いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:
ローゼズが武道館?
こっちは、横浜 ベイホールがキャンセルですが何か??
 
さて、
Rubber ringと両方聞いたのだけど
これ、正直言って買う価値あるのか?
なぜ今頃、こんなのリリースするのだろうか。
まあ、Rubber ringのほうが、まだ、許容できるが
オリジナルでいいような気もする。

こっちをリリースしてもらいたい。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今回は行かなかった。
前回キャンセルになったときにチケットを買っていて
払い戻しになったわけだが、今回は行く気にならなかった。
 
よくよく、新曲を2曲とも聞いたが、
正直退屈。
微妙にファーストを真似ているような感じがする。
 
やっぱり、ファーストアルバムだけというバンドで
あることに間違いはない。
そこがちょっと不満ではある。
 
ファーストアルバムは、かなり聞いたし、
セカンドカミングもわりと聞いた。
個人的には、ドラムがいいと思う。リズム隊がしっかりしている。
エレファントストーンは、一番好きだが、
やはり、自分の中では、
Joy DivisionとThe Smithsの後に、
Stone Rosesとはならない。

同じマンチェスターとは言ってもね。
 
自分にとっては、La'sと同じような存在だ。
この表現がぴったりくる。

良いけど、ロックの歴史に残りますという
ほどではなくて、そこまで言うと過大評価だと感じる。

結局、マンチェスター・ムーブメントを聞いていた
年代の人が多いから、武道館を埋められるので
その事実には驚いた。
 
かつては、武道館でコンサートをしながらも、
後輩に負けているモリッシーの現状がつらい。。。。。
モリッシー派としては、見過ごすことができない事実だ。
スミス時代からソロに至るまで何枚も偉大な作品を出しているのに
一発屋に負けるのか。。。。。
 
モリッシーとクリムゾンを武道館でみるのが夢だ。
ひとまず、La'sを聞こう。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

亡くなってしまったため、
この人の話題に。
 
いろんな奏法を捨ててしまったギタリスト。
 
16ビートでカッティングとかまずしない。
チョーキングもまずしない。
たぶん、価値を置いていない。
 
日本人は、あれもやります、これもやります的な
感じで、真にオリジナリティを持った人というのは
出ることはない。
 
俺はこれしかやらないんだ!
というと変人扱いされる。
 
学校教育からして、どうしてこの人のようにできないの!
とあるべき誰かを真似するように教育される。

誰々はできているのに、どうしてあなたなはできないの!
という教育をされる。
 
他の誰でもない、独自の自分を生み出しなさいとは
誰も教育しない。
 
日本から、ジミヘンドリックスもミックカーンも出てくることはない。
 
世界でただ一人、あなただけになりなさい。
これがたぶん、本当の意味で大事なこと。
そのために必要なことって何かと考えたが、
難しい。
 
フリップにどうすれば、それだけメインストリームを
無視することができるのかきいてみたい。
 
フリップは、フリップのギタースタイルが確立されていて
人間国宝級と言える。
絶対真似できない、世界でただ一人の自分に憧れる。
死ぬまでになれないっぽい。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

恐らく、会社もやめて、すべてを捨てて
ジュリアのように2年間ぐらい
世界を巡ると思う。
 
やはり、その時の価値というのは、
そのときにはわからない。
 
当事者でないとわからないとか
自分も良く言うのだけど、
当事者さえも実は良くわからない。
 
会社も辞めてから、
その会社の良いところ悪いところを冷静に考えたりする。
 
仕事も終わってしばらくたってから
いろいろ考えるところがある。
反省点も生まれる。
 
一旦、当事者であるということの
関係性さえも断ち切らないと
物事の価値なんてわからない。

もう終わってしまったことにならない限り
わからない。

その瞬間は、様々な感情が流れていくだけ。
今は、感動の大きさをボディブローのように恋しく思うだけ。
 
この頃に戻ったなら、
こういう仮定の話は後ろ向きで良くないのだが、
当然、全く別の違う、異なった人生を生きてやるのだけど。
 
と思いながらも、意外と似たようなことになっているのかも。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
何となくそんな気がしていた。
 
キャンセルはもうやめて
全部、リスケにできないものだろうか。
かなり期間があいたとしてもリスケ。
会場があいているタイミングで。
 
で、ついでに横浜もリスケしてほしい。
 
会場?
あのポンコツ会場はもう無しで。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6曲でステージを去るとかキャンセルが頻繁にあるとか
もう慢性化していると思う。

本来、絶対あってはならないことが、もはや普通に起きる。
 
もちろん、プロだって体は壊す。
社会人ならいついかなる時も、体調管理できて当然だみたいな
考えは、日本の腐った考えで
ちゃんと海外には、sick payというものがある。
 
しかし
ちょっときつい。。。
南米まで遥々行って、SOLD OUT状況で
6曲で終わりって、返金されるわけでもないわけで
普通に観客の立場で考えるとつらすぎる。

ファンは許すのかもしれないが、無理がある。
そういうところは、俺はファンとは考えが違う。
 
いつもクリムゾンを例にだすが、2014年から活動して一度もキャンセルはない。
フリップが怒り演奏をやめたことはある。(これは、かなりモリッシー的といえる。)
しかし、一度も体調を壊してキャンセルとか途中でやめるとかがない。
平均年齢ずっと高いのに。
 
たぶん、慢性的な何かなんだろう。
医者に行っても治らないのかもしれない。
モリッシーは、病院には行っていて、
状況を理解しているはずだ。
 
まあ、
少なくとも老人に優しいツアー日程にして、
モリッシーをプログレ化するというのを提案したい。
 
演奏中はモリッシーの休憩と酸素補給、水分補給。
もう根本的に何かを変えないときつい。

歌ものの間にディシプリンとかVROOOMをいれるのがいいんじゃないか。
。。。。。。個人的な趣味だよ。悪かったな。。。。。。。
 
モリッシーは、意外とプログレが合っていると思う。
Southpaw Grammarというプログレ作品があるだろう。
もちろん、モリッシーバンドの解散は必須だが。
ギターは、アランホワイトとロバートフリップがよかとです。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6曲でステージを降りたわけだけど、
良く聞くとヴォーカルに問題を抱えていると感じる。

膨大な数、生で見てきたわけだから
やっぱり感じる。

あるべき姿はこれ。
結局いろんな意味で全盛期。
ヴォーカルに危うさを感じることはまずなかった。
クリムゾンのようにヴォーカルの量を減らすというか
インストものが間に何曲かあれば、変わるかもしれない。
 
クリムゾンのジャッコとモリッシーは、
年齢1つ差なのだけど、ジャッコのほうがヴォーカルが安定しており
声がでているように思う。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クリムゾンが嫌いって普通だと思う。
人によっては嫌いなはず。

例えば、モリッシーのヴォーカルが嫌いっていうのも
それは、人によってはそうだろう。
 
クセが強いから、やっぱりそうなると思う。
個性が強いとそうなる。
 
ある人たちは好きでも、ある人たちは嫌いになる。
 
多くの人が好きであるものが好き、
みんなが好きなものを自分も好きになる。
これも、別にこれでいいと思う。

昔は違った。
「お前らみんな死んじまえ」ぐらいの人間だったが
今は、それはそれでいいと思う。
 
しかし、多くの人が嫌いだったり、
みんなが嫌いなのに、
自分だけが好きという、
こういう、難しい局面、難しい感情に
個人的にはそそられる。
 
憧れはしない、なんとなくすでにそれを知っていると思うから。
 
もし、その日が明日来るならば、
とうとうこの日が来たか、俺の出番だぜと思うのだ。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

この人は、もう本当に
自分の世界を突き進んでいる。
好きとか嫌いはひとまず置いておいて

ここまで、個性を爆発させているのは頭が下がる。

アノーニもひたすら容赦なく
自分の世界を突き進んでいる。

ドローンの爆弾を落とせっていうタイトルがすごい。
この2人が、
本気度が突き抜けている。
 
人生やっぱり
本気であるものが、何かを生み出す。
目先の競争に囚われたり、
目先の利益に囚われたり、
それより、本気であること、
言葉を変えると、信念があるということ
これが、たぶん、意味のある結果につながる。
 
自分はダメダメで、最近は引退して、
モリッシー関連のtwitterとかブログ読者になりたい。
好きな記事のひたすら読者でいる。
 
読みあさっているのが楽しい。
しかし、更新がないと不満に思うタイプだ。
 
まあ、退屈しのぎに読んでいる人もいるわけだから
と考えて自分も更新するのだ。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。