いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

なんと!このようなものが
https://learningnetwork.cisco.com/docs/DOC-6197


Voice名人を目指す私としては、ぜひ受講したい。
しかし、CCIE 360 R&Sがフルで150万円以上するという
現実を知っているだろうか?


1週間のコースを2つ受講するだけでも100万円ぐらいかかる。
100万円あれば20万円のコースに5人行かせることができる。

世の中は不景気である。


技術者育成を考えるとする。1技術者にCCIEとらせるために
150万円もの費用をかけられないだろう。
これは常識的な話である。


しかも、私が働いている技術部隊は売り上げをつくって
かなくてはならない。人数もあまっているわけではなく。
必要最小限の人員でやっている最中、2週間明日からCCIE 360
受講してきますなんてできるわけがない。


私はマネージャの立場なので部下を育成しなくてはならず
これは、ある程度のスパンでやっていく必要がある。
部下はいきなり翌日育たない。
勝手に育つのはそもそも本人が優秀なのである。


マネージャは部下のスキルを伸ばして何ぼの世界である。


そんな中、CCIE 360行きたいですなんてKYな発言を
言うことは私自身不可能である。


Voice名人を目指すのもひたすら
プライベートの時間を割き、
会社の費用は極力使わないことが
前提となっているのだ。


私はマネージャでも最下層なので
CCIEを受けるぐらいは許されると個人的に判断している。


しかし部長クラスになると受けるのも個人的にはKYだと思う。


つまり下にCCIEを取らせろということである。


R&Sは、ヤフオクがあるので良いが、
Voiceは、機材をそろえるのがすごい大変なので
こういうコースはすごく受けて見たいけど。
まあ、このような理由で夢のまた夢である。


不景気なんだから教育もそれを意識した
コース編成にすべきだと思う。
お金を稼ぐためにスキルアップしたい
だから教育を受けると考えると
そもそもお金がないわけであって
だから教育給付金制度みたいなものが存在する。


教育を受けたい人たちと言うのは通常
弱い人たちだと思うんだけど。


企業がお金を払うとしても
この不景気の中、教育予算がザルみたいな
会社なんてまずないと思う。


つまり現状を見ていない。


そもそもこれが私が気に入らない理由だ。


シスコさんにもこれを読んで普通に常識的に
理解してくれる心ある人たちがいることを
願っている。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Mac OSX serverのセミナーを受けにアップルコンピュータに行く
パートナー向けのセミナーで一般向けにオープンコースとして
行われているものではないやつである。
ある案件で去年初めてアップルコンピュータ(オペラシティ)
に行った。その後受講することになった。

オペラシティの48階で開催された。
朝受付を済ますと突如声をかけられる。

え!?

宮原さんである
http://begi.net/corp/about_us/

びっくりした。まさかこんなところで会うとは、、、、
なんと講師が宮原さんなのである。

アップルコンピュータのSEさんも紹介してもらい
はじめてのOSXサーバの世界に触れる。

ちょうどmac miniや新しいipodのラインナップだとか
発表された直後でそのことが話題にもなった。

セミナーはわかりやすくてとてもためになった。
やっぱりマックってわかりやすいし、管理しやすい。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は、ネットワークエンジニアなのですが、
かつて技術インストラクターもしておりました。
いろいろなことがあり、インストラクターは引退して
ネットワーク構築に励もうと今年決意しました。

しかし、、、、、
なぜかまたインストラクターをしなくてはなりません。
もちろんスポットでの仕事です。

ネットワーク機器メーカで最大手のシスコシステムズに
技術者育成のための認定資格制度というものがあります。
CCNA,CCNP,CCIEとかいくつか種類があるのですが、
その中で最も難しく、ある種気が狂っていて受験料もめちゃ高いというものが
CCIEです。

いくらぐらいお金がかかるかというと
まず1次試験として 筆記試験 33000円(税抜き価格)
2次試験として 実技試験 150000円 (税抜き価格)

見事すべて1回で合格してもこれだけ最低かかります。
不合格になると泣けるくらいお金が消えていきます。
実技試験だけでも4回、5回とチャレンジする人が実際います。

講習会を受講する人たちは、この2次試験を控えている人たちです。
目が必死です。というかうつろです。ある種病気です。

試験はめちゃくちゃ難しく丸一日監禁されて行われます。
僕はこれに合格しましたが、受験する1ヶ月ぐらい前から
試験とシスコの機器の設定しか考えなくなりました。
仕事はもちろんしていましたが、それ以外がすべてCCIEだけになりました。

1回で合格したのですが、なんというか未知のものに対する
恐れみたいなものがありました。
人からどういうものか聞いても実感してないので不安でしかたないという
やつです。
この資格が取れればずっと食べていけるなとか思って目指したのですが、
さすがに今の世の中IT系の資格でそんなに都合のよいものもないような
気がします。

とはいえ、いまだにIT系ベンダー資格の中ではナンバー1の資格でしょう。
価格的にも
AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
セミナー終了後も
新人君の悩みを聞いていましたが、

まず、運輸や建設業界が担当で全部新規をやれといわれていて
会社をピックアップして片っ端から電話したものの相手にしてもらえない。
しかし、テリトリーから言って全部ピックアップしたので相手にしてもらえなくても
行くしかないと飛び込みをしているようです。

大変そうです。

僕の印象としては周りがやっぱりもう少し面倒見て教えなくちゃいけないと
感じるのですが、先輩営業マンも自分のノルマに精一杯なのかなと思いました。

飛び込みで受注を獲得するというのは若手営業マンの
最初の大ハードルというのは良く聞きます。
そして乗り越えるのが厳しいハードル。

まったく別の部署なのであまりサポートしてあげられないのですが、
何とか相談には乗ってあげなきゃなと思いました。
これも何かの縁ですので。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実は私は技術教育も行なっていました。
集合研修のようなものです。
指示棒をもってパワーポイントのスライドをもとに
講義して実習も行なう。
そういうことをしていました。
もともと技術者あがりなので多くの人の前で話すのが
苦手です。それでも長いことやっていると
さすがに慣れてきます。

現場に戻ってきたのは、いろいろ理由があります。
正直、部署への不満もありました。

それ以外に現実のネットワーク構築をもう一度したい。
お客様と直接ビジネスをしたい。そういう気持ちがありました。

教えるということをしていましたが
マテリアルは何らかの意図が隠されています。
資格試験への合格というのが比重としては多いです。
受講者の望みがまずそれになります。

テキストは、理想論が書かれています。
そしてそれはあるべき姿なので非常に大事です。
しかし、現実はもっと泥臭く。
いろいろなことがある。

よってそのいろいろなことのために現場に戻りました。
ですが、、、来月また教えることになりました。

今は現場にいるので、教えるにしてもまた違った感覚になると思います。
それを少し楽しみたいなあと思い始めました。
現場でがつがつネットワーク構築をしているエンジニアが教えるのです。
といえるぐらいは力を入れたいと思います。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。