柄を取り入れています。


13日には報道関係者向け内覧会を開催しました。JR西日本岡山支社は


「岡山の魅力を詰め込んだアートとカフェを詰め込んだ新スポットです。


多くの人に満喫して欲しい」としています。



利用時間は午前7時から午後9時です。カフェが営業する午前11時~午


後5時以外は、アートスペースとして自由に出入りできます。


問い合わせはジェイアールサービスネット岡山(☎086-221-1604)まで









 

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

今日は「岡山新選組」の定例会、学習会のあと夕刻から暑気払いの懇


親会の予定が入っていました。


そんな昨日の夕刻に、突然携帯に着信が!メモリーに入っていない番号


です。出てみたらなんと奇跡の再会を楽しみにしている土光さんからでし


た。まあ、私がオッチョコチョイで、彼女の住所や電話をメモリーに登録し


たのですが、携帯番号を間違えて入れていただけなんですけどネ。(^_^;)



それによると、予定が1日早く終わったようで、岡山入りが16日に前倒し


になったそうでした。私の軸足は岡山新選組なんて大きなことを言ったの


ですが、奇跡の再会と天秤に掛けたら、そりゃあ奇跡の再会の方が勝っ


ちゃいますよネ。急遽時間は未定ですが先ず懇親会は無理でしょうから、


幹事さんに急いで連絡して懇親会は欠席の連絡だけ致しました。


まあ、定例会と勉強会は出られたら出席と言うことで決着しました。



土光さんとは取り敢えず市内中心部にある「土光俊夫先生記念苑」にと尋


ねたら速攻「行きたいわ」ということなので、駅で落ち合ってその足で記念


苑に行き、後は成り行きと言うことになりそうです。彼女は「司馬会」メンバ


ーさんのようなので、「週刊司馬遼太郎」で以前取材を受けたものが、週


刊朝日や単行本で出たものがあるので、一応それも進呈するようにコピ


ーも完了しました。あとは高知を出発するときに電話が入るので、それを待


って待望の「奇跡のデート」(笑)待ちになりました。「新八タクシー」出動です!


 

 ただ、ブログ記事の方は、既に未来記事で投稿済みなので、そのま

 ま生かさせて頂くことに致しますので、なにとぞご了承のほど、よろし

 くお願い致しますネ。(^_^;) それでは朝までしばしお別れです。再見!

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

土曜日がお休みの方は、今日から3連休ですが、このところ全国的に天


候不順の場所も多いようで、空を見ながら思案中と言う方もあるかも知れ


ませんネ。



九州北部を襲った記録的な豪雨は「線状降水帶」と呼ばれる気象現象が


原因だといわれています。狭い範囲で幾つもの積乱雲が連なり、激しい


雨を降らせます。気圧配置などの条件が揃えば、たとえば岡山県内でも


発生する恐れがあるといわれます。専門家は、災害から身を守るため、日


頃から気象情報に関心を持つなど防災意識を高める必要を訴えています。

        (この記事は9日付の【山陽新聞】からで画像もお借りしました)






先ずは線状降雨帶が発生する仕組みのイメージです。


線状降雨帶が広く知られるようになったのは、2014年8月に広島市で起


きた豪雨災害です。大規模な土石流が発生し、77人もの犠牲者が出たこ


とから、その原因としてクローズアップされました。12年の九州北部豪雨


や、15年の関東・東北豪雨などの災害を招いたことでも知られています。



その特徴は、特定の範囲に長時間にわたって猛烈な雨をもたらす事です。


発生のメカニズムも分かって来ており、ほぼ同じ場所で積乱雲が連続して


発生することに起因します。積乱雲が風で流された後、そこに新たな積乱


雲ができ、だんだん帯状の固まりになっていきます。同じ場所に停滞するこ


とで、より長い時間、大雨を降らせるのです。


岡山地方気象台に寄りますと、県内ではこれまで災害につながるような線


状降水帶の発生記録はありませんが、県内のどこで起こっても不思議では


ないとしています。楠田和博観測予報管理官は風向きや気圧配置、地形な


どを発生のポイントに挙げ「紀伊水道から暖かく湿った空気が入り込めば、


発生の可能性はある」と話しています。



一方、積乱雲がもたらす「ゲリラ豪雨」と呼ばれる短時間の大雨は、県内で


も増えています。その要因とされるのは地球温暖化です。岡山大大学院の


加藤内蔵進教授(気象学)は「積乱雲が発生する条件は高温多湿です。空


気中の水蒸気が増えれば、積乱雲は発生しやすくなる」とし、積乱雲が多


発する線状降水帶の出現しやすい環境になりつつあるとみています。



豪雨の被害から逃れるために、どのように備えるべきなのでしょうか。


岡山地方気象台は、気象情報の活用を呼び掛けています。注意報、警報、


特別警報の順に危険度は高まります。大雨警報発表中には、より警戒が求


められる「土砂災害警戒警報」や、「記録的短時間大雨情報」が出されること


も有ります。


急な空模様の変化にも注意が必要と言います。黒い雲や冷たい風、雷が聞


こえたら、積乱雲が発生する予兆の可能性があるからです。「天気予報で『激


しい雨』や『非常に激しい雨』と言う表現には敏感になる必要があります。情


報に気を配り、早めの非難を心掛けてほしい」と楠田観測予報管理官は話し


ます。


気象庁はホームページで、土砂災害や河川の氾濫の危険度をリアルタイム


で表示する地図を掲載するなど、さまざまな情報を公開しています。加藤教


授は「普段から天気予報をチェックしたり、レーダーを見たりと気象への関心


を持ち、情報を活用できる力を身に付けることが求められる」と提言します。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。