いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:
ドラスラは、かなり問題のあるゲーム。
キャラの追加が激しい。
育成が、マゾすぎる。

基本的に後から追加されたキャラが
強くなるため、終わりない育成地獄になる。

疲れてしまい引退するプレイヤーが多い。
 
しかし、このゲームは2つの点で
自分の価値観を変えた。
 
完全放置できるわけだが、ドラスラをプレイするまで
いわゆる完全放置に対して否定的だった。
 
やってみると、これはありではないかと
考えが変わった。
 
古いスマホ、Galaxy S5をドラスラ専用機にしてしまった。
こんなことを自分がするとは思わなかった。
 
友人もタブレットをドラスラ専用機に近い状態にしている。
 
こういうことは、これまでしたことがなかったし、
そんなのナンセンスだろって思っていたのだが
いざ、やってみると、放置して育成する現実がやってきた。

これはこれでけっこう面白かった。
次に、考えが変わったのが、
ドラスラは、キャラの最大保持数を増やすことができない。

多くのゲームは、課金すれば、増やすことができる。
しかも、キャラの最大保持数は、140体で
アップデートされるごとに増えてはいくが、
基本的に少ない。
 
放置しているとどんどん、取得キャラが増えていく。
それなのに、こんなに最大保持数が少ない。
どうしてこんな不便なことするんだと思う。
 
だから、多くのゲームで保持数は増やせるわけだが、
ドラスラは増やせない。

よって、やりくりする必要がある。
この不便さによって工夫すること。この割り切った仕様。
大事なことなんだなと思い始めている。
 
工夫することの面白さというのはある。
至れり尽くせりが必ずしも良いとは限らないが、
日本人は、そこをすぐ手本にしたがる。

だから、こういう割り切った作品を最初に生み出すことができない。
 
韓国やるじゃないかと思った。

でも、問題も多すぎてプレイヤーは減っている。
それでも、日本では、1日あたり9000人ぐらいはプレイしている。
個性が強い。
AD
コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
とうとうこの時が来た。
超越キャラの登場。
もうほとんど、
Galaxy S6は、完全にドラスラ専用端末になった。
これだけしかやっていない。

去年の11月からずっと続けてきて
今の状況は、
ドラゴンバスター オメガ +3
ドラゴンバスター イプシロン+7
ダークソウル アスク ULT
ダークソウル サシャ ULT
ギガンテス アトラス ULT
 
結論は、超越偉人は、ブラックヘブン一択ということだ。
ブラックヘブンという名前が好きだ。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年11月からずっと続けてプレイしているドラスラ。
もはや、ドラスラは趣味になっている。

全職種のキャラをつくり、いちいちクリムゾンの曲の名前を
キャラにつけている。fractureとか。
 
そして、今までの人生の中で、一番好きなゲームキャラが
この一撃のアトラスである。
 
 
もう、最高。
技の名前が
「私は怒っているんだ!」

これ、技の名前なのか。。。。。。
惚れた。
 
ワンパンマンのようにパンチ一発で宇宙まで吹き飛ばす。
美しいとしか言えない。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何とか第4幕に到達しようと
がんばるものの、第3幕の通常クリアまで。

 

ドラゴンバスターもダークソウルも未所持なので
肩身が狭い。

 

こんなに良くわからず調べまくったのは久しぶり。
こういうのは、好みが真っ二つに分かれると思う。

自分は好きなほう。

 

サシャ、アスク、オメガ、イオタぐらいは作れそうだが、
これを作るのにも果てしない苦行が待っている。

 

ひとまず、PTは、

覚醒カルルンMAX(さすがに購入)
聖騎士ティエル+4
覚醒ベルスノウ(未強化)
ブラックヘブン(未強化)

 

2017年までに第4幕にはたどりつかない。。。。。
地道にゆっくり進めよう。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パズドラではなく、
モンストでもなく、
ドラスラをやっていて
何それ?と思われている。

 

このマイナーな韓国産ゲームで
移動時間は使い果たしている。

ドラスラプレイヤーの中では、
シーズン4が話題なのだけど、
後追いであるが故に、
いまだシーズン2で苦労している。

 

無課金ではなくて
一応320円課金した。

何だか申し訳ないので。

 

ドラスラの良いところは、
戦略を考えなくちゃいけないことと
SSSランク4体とかで冒険に出ても
いとも簡単に全滅するところだ。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://event.withhive.com/dragonblaze/evt_179_pre?mode=1

2015年からあったらしいがスルーしていた。

 

評判を噂できいて、
ちょうどシーズン4が始まるので事前登録をして
特典をもらい、かつ今の新規ユーザ特典ももらうという
やり方で参加した。

お試しのつもりだったが、かなりはまってしまった。

 

今年知ったものの中では、一番好きかもしれない。

かなり戦略性も必要で、良く考えられている。

 

シーズン4が始まるが、ようやくシーズン1が終わったところなので
当分シーズン4には行けない。

 

右も左もわからない状況なので

http://inumaru-log.net/dragonblaze/

このサイトはかなり助かった。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


lastqualia
最後の想いで画像。


ブルー・ソネット
零花

南千秋

そらちゃん
長年パーティーを組んだ仲間と会えなかったのは残念だったが、
何とか60Fに登ることができた。
長かった。


8年間という膨大な時間がかかってしまった。
(途中のショートカットやかなりの棚ぼた状態だったというのは
便宜上省略したい。)


サブキャラでほかのギルドに参加したこともあったのだが、
途中名前変更は別としてもこのQualiaというギルドに
ずっと所属していた。


60Fにいっしょに登った仲間のキャラ名なども
サービスが終わった今となっては公開しても
文句もないだろう。


レベル上げは苦しかったが、
本当に灰プレイに近い形でのめりこんだのは
このゲームだけだったと思う。


それこそ、明け方4時とか5時までレベル上げしていたような
気がする。特に始まった当初なのだけど。


その後、MMOは乱立して、実際のところ1つを経験すると
他は似たような部分は多くて、斬新だとあまり感じなかった。


むしろ塔の謎を解くというところは斬新だったと思う。


終わってしまうと、やっぱり寂しさもあり
また、たまにはログインしたいものだと思ってしまう。


理不尽なこともトラブルもたくさんあったと思うのだが、
それは人生と同じで、でもとても恵まれていて
振り返るとプレイして良かったなと思うのだ。


何だかその分、少し人生が豊かだったとさえ思える。

これは不思議な感覚だ。


ちなみにゲーマーと私は誤解されることが多いのだが、
そんなにゲーマーではなくて、ゲームに費やしている時間は少ない。

はっきり言うと時間が捻出できない。

最近はテラバトルぐらいしかやっていない。


良く指摘されるのであまり言いたくないのだが
はっきり言って、ゲームはそんなに上手くない。


まあ楽しむことが第一でしょ、
なんせゲームなのだから。




コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は忙しくて
オルタンシアサーガは、
騎士団戦のみの参加。
零細騎士団のため
より恩恵を受けるために
上位騎士団への移籍者が多い。

団員が5名も欠員している。
まあ、資本主義の仕組みと同じで致し方ない。


団長クラスが全員そろうとけっこう勝てるのだけど。
vrooom副団長がどこまで勝てるかは不明。
回復薬全部消費で参戦予定。


あとは、ロランを4凸にすべく
ちまちま通勤時間にエピソードレベル上げていく。

5月からずっと継続プレイしているので

やっぱりけっこうおもしろい。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オルサガ騎士団戦
副団長を務めるものの
弱い騎士団であるために
入団や退団が繰り返される。


定着率は微妙に悪い。


1人で100体近く撃破していることもあるが、
1000位以内に入れるのはいつになることやら。

ランクは、とりあえず72まできた。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。