いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

プリンスを知ったのはかなり遅い。
ラジオから、シンニードオコナーが歌う
Nothing compares 2 Uを聞いて
びっくりしたのがきっかけだった。

 

このメロディは、天才的だったし、
歌唱力も圧倒していた。

 

シンニードのカバーがバカ売れしたことは
プリンスにしてみれば気に入らない?
のかもしれない。

 

で、あわててCDを買いに行った。
そしたらこれがカバー曲だということを知り
そしてプリンスの存在を知った。

 

シンニードには多大な期待をしていたのだが、
Suedeからバーナードが脱退したときに匹敵するぐらい
その後がっかりした。


私にとってシンニードは、基本的に2曲だけだ。

この歌とmandinka。

 

ミックカーンの自伝を読むと
シンニードがミックカーンにアプローチをしていたようだが
すれ違いにより、ミックカーンの参加は実現しなかった。
彼女は、ジャパンもスミスも好きだった。


そして、その後どうしてあんなことになっていったのかは
いまだに残念で、まったく彼女の歌に今は興味がもてない。
もう彼女は高音がでない。

 

最近、方向性違うだろうと思うのは
デビシルも同じ。過去においても、
もう少しミックカーンを尊重すべきだった。
デビシルも天才的ではあった。
でも、天才的と天才は違う。

 

別の話題で、ピータバカランが
baby metalをまがいものと言って反感を買ったらしいが
良くそんな発言をしたものだとちょっと感心した。
今、嫌いなものを大嫌いと発言すると反感を買う時代なのに。

 

まがいものじゃないんだよ。
大嫌いなんだろ。そういうことだ。

 

これは、実はしっくり来る。
また、クリムゾンを例に出すが、
ピータバカランが、クリムゾンのアルバムで最も評価しているのは
beatだ。
beatが一番素晴らしいというクリムゾンファンは、
ほとんどいない。私もbeatは大好きだが、
むしろクリムゾンが好きじゃない人々に
唯一受けるのがbeatと言える。

 

つまり基本的にbaby metalのような音楽は
全部彼は嫌いだろ。


baby metalのバックバンドはけっこうちゃんと演奏していたから
まがいものの、どへたってこともない。

それでもまがいものというなら、99%がまがいもので

ロックとは偉大なるまがいものである。

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

https://twitter.com/PopNaTweet/status/724380250986029056


いろいろな意味で、
自分はマイノリティだということを自認しているのだが、
このコメントを見て、涙がポロポロと出てきた。


生きてて良かったと思った。

ロバートフリップ、アンディパートリッジ、モリッシーがいる
時代に生きられて良かった。


様々なアーティストが亡くなってしまい、
いつまでもこの状態が続かないことをわかっているつもりなのだが、
その時が来たとき時に自分がどのように
悲しむのかはさっぱりわからない。


苦しいことがあっても一生懸命生きようと思う。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アンディのメロディ至上主義を
追求するとかなり多くのアーティストが
厳しいと言わざるを得ない。


しかし、クリムゾンの
Live in trontoは、
本日もbaby metalを抑えて
アマゾンのへヴィメタルランキング1位だ。

いったい、これをどうとらえるのだろうか。

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/music/575474/ref=sr_bs_1_575474_1


Live in takamatsuは、
フリップ老師フォースの覚醒により
ヒットチャートを狙ってくるだろう。


今のところライバルは、baby metal
old metalが勝てるのか。


老後をむかえているプログレファンたちが
派閥争いを水に流し、1枚購入してくれれば
クリムゾンは勝てる。


だいたいアンディパートリッジは、
JapanがXTCのレコーディングを盗み聞きしていたとか
言っているのだが、メロディがそんなでもないとしても
Japanもthe smithsも好きだったんだろ!!
というのが本日出た結論だ。

素直にそう言え!!


私が最前列にいて作品になったものは3つある。

Morrissey Who Put the M in Manchester?
Morrissey Live at Earls Court
King Crimson Live in takamatsu


クリムゾンの95年とかLAも作品にはなっているのだが。


それでも最前列にいたというのは、とても特別なことだ。


将来の夢は、XTCの最前列に行くこと。
XTC Live in tokyo (20XX)
アンディ、いい加減戻ってこい。
俺はあきらめない。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

https://twitter.com/PopNaTweet/status/723333920939347968


アンディパートリッジのスミス批判。
ものすごく言っていることがわかる。


BGMでもかかるぐらいのものすごい名曲というのは
確かにほとんどないと言っていい。

名曲としては、確かに取り上げられない。


たぶん、this charming man
が、それに近い。

スミスの弱点は、確かにそこで
天才作曲家ではなかったということ。


作曲の恐ろしい才能では、
ビージーズやビーチボーイズなんかも
上げられるのだけど、
何をどうやってもこのメロディは出てこない
天才すぎるというのがないのは事実。


それを言うとJapanもJoy Division

もそうなんだけど。King Crimsonなんて

まったく、そこをターゲットにしてないから論外。


やっぱりXTCは
スミスを意識していたのか!
このコメントを見られて良かった。


でも、あえて厳しいコメントをするならば
XTCもすさまじい名曲というのは少ない。

mayor of simpletonクラスを10曲
でアルバム作ったら、人類はひれ伏すと思うけど。


最後に、私が長年思っていて

たぶん、1度も言っていないことなのだが

XTCのアルバムNonsuchから、どこか

The Queen is deadを感じるのだ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://spotlight-scoop.com/

映画スポットライトを見た。


クリスチャンなんて偽善そのもので
イエスという名前の悪魔という映画だった。


イエスとか神とか言って悪を行うから、たちが悪い。
単純な悪人ではなくて、詐欺に近い悪。


聖書の教えを大事にしていたら
どうしてそうなるの?


聖書には、「まず与えよ」とあるのに
「奪い続ける」人たち。


もちろん、すべてのクリスチャンが悪ではないが
僕は、こういう集団、右むけ右ならえが大嫌いなのだ。


聖書の教えを大事にしている人がどうしてそういうことするんだろう?
と思ったことが実際にたくさんある。


奪い続ける人を実際に知っている。


腐れクリスチャンと心から思った。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、モリッシーに最も批判的な日本人なのではないかとの
うわさもあるのだが、
今回も言わずにはいられない。


プリンスの追悼に女王の90歳誕生日を報じるメディアや
王室の批判はいらない。途中で読む気も失せた。


プリンスのどの歌が好きだった?
どんなところが好きだった?


私は時々モリッシーのことが意識の中に浮かび上がる。
まるで魂のどこかがつながっているかのように。
この数日でさえ、来日するような気がしてならなかった。
そんな予感がした。


私は、モリッシーを愛している一人の人間だ。
たぶん、そうだと思う。


そして、モリッシーは欠点と欠陥だらけだ。
正直に言うが、デヴィッドボウイの死について
何のコメントも出さず、どうしてプリンスの死について
コメントが出てくるのかが納得がいかない。


私自身は、デヴィッドボウイに強い思い入れはないとは
言っても偉大なアーティストだと思っている。

そして、デヴィッドボウイは、
随分とモリッシーのことを気にかけていたと思う。
95年には、モリッシーがサポートをやっていたぐらいだ。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

king crimson live in tronto
は、デビューアルバム以来の高セールスとなっているが
真打は、live in takamatsu
となるだろう。


baby metalも
バカ売れしているが、
baby metalに関しては
あの衣装で、3人が
ギター、ベース、ドラムを演奏していたら
魂をささげたと思う。


個人的には今一歩。


しかし、へヴィメタルにあの透明感を持ち込んだのは
すばらしい。


あの透明感があるならば、
外国の女性歌手がやっても同じように売れると思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

体調を崩しているが、何とか生きている。
咳がひどい。いつ死んでもおかしくない。


熊本地震
熊本城を見に行った時のことを思い出す。
それが今は悲惨な状況。
地震が起きるということは、以前から十分が考えられた。
でも、打てる手など実際のところない。

熊本は阿蘇山がある。

阿蘇山が大噴火するという未来は

あり得るので地震も含めて危険な要素はある。

以前もブログで書いていた。
そうはいってもできる対策があるわけでもない。


熊本市の市長はXTCが好きで、

アンディが激励していた。

熊本の私の印象は良い街なので

とても残念だ。


プリンスの死
これも唖然とした、
プリンスはギターが素晴らしい。
ジミヘンに近い感じもする。

ギターの演奏を見たとき、
かなり個人的にインパクトがあった。
プリンスとアンディパートリッジは、
ギターが過小評価されていると長年思ったが
2011年には、プリンスは偉大なギタリストにも選出されていた。
となると、アンディパートリッジが過小評価されている。


レヴェナント 蘇りし者
というディカプリオが出演している映画を見た。
これは、かなり悲惨な映画。

映画のなかで出てくるフレーズがあって
復讐は神の手の中にある。
自分のものではない。
キリスト教的な考え方だ。


偉大ではあるが、難しいフレーズだ。
悪いことをすれば時がたって
いつかそれは自分に帰ってくる。
それは、そうだと思うが
時の長さは、恐ろしく可変であって
短いほうがある意味恵まれているのだと思う。


憎しみはその相手が不幸になることを望むのだろうけど、
でも、もしそうなったとして、それは正義だろうか?
許すことが正しいなんていうのは、無理な話だが
その憎しみを考えなくなったころに、
復讐は果たされるのかもしれない。


憎んで憎んで天罰が下るというのも、
どこか悪魔的でもある。
復讐は憎むのをやめたら行われると
私は考えるのだ。


最後に良いニュースとして、
http://amass.jp/71835/

私が身を削って最前列にいた
高松公演がリリースされることになった。


そう、私はかつて予言をしていた。

http://ameblo.jp/networker/entry-12103078775.html

歴史の一部にいられたことを神に感謝します。

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回飛行機に乗ったのは、
セブ島へ行くためだった。
その前は、晴天のLA。


ISが潜むところなんて行きたくはない。
ISなんて全員死刑にしてほしい。
アッラーとかいうやつを今すぐ連れてこい。
お前に殺戮をするようになんて誰も頼んじゃいない。

試練だと考えて


帰ってこられるならば、
人生は、なすべきことのために続くだろう。


コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。