いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:
チケットキャンプでの高額転売も
つらい現象だが、偽造チケットまで
出回るとなるともう限界だと思う。
 
クリムゾンのロイヤルパッケージでいいように思う。
1列目から5列目まで365ドルでグッズとあわせて
販売しているが、業者にお金が行くぐらいなら
アーティストにお金が行ったほうがいい。
それをさらに転売されるとつらい。。。。。
 
転売じゃなくて、ホテルの予約のように
何日前まで返金可能とか%のキャンセル料の義務など
もう仕組みを変更すべき。
 
キャンセルが出たら、当日販売で買えるとか
キャンセル待ちができるようにするとか
根本的に共通システムで運用できるようにしてほしい。
 
そして、スマホをかざして入場できるようにしてほしい。
 
コンビニであんな、いかにも偽造できそうな
チケットの発券っていうのをやめてもらいたい。
 
前時代的な手法は、いい加減に変更されないものか。
このどうしようもない状況にも関わらず、
手数料はしっかり払わされる。

相当無能な業界。
 
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は、他人のモリッシー論に興味がない。

モリッシーを好きな人の行動に興味がある。
行動や、生きるということに、生き様みたいなところに興味がある。
つまり、何をするかである。
 
あと、モリッシーの音楽をすすめる気が起きない。
正確に言うと、過去のある時点からどんどん無くなっていった。
だから、モリッシーの歌を聞いてごらんよとかまず言わない。
 
スミスとモリッシーソロは、ある意味別物だと思う。
スミスはバンドであり、モリッシーは、ソロ活動になる。
 
特にスミス至上主義の人に、モリッシーも聞いてみてよとか
全く思わない。

スミス至上主義はある意味、理に適っている。
例えば、The queen is deadが素晴らしいから
聞いてみるべきと考えていたとして、
World peaceがその倍ぐらい素晴らしい作品かね?
 
どこが?
特に音楽的に。
ジョニー・マーのギターは圧倒的に素晴らしいと思う。
 
事実として、The queen is deadは歴史上の聞くべき偉大な作品に挙げられる。
しかし、World peaceは挙げられない。
 
そうすると、個人的に、これはこれで、好きみたいなところに落ち着くのだと思う。
そう考えるとすすめる気が起きない。

聞く人は、自分で選んで、どうせ聞くだろうと思ってしまう。
 
スミスからモリッシーのソロまでをモリッシーの活動と捉えて
すべてのキャリアで、どの作品が一番か、
一枚しか作品を選べないとしたらどれを選ぶのか?
サウスポーグラマーを選ぶ。
 
もうこの段階で異端中の異端だと思う。
 
あるモリッシーのファンで、昔はサイトをやっていて
何度か見かけたことのあるアメリカ人の女性がいる。
けっこう我々の中では有名な人なのだが、
たぶん、デヴィッド、ジュリアに次いで3番目ぐらいだったのだけど、
彼女が、サウスポーグラマーはゴミだと言っていた。
 
それは、それで理解できる。
音楽的には、サウンドが似たり寄ったりで
これは!?というような名曲は一曲もない。
 
それにサウスポーグラマーという作品は人を選ぶと思う。
わかる人にはわかるというような作品だと思う。
 
スミスの作品ではなくてどうしてこれを選ぶのかだが、
スミスの作品は、天才だと感じるが、やや作為的。そして文学的でもある。
 
サウスポーグラマーは、不器用に人生の壁にぶち当たっているようなところがあり
本人そのものが、もがき苦しんでいるようなところがある。
ギリギリのところで戦って生きるみたいなところがある。
スミスは、一緒に涙を流すようなところがあるが、
この作品は、一緒に必死に戦うというような感じだ。
 
結局、そこに価値を置くのは、自分自身の特性に過ぎない。
サウスポーグラマーに、意味を見出すことができない人と
私は分かち合えるものはないと思う。

かなり乱暴な言い方だけど、けっこう本質を言っていると思う。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.shining-man.com/entry/2017/02/05/095929

 

Masterも有償サービスにしたら
ビジネスになりそうだけれど。。。。
 
この人は、天才すぎてどうしようもない。
並ぶ人間は日本にはいない。
こういう人がいる企業が勝つと思う。
 
インターネットが今のような発展をすることを
完全に予測したわけじゃないけれど、
かなり予測したため、何も持ってない、
マイナススタートの私がここまでやってこれた。
 
AIが来ることは間違いなく、
それを多くの人がもう予測している。
 
そして、ロボットも来る。
いつか、ロボットは人間を超えるだろう。
その時には、もう、自分はいないけれど。
 
努力すれば勝つなんていうのは、
残念ながら嘘で、努力して勝つためには前提条件がいるのだ。

そういうことを誰も教えてはくれなかったが
苦しい現実から、学びとってきた。
 
努力している人間なんていくらでもいるし、
努力が報われることなく消えていくこともいくらでもある。
何が本当の強さかはわからないけれど、
この事実と向き合うことは重要なことだ。
 
状況は見えてきているので、早い段階で最善手を打ちたい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

https://www.j-cast.com/2017/01/06287546.html?p=all

 

人間のこれが正しいという考え方は
AIの前ではもはや役に立たない。

 

ある一部分で間違いだと思えても

全体でみると結局、それは間違いとして機能しない。

そして、結局AIが勝つ。

 

人間が長年、こういうことは損なので、やってはならないと

教えてきたことを平然とやって勝つのである。

 

もはや、人が主張する正しさなど、

わずかな狭い経験と世界から生み出されているに過ぎない。

1手を2秒で打てるAIは、囲碁の訓練にしても

人の一生以上に修行してしまう。

 

正しいと思い込んでいるものは間違っているかもしれない。

何にだって例外はある。

つきつめると虚しいかもしれない。

 

だったら人生は何を愛しているのかを中心にしたほうがいいのだと思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

これは、モリッシーに対する批判みたい。
 
このブログで批判的なことを書いているのをグーグル翻訳により
知ってつながり申請してきたのか!!??
考えすぎか。。。。。
 
もともと、God,Lord,rock starとさえ、思ってない。
多くの間違いは、人を神格化して起きる。
 
歴史的に見ても
課題のない天才なんていないし、
生まれてから死ぬまで、何一つ失敗も罪もないなんて人はいない。
 
だいたい、Kristeen Youngは、
フルバンド構成にしたのは、良かったのだろうけど
曲の質が落ちているだろ。
 
だいたい、モリッシーのサポートを
ひたすら独占して継続していたのが良くない。

己の実力で勝負しろ。
 
俺は、このアルバムは買わん。
エンジェルたんで忙しいからな!!
 
え、モリッシーが、グーグル翻訳で批判的な内容を
読んでいたら??
 
いえ、実は、モリッシーバンド愛してます。(いまさら)
 
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
結局、天才みたいなものであって、
共感覚者であるという段階で
かなわないというような結論に至ってしまう。
世界が違う。
 
共感覚者として、まっさきに思い浮かぶのは
シド・バレットとアンディ・パートリッジ。
だから、この2人が作る音楽は、他の人と違ってしまう。
この2名に関しては、盗作疑惑みたいな話は、まず聞かない。
シド・バレットなど、お前みたいな作品誰もつくれないよになってしまう。
 
デヴィッド・ボウイも、シド・バレット
特に初期のピンクフロイドが好きだったわけだ。
 


ピンクフロイドの初期は完全にサイケ。
そもそもキャリア全体を通してプログレなのかという疑問もあるのだけど。
私は、流派がクリムゾンなので、
ピンクフロイドのインタビューで、例の箱根のフェスティバルの話だが、
キング・クリムゾン、そんなバンド知らない発言にはカチンと来たのだった。
 
それでも、シド在籍時のピンクフロイドは、本当に好きなのと、
ロジャー・ウォーターズ在籍時までのピンクフロイドはやっぱり好きだ。
その後は、なかったことにしたいけど。。。。。
 
マニアック過ぎてついてこれない内容なので
このあたりにしておこう。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。