乾坤一擲

ラノベ、アニメ、エロゲなどのレビュー


テーマ:
\ぴん ぽん ぱん ぽーん/

この記事は多大なネタバレを致します。
未プレイの方、購入をご検討の方、フォロワー、グランドエンドをまだ見ていない方は自己責任で絶対にみないでください。
絶対だよ?絶対だから・・・




















































ぷぷぷwwwwwwwww絶対見るなと言われたら見たくなる法則だからこれwwwwww俺頭良すぎワロスwwwwwwwwwwwwwファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



悪ふざけも度が過ぎると殺意に変わる瞬間を見た(20代・男性)








評価:B+

$乾坤一擲

はじめに結論からいうと

「よくできたエロゲ」

面白いエロゲではないけど、よくできてはいます。

個別は微妙。トゥルーはそこそこ。

主人公とヒロインの関係の距離の縮め方の描写がうまくて、付き合うまでのいちゃいちゃなんかもすごくよかった。


【あらすじ】

星渡り同好会。それは、1年に1度、七夕の夜に星を渡りカルマルカにアクセスを試みる学園理事のお墨付きで生徒会直属の同好会組織。

そんな同好会に入会せざるを得なくなった主人公たちの物語。

カルマルカにアクセスすれば過去も未来も自由自在ということで自分たちのもつ不思議な力:魔可を消し去ろうと同好会に参加する。








【晴(しん)ルート】

摩可:暴食(そのまんま)

主人公というか男全般が苦手という見た目ビッチなのに処女性が素晴らしいキャラ。

この時点で愛しい(きんも...)

気遣いをしてくれる主人公を徐々に気にかけるようになってから仲良くなるまでの過程が最高でした。

どのルートも仲良くなるまでの過程を大事に描いているのだけど、このルートは晴の心理描写のギャップにやられました。


ルートとしてはありきたりな親と子の確執もの。まあつまんねえ。

それだけだったら僕は見向きもしなかっただろう(ごめん盛ったキャラデザ超好みです)

しかし、このヒロインは最大の矛をもっていたんだ・・・

それは















CV:車の人


恐らく晴ルートはこの一言に尽きるだろう。

車の人かわいい。車の人最高。こんな演技もハマる車の人最高。本当に可愛い車の人。むしろ車の人を攻略しているといっても過言ではない。
$乾坤一擲






【奈月ルート】

魔可:嫉妬(主人公が好き)

魔可の影響で主人公が好き。徐々に主人公を好きになっていくがそれも摩可のせいにする。

ここまではいいよ。許してやる(突然の上から目線にドン引き)

でもさあ・・・そうじゃねえだろ!

せっかく魔可が嫉妬なんだから!

主人公が他の女の子と話してるの見てヤキモチとか!

私以外の女子とは話すなとか!

離れているときにメールやたら送ってくるとか!

嫉妬絡めていくらでも可愛くできただろうが!!!!!!!

もうほとんど空気じゃねえか



シナリオ面でいえば

プラネタリウムの出し物をする→地域交流の一環で星の発表をする→天体観測でトラウマにより蓋をしていた星への勉強を再開する

という骨子が一番しっかりしていたわけだけどこのシナリオも王道っていうか手垢のベタベタついたシナリオやりやがって・・・

キャラとして好きになる要素が薄く、シナリオも並み
$乾坤一擲






【ニコル】

魔可:色欲(同性から異常に好かれる)

世界観を広げすぎて全体的に薄っぺらい

ニコルはやたらカルマルカにこだわっていて巨悪の匂いがしていたんですが、

とある発展途上国の王室皇女殿下という設定。

資源紛争による未来を改竄するためであり、「星渡り研究会」を利用していたのだと告白。

ここまではまあよかった。

突如として、反体制派によるニコル奪取テロが勃発し、主人公一同で立ち向かうことになる。

俺氏困惑。

また描写とかも希薄で、もうちょっと何とかならなかったのだろうか?

主人公が「憤怒」の魔可を利用して活躍するも根本的な問題解決には至らず。

間一髪のところで、ニコルの母国の警備隊が鎮圧に成功し、おいしいところをかっさらっていきます。

主人公の立場ぇ...

こうしてニコルは国へと戻り、姫様として戦い抜くことを決意するのでした。

エピローグでは「3年後に主人公くんが海洋資源開発の専門家としてニコルの母国に派遣されたよエンド」で大団円。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?

テーマとしては自分の秘密を隠したまま仲間と付き合うことの罪悪感や打算のない人間関係などない!みたいなことを伝えたかったんじゃないっすかね・・・うん。

正直シリアスシーンでくそ噴きました。

そういった意味では面白かったかと
$乾坤一擲





【暦(こよみ)ルート】

魔可:怠惰(所構わず寝てしまう)

正直文系の俺には最後までこいつの考え方が理解できなかったし、なにをいってるのかも理解できなかった。でもかわいいからおっけー☆

じゃないっすよね・・・はい。

このルートすごいよ・・・バカな僕にはちょっと難しかった。

問題の本質はどこにあるのか?あなたは理解できましたか?

テーマはアイデンティティの確立だと思う。

あなたは誰?あなたの存在理由は?

ラーメンを数学で解説する超絶理系のキチガイ:暦は孤児院出身であるため生まれながらにして誰にも存在を求められず、また存在する意味ももたない自分を理解できなかった。

だから暦は生徒会長などの社会的な価値観、他社からの評価を自分のものにすることで存在理由を証明してきた。

これは感情ではなく存在理由の証明のための公式のようなものであり、暦自身の感情とは無縁なものであった。

しかし暦は全く証明できない問題に直面する。

主人公との関係は一緒にいて「楽しい」である。

でもこの「楽しい」を理解できない暦

孤児院育ちなので自己の能力を相手に見せなければ生きてこられなかった。そこに自分の意志はなかった→無償の愛というもので自分の意志を主体的に語ることができるようになって解決!ってルート

気持ち悪いですね

ここまで書いてて自分でも意味わかんないわ・・・

なんだよこのksルート

こんな人間いねえよ

ルートのテーマ、ルートの盛り上がりともに最高の出来だった。

ルートやればなんとなくわかるから僕の記事につっこんだ奴スパブロな^^

暦かわいいじゃダメですか?
$乾坤一擲






夕姫羽(ゆきは)ルート】

魔可:強欲(意思とは無関係になんでも欲しくなってしまう)

テーマとしては自己同一性の拡散。

「自分が何者なのか、何をしたいのかわからない」

なんで生きているのだろう?

なんで生きなきゃならないんだろう?

そんなことは誰しも考えるし、答えなんてない。

こういう悲劇のヒロイン気取りのバカ女が俺は1番大嫌いなんだよ

モラトリアムに浸ってウジウジしやがって糞アマ

生きてるから生きてるだけだし、生きる意味なんてないって受け入れて

それから自分にとって何が1番大事なことかを見極めて、自分はこのために生きてるって胸張って死ねればそれでいいだろ死ね

(キモータすけさんの自分騙りまじカッケーwwwwwwwwwwwww)

生きる意味は人から与えてもらえないし、自分で見つけ出せってルート

あとな・・・

先輩とか喫茶店の店長とかにタメ口な主人公がこいつと付き合い始めて呼び捨てタメ口にして?っていわれたとき

「抵抗がありますね。」とかいってさん付け敬語だったのにはまじでガッカリした。

複数ライターだとこういうのあるからうぜーわ

その後も主人公キャラ崩壊しすぎだろ

まじで誰だこいつ?

このルートのライター絶許

$乾坤一擲





【グランドエンド】

過去も未来も書き換えられる刻の調べを抹消させよう。

過去の罪や酷い現実があるから未来を紡ぐことができる。

過去を受け入れるというはなし。

◇未来の目的

「カルマルカ」は物語世界では伝承として伝わってきた「刻の調べ」のこと。

これは「罪を犯した7人が、その過去を後悔し、未来を書き換えた伝説」から生じたものである。

島の神社は「刻の調べ」を発動させないように管理する役割を担っていた。

が、秘密は漏れ儀式は毎年行われ、ついには似而非宝具を使ったために事故まで起こってしまった。

そんな中、巫女であった未来は神社の管理体制に憤る。神社が「刻の調べ」そのものを抹消させないのは、自分たちがそれを管理するという選民思想にあると断じるの。

未来は「カルマルカ」を発動させた際に自分の魔可を暴走させて、儀式そのものを抹消させようと狙っていた。

最後は菜月の母が残した伝承によって、メンバー全員でカルマルカの終焉を願ったことにより、「刻の調べ」の抹消に成功する。
乾坤一擲

◇理事の目的

刻の調べに目をつけた理事は権力を手中に納め、本家を見返し、かつて振られた女を意中のものとするため画策する。

(小者かな?)

目的のため毎年旧暦と新暦の七夕には儀式を行い続け、7年前には大きな事故をも起こしていた。

その7年前の事故の関係者が主人公の従兄達と朝比奈晴の父親。

儀式の事故を隠蔽するため、業者の手抜き工事と見せかけて、朝比奈晴の父親に罪を被せた。

グランドエンドでは主人公と晴はフラグが立っていない無いため、過去を乗り越えることが出来ず、「カルマルカ」の使用に固執していた。

だが、この7年前の儀式の伏線回収が行われたため、父親を信じることができ、主人公たちは「カルマルカ」を抹消することに同意した。

乾坤一擲

最後は今まで伏せてあった主人公の過去と罪が明かされ・・・


乾坤一擲$乾坤一擲

今作はわかりやすくハッピーエンドだった点はすごくよかった。

個別ルートの出来は並みかそれ以下で正直ぶんなげようかと思ったけど、グランドエンドまでやったら意外とよかったのでまあまあかなーと思いました。

ここのメーカーだんだん質落ちてないか?大丈夫か?

七夕祭以後個別だとカルマルカ空気だし

失敗しても魔可は消えますとか「ちょwww儀式する意味ww」とか

あと神主てめえ留守すぎだろ仕事しろこのダボ

とか色々あったけどグランドエンドですべてまとめてくれた点はよかった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード