いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

老師、お元気そうで何よりです。

もしかして、これは宣伝でしょうか。。。。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

http://grapee.jp/173252

このような境地には達することはできない。

 

僕は、モリッシーファンかね?
あるいはクリムゾンファンか?

そうは言えないようにも思う。


だいたいかなり批判的だし。

 

お金持ちで働かなくてよければ
世界中をツアーで回っていたかもしれない。
そうすれば、ファンと言えたかも。
そうしていたとしてもどこかでストップしたかもしれない。

 

いつも自分の人生を生きてきた。

 

だからお金持ちになれてもそうしたかはわからない。

僕が良く読む、モリッシーについてのブログやツィッターを見ても
その人たちががファンなのかはよくわからない。

 

たぶん、僕が良く読んでいる人たちは
人生の一部として向き合っているってことなのではないだろうか。
もちろん愛情もあるのだろうけど。

 

だから、僕もたぶん、誰のファンでもないのだと思う。
でも、エンジェルたんのファンにはなるかもしれない。

 

AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

村山聖は、少女漫画を愛読していたわけだが、
はっきり言って読んだことが一度もない。

 

表紙が他の漫画と違っているし、
表紙の雰囲気が少女漫画はどれも
似たようなものに感じられる。

 

ただの偏見だと思う。
雰囲気で言っている。

 

何だか、すべてがベルサイユの薔薇みたいな
雰囲気のイメージがある。


どうも苦手で、自分から積極的に読みたいと思わない。

テレビでやっていて
それとなく見たことはあると思う。
逆に言うとそれ以外見たことがない。

 

何が少女漫画で、何がそうでないのか
いまいちよくわからない。

 

キャンディキャンディは少女漫画なのだろう。
でも、自分の印象は、悪人が登場した瞬間に
悪人だとわかるアニメというだけだ。

 

小公女セーラ、ほとんどみんな悪人が登場するアニメ。

 

クリーミーマミとかほとんど記憶に残っていない。
テレビで流れていたのを見たというような記憶があるだけ。

 

ひたすら少女漫画を買って集めていくという
発想は、自分にはない。

 

村山聖が好きだった
イタズラなKiss
いまだに知らない。

読んでみるかね。


いったい何がそんなに夢中になるというのだろう。
どうしてなのか、知りたいところではある。
しかし、この歳で読むと変態にしか見られないのだけど。
悩ましい。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モズツアー、グスタボが病に倒れ
片っ端からキャンセルと延期になった。

 

Boulderに行っていたら
さすがに灰になった。直面しないで良かった。
25日も大丈夫なのだろうか。

 

グスタボ君、もうゆっくりずっと休んでくれていいよ。
君のかわりは、リチャードバルビエリだ。(しつこい)

 

日本は横浜ぐらいですんでよかったのか。
もう会場の名前すら忘れたよ。

永遠に横浜の暗黒地帯として歴史刻まれるだろう。

 

12月か。
One Of Our Own
は見たことがない。


最近、海外遠征をしている人たちは見ているようなのだけど
いかんなこの状況は。。。。。どうして俺が見たことないんだ。。。。。

リチャードバルビエリ見て考えよう。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いろいろと記事やら読んでいるし、
それぞれの感想に反論もない。
まあ、美しくはある。

たしかに、ステージ上でモリッシーが説明する
光景は初めてだ。

 

しかし、あえて書いておくと
アランホワイトの時も同じようにしてほしかったよ。

 

バーリーカドガンが来るのではなくて。

 

グスタボのかわりは、
リチャードバルビエリになる予定。

ウソ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

素直に良い作品だった。
失望しないですんだ。
今年見た映画では、一番良かった。

 

何と表現すればいいのか、
生命を継続するよりも
生活を継続するよりも
大事なことがある。
それは、その瞬間を生きること。

 

主義主張よりも、
自己実現よりも、
何になるかよりも、
何を信じるかよりも
大事なことがある。
それは、その瞬間を生きること。

 

そして、何かとても感情的なものがないと
その瞬間は生きることができない。

 

生きることができないならば
死んだほうがマシだというのは、真実だと思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://amass.jp/81118/

現れては削除が繰り返されていたが、
ようやくofficialに。

しかし、結局70年代に集中。

生涯をかけても70年代が超えられないという事実。
今のクリムゾンも素晴らしいが
そうはいっても鬼気迫るのは、70年代。

この10曲はようやく削除されなくなるのか。

まあ、やっぱりオリジナルアルバムはこれで。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。