いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

先日、特攻野郎Vチームで飲んでいると

今の会社に長くいすぎというコメントをもらった。


うーん、そうかも。

でもよくもちこたえたような。


単純な感想の話だが、

会社に関しては、日々、改善されていったこと

何も改善されず下手したら悪くなっていること両方あると思う。


すべてが改善に向かってなどけしてない。


何よりもつくづく思うことは、

退屈になっていっている。つまらなくなっていっている。


全体的に普通に向かって行って、

微妙に普通になれないという息苦しい感じが漂う。


私が入社したころは、数百名の会社だったが

昨日、1等兵とも話したが、昔のほうが良かった。


あの頃は、人数もこのくらいでという話になった。

今、安定はしてきたのかもしれない、

しかし年々退屈になっていっている。


昔のほうが面白いことがたくさんあった。

同時にものすごいひどいこともたくさんあった。

今は、平準化されてきている。


私という人間が退屈な人間なら居場所があるのだと

思うがそうでないならいつか居場所がなくなるのかも。

だとしたら、いろいろ考えて数百名の会社に行くと思う。


願わくば、居場所があり面白いこともある会社であってほしい。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ずっと昔、決してわからなかったこと。

しかし、今はこう思う。


いい会社は存在しない。

ちょっと語弊がある。


つまり、いい会社とは、自分のその時の状況や必要なもの

求めているものに合致しているということだと思う。


もうかっている会社、安定している会社、大きい会社、有名企業

昔は、漠然とこういうものが良い会社と勝手に想像してきた。


でも違った。


選択肢の幅が広く、20代、30代、40代、50代

それぞれのプロセスの中で役割の幅が広く提供されていて

やりがいを感じられるならすばらしい会社だが

実際そんな会社は見当たらない。


20代経験を積んでくにはいい会社だな。独身だったらいいな。

残業もちゃんとつくしとか。

でも30代になって家庭を持つとこの会社はちょっとやってけないなとか。

家庭でトラブルがあるときとか、家族が病気になったときとか

この会社ではとても働いていけないなとか。


そのつどそのつど、人生にはいろいろな局面がある。


柔軟に従業員を大事にしてくれるような会社はあまりない。

そんな余裕も企業側にはない。

赤字でばたばた多くの会社がつぶれているわけだし。


大きく安定していれば、あまりに組織の一部分の駒になってしまい

やりがいがなくなったりだとか。

でも職失わないし、安定して給与もらえるから我慢しようとか。

多くの人が会社に対して、

足し算引き算をして結果的に+だったら継続するという状況だと思う。

今ものすごく会社に満足していていい会社だと思っていても

5年後には感じ方が激変しているかもしれない。


こういう理由でいい会社はないのだ。


たぶんこの結論は生涯変わらないのだと思う。

でも結局、人は弱い存在だから、自分の弱り目に収入が確保されているなら

この会社はいい会社だと結論づくのかもしれない。


私にとっては、いい会社は今のところ一番最初の会社である。

理由は、もう今はそこにいない。


そして良い思い出があるからだ。

嫌なこともたくさんあったけど

総合的に見ると良い思い出があるから。


でも、いまその会社で働いていたとしたら、こう言ってないと思う。

そしてその会社は今存在しない。


今私が働いている会社をやめて他に行ったら、

いろいろあったけど、いい会社だったなとか言っているかもしれない。


しかし、今会社にいるときは、

会社のことをボロクソに言っている。

これが、情けないかな私の人生だ。

そして死ぬまで変わらないような気がする。

AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

職場で社員が会社をどう思っているか調査したらしくその結果を見た。

こういうのを言及していくと愚痴になるのだろう。

かといってきれいごとを言っても仕方ない。

私の感想は一言で

「自業自得」

以上終わりである。

そしてきっとそのような結果に今後もなっていくのだろう。

何もしなくて何も良くならない。

良くなるとするとそれも「自業自得」である。

「自業自得」

大事な言葉である。自分でさえもそれでしかないのだろう。

甘んじて受け入れると思う。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://ameblo.jp/shibuya/entry-10003747921.html


サイバーエージェントの藤田さんがとても良いことを言っている。


「いくら短期的に良い雰囲気を作っても、結局は、

会社が成長している実感を得られなければ、良い雰囲気は長続きしない」


「優秀な人材が頑張った対価(キャリアや報酬)を

ちゃんと得られなければ、やはりやる気を失いますよ」


「小手先の雰囲気づくりは、社員もすぐに気づきますよ」


うちの会社の上の人たちにはおそらく上記の日本語の意味が理解できないであろう。


もし理解できるなら考えてもらいたいものだ。

能力や努力に応じて得られるものが無いならがんばっても
がんばんなくても同じである。


がんばらなくて良いとは言わないが、モチベーションはあがらないし

おそらく本当にがんばる人間は他の会社に行くと思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちの会社は、けっこう絶不調である。
また株もさがるのだろうか。


やっぱりおかしくなっていってるのだろうか?
少なくとも結果が伴っていない。


上の人たちがもっと真剣になって
アクション起せないとなると
非常に未来は厳しい。


能力に長けているところを見せてもらいたいものだ。
努力している、必死にがんばっているというところを


僕は余計なことは言わない。
どうしても言わなければいけなくなったら言うが、
マネージャーたちで考えてちゃんとやってもらいたい。


なぜならそういう待遇を彼らはうけているからである。
その責任を果たしてもらいたい。


僕には何の責任もないとは言わない。
言い逃れではない、役割としての責務である。


僕は僕の役割の中で精一杯努力して行く。

成果を出していく責任がある。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月の頭まで今の仕事を引き続きやれることになった。

こんな当たり前のことをするのに苦労しなくちゃいけないとは

馬鹿らしい。

明後日は試験、明日は徹夜、でも今回は敗北する。

得たいが知れないので。

 

松本の作業で問題が出てきた。

金曜日はその対応をしなくては。。。

 

今日の作業は上手く行った。

 

僕はアクセルを緩めることができない。

もうとっくに辛くなってるのに。

不器用だからだろう。

 

闘うしかない。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は、確実にいえることがあって、
次の職場は信じられないくらい忙しい。

 
プライベートも消滅すると聞いている。

 

残業が200時間越えたりするそうだ。

 

つまり仕事だけが人生。以上終わりである。

 

どうすればいいんだ?

 

おそらく試験や今年立てた目標を達成することは不可能になる。
英会話も、英語の勉強もできなくなるかもしれない。。。。

 

うちの会社は、仕事もプライベートも関係なく
必死に働いている人間がけっこういる。

 
理由は危険が身に迫るからである。

 

僕も危険が身に迫るとスイッチが入る。

 

やっぱり変な会社!

 

このままじゃいけない!何とかしないと。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


闘うネットワークエンジニアのプロフィール

 

武器:LANケーブルで作られた。ギガイーサーの鞭

 

必殺技:鞭をヒュンヒュン振り回し、敵の首にまきつけ
窓から放り捨て、地面に直撃。名づけて「ギガイーサーアタック!」

 

口癖:「北朝鮮に帰れ!」「これがギガの威力じゃ!」

 

必殺呪文:「以上終わり!」

 

解説しよう、必殺呪文「以上終わり!」とは

敵とのやりとりにメリハリをつけ、
敵に対して、以上終わりかあ、じゃあ、しょうがないかと
知らず知らずのうちにあきらめさせてしまう究極の呪文である。

 

どのタイミングで使用するかによってその人の個性を打ち出すことができ、
きわめて限られた人々の間で、粛々と伝授される秘儀である。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は疲れた。いろいろありすぎた。
肉体的にではなくて、精神的に疲れた。
思えば今週は、ネットワーク構築はしていない。
検証と作業スケジューリングだけだった。

 

あと組織変更だ。

次の部署からは、来週からでも来て貰ってかまわないと連絡が来た。

いかにも早く来てくれということらしい。

 

行くわけねえだろう!!

引継ぎもするが、今の案件は僕がクローズしたい。
僕が設計したネットワークでもあるし。
見届けたい。作業だけならいくらでも人に任せる。
でもお客様だってここまで僕を信じ、僕のいうことを
受け入れてくれているわけだから、
無責任なことは一切したくない。

 

今週は、僕はほんの少しだけ自分が変わったと思う。
ほんの少しだけ。。。。。

 
会社とは何か?
会社とは誰のものだ?僕は良くわからない。

 

少なくとも僕は、お金を得ること、またネットワークエンジニアとして
働くこと、技術力を高めたり、実績を積んだり
いろいろなことのために会社を利用している。

 
だから、会社も僕を利用してお金にするしかない。
僕がお金にならないなら、いろいろな意味で会社にも失礼だと思う。

 
そんな人間、会社には必要ないはずである。
それでもそういう人も会社にはいるのだけど。

 

僕は、がんばってる。そしてまわりもそういう風に受け止めてくれている。
それでも僕の希望が通らない。

 

「優秀だからその場所にいくんじゃないですか?」
と今日ある人から言われたが、

 

「僕には関係ない。僕のモラルには合わない。」というと

「会社とはそういうもの」と言われた。

 

でも僕には関係ない。そんなもの受け入れる気は無い。

 
ちなみに僕にとっての利益は何も無い。給料あがるわけでもない。

 

僕にとって大事なことがいくつかある。それは会社よりも大事だ。

1「自分が担当するお客様」

2「人間関係」

3「自分の仕事」

 

これらを大事にしつつ 実績を出して会社に利益をだしていればそれでいいじゃないか?
優秀だと褒められているのに。

 

日本国憲法で、職業選択の自由ってのは認められてるんだぞ!
お前それでも日本国民か???

 

今回はどたんばで僕を必要だと言ってくれる人まで出てきて別の部署を希望したのに。。。。。

 

というのが僕の発想だ。

もちろん会社も全体のバランスを考えてということだろう。

 

でもね、その理屈はわかる。でも働いている人間は生身の人間だよ!

 

●僕の中のモラルがある。会社とは関係ない。すべてにおいてだ。

「僕は、基本的にあなたのために一生懸命やってきた。」

「僕は、あたなに他の人がまずしないだろうことまでしてきた。」

「僕は、あなたに対して何も悪いことをしていない。危害を加えるようなことをしてない。」

 

それなのに

 

「なぜ?あなたは、僕の意にそぐわないことをする?僕に危害を加える?

僕を攻撃する?」

「売られた喧嘩は基本的に買うからね。以上終わり。」

 

最終的には中途なので転職すればよい。
でも、僕は最近、変わってきた。もちろん最終手段としてそれはある。

 

今は、僕の味方になってくれる人たちがけっこういるのだ。
信頼できる仲間たち。

だから、彼らと協力してあの手この手と、ねちねちとひたすら
僕の気に入らない連中と延々と闘えば良いと思う。

 

仲間がいなくなって、孤立したらその場からいなくなればいい。

こういう結論になった。

 

世の中にいる大半の人がわかっていると思う。
会社なんて何もしてくれない。
僕の一度しかない人生に関して何かを考えてくれたりなどしない。
僕のことを考えてくれるのは会社ではなくて人なのだ。
生身の人なのだ。

 

サラリーマン社会、会社組織、日本社会って僕は駄目だと思う。
なんというか海外だと通じる個人主義がぜんぜん通じない。

 

じゃあ、そのかわりに何か偉大なことがあるかというと全く無くて
うつむいて従うのみなら、お前らそれじゃあ、家畜だよ。
奴隷か???

 

僕は違う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、例によってOさんから内線がかかってきた。
緊張が走る!
例によって嫁さん探せ攻撃か??

 

反撃しなくては!!

 

と電話に出るといたってまじめな話。
IP電話の大きいプロジェクトでPM的に動いて欲しい。
半年ぐらいかかるぞというお話。

 

僕は「OKですよ。社内サポートあればなんでもやります。」

 

Oさんから、お前今度どこなの?と聞かれるが
この時点で何も言われないのでこのままじゃないですかね?
と部署の話をする。

 

後になってからわかったのだがまだ僕がどこで働くのか決まってない
らしい。。。。

 

えええ!???
この期に及んでかとびっくりするものの
まな板の鯉である以上待つしかない。

 

よってOさんのプロジェクトがやれるかわからない。
そもそもIP電話のプロではないがいずれはこういう
話は来ると思って準備していた。
IP電話は、トラブル案件でかかわったことはあるし。
技術教育をやっていたときから勉強していた。

 

しかし、一から設計して導入してというのは経験していない。
チャレンジしなければ永遠にないから
このチャンスにと思った。

 

実際にやってみると本当にいろいろあるのだろうが
机上で学習してロジックが理解できていれば
現場で役立てるのも早い。
ロジックがわからなければトラブルも何が起きているのか
理解できない。

 

今日はブログたくさん書いた。
ゆっくり休んだ。来週はまな板の鯉がどうなるのか
わかるだろう。
また忙しい毎日がスタートする。

 

地獄の番犬さんから、最近日記みてると大丈夫かなと
思うとコメントもらったが、
大丈夫ですよと答えたものの

 

実際のところは、
駄目に決まってるじゃないですか!
当然、灰になるまですべてに突撃です!

 

ってのが真実かな。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。