いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

キジ殺し。
1作目と比べてパワーアップ。
1作目を見ていることがやはり前提。


感想は、良かった。壮絶だった。

客もそこそこ入っていた。


何だかキングクリムゾンを見ているようだった。


映画にすっと引き込まれて
一瞬で終わっていった。


今週、Pからのメッセージが
本国で上映される。

日本は、5か月後ぐらいだろうか。。。。

もっと早く見たい。はっきり言って来週にでも見たい。

もっと言うと特捜部Qに転職したい。


カールは必死さで壊れているようなところがある。

言葉がリアルに響く。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


今年、3作目も見られるだろう。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


明日行ってくる。
一応周囲には、職業は
Dekadesuと言っている。

名前はカール。カールと呼べと。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今年海外に行かなくてはならないのだが
正直なところ、
イスラム国のテロが起きる可能性が十分あるので
行きたくない。

Dear Godについて
アンディは嫌がらせの手紙も受け取ったそうだが、
このイスラム国の脅威の現代においては、
ますます、XTCのメッセージのほうが真実だと思える。

宗教のほとんどが人種差別だ。
人種差別と優越感と言い訳。

信じる自由から、義務になり、
義務を果たす人間は偉くて、立派。
それがわからないやつらは愚か者。
ある種のシステム。

病原菌みたいなものだが、
宗教にはまっている人間は
自分たちの外側にあるものを病原菌だと思っている。
これは、クリスチャンも同じ。

イスラム国が
十字軍とかいうのはいい加減にしろと思う。
みんながクリスチャンではないのだけど。

イスラム国なんて消滅してしまえばいいと
多くの人が思っているし、私もそう思う感情が内側にある。
でも、彼らも我々をそう思っている。

歪んだクリスチャンも地球からなくなればいいと
思う感情が実際に私の内側にある。
こういう感情が戦争を生むのだと思う。

地球上のすべての人が1つのものを信じて
1つの宗教に入るって許せない。
悪夢に思える。
悔い改めて改宗するのを
本当に理想だと思っているなら
もう悪夢だ。
洗脳の所以だ。
ほとんど北朝鮮と変わらない。

無くなってしまえばいいのにと思うこの
感情は、ロックや反骨精神の根源とも言えるのだが、
彼らと変わらず戦争の根源なので考えないようにしている。

しかし、明日イスラム国が無くなったら
良かったと思うわけだ。これは間違いない。
いままでひどい目にあった人はかいわいそうだけど。
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


日本語の字幕もでる。
共感する。
バンガローが死ぬほど嫌いに笑った。
曲はすごい好きだけど。

XTCのコンサートをこれからでも見たい。
スミスの再結成は望まないが
XTCが普通に活動して、普通にニューアルバムを出すのは
ぜんぜんありだと思える。

クリムゾンがツアーして、ニューアルバムを出すのもぜんぜんありだ。
過去の作品を超える超えないなんて議論はもういい。

そんなに偉大な作品がたくさんリリースされる時代じゃない。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冷静に考えておかしい

神が存在するかしないかとか
信じているか、信じていないかだとか
それが正しいか、正しくないかだとか
すべてがおかしい。


イエスを信じようが、アラーを信じようが
どうでもいい。


なぜ、何かを信じるということが
誰かを傷つけ、戦争を起こすのか?


それなら信じることなんてやめたほうがいい。
何の価値もない。


そもそも人を傷つけたり、苦しめたりする
ものなのだろうか。
もうこの時点でおかしい。


悪と表裏一体だと思う。


神が悪なのかもしれない。

人が信じる神は所詮

人が信じるものに過ぎない。


歪んだクリスチャンもいれば、
歪んだイスラム教徒もいる。


神を絶対的なものと表現するならば
絶対的なものを軸とした悪はたちが悪い。


存在しないほうがよっぽど良い。


信じているという優越感と

根拠のない確信で人を傷つけてはいけない。

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

モリソロのデヴィッドとは、
linkedinでつながっているのだが、
彼の経歴は、オープンにされているので
言っても差し支えないが、
現在の役職がMorrissey-solo
になっている。


これってすごい信念だなと思う。


あそこまでモリッシーに攻撃されたら
普通へこたれて全部やめてもおかしくない。

デヴィッドが100%正しいというつもりもないが、
私は、擁護派である。


モリッシー系列でデヴィッドとつながっているので
私もいずれ出禁になるのだろうか。(ぶるぶる)

モリッシーは、メッセージコントロールをして
検閲をしようとするようなところがある。


私はそういうのは自由に反するので好きではない。
確かに、自由の名のもとに誹謗中傷していいわけはない。
それは、本人のモラルの問題だ。


Morrissey-soloのフォーラムそのものは
自分はほとんど読んでいない。だから実のところ必要性は感じてない。
最近は、まず書き込みもしない。


TTYの妙に作為的な感じも、ちょっとがっかり感がある。
言論コントロールみたくなっている。

メリットデメリットがある前提であえて選ぶならば
自由を選ぶように思う。言論の自由がないって不幸で
北朝鮮みたいな世界になる。中国みたいな世界になる。
そんな世界で生きていきたくない。


モリッシーには、もう少し寛大になってもらいたい。


linkedinは、現在の職歴が浅くても平気で転職しないかと
メッセージが来る。
ギターを構えて超パンクロックな写真でも掲載したら
誰も相手にもしなくなるだろうか。


現在の役職がMorrissey-soloで
どんな仕事のオファーが来るというのか。
パンクロックスピリットを感じた。まねできない領域だ。
ビリーバッドという歌が脳裏をかすめた。


現在の役職をモリッシーコンサート最前列常連

みたく書いたら普通に仕事ないような気がする。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年、年明けにとある
ボストン出身の人に、
年末年始はどうだった?
と英語で話すと、

タネルズが良かったと言っている。


意味が分からず、もう一度言ってくれと
伝えるものの、同じだった。


i dont know
とかそれに近いことを言ったのだと思うが、
どうにもわからず、真剣に悩んでいたら
とんねるずのテレビ番組だったという。。。。


写真を見せてもらうまで理解できなかった。


こういう何気ない会話が即座に理解できる人の
英語力はすごいと思う。

自信喪失の瞬間だった。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モリソロに出ている
未発表曲をダウンロードしようとしたら
落とせない。痛恨の極み。

俺の秘蔵ライブ音源との交換希望。


それはともかく、

しかし、いまだに発表無いところを見ると
4月のツアーはあやしいな。

なくなると大胆予想してみよう。


キングクリムゾンは、半年以上前からツアーの日程が決まっており

予定も立てやすい。

2公演やったら休暇みたいな感じの日程になっている。

キャンセルもないから安心感が大きい。

モズもそうできないのだろうか?


残りの人生の寿命を費やしてツアーをしている

ロバートフリップ。

ちょっとは大先輩を見習ってみるというのも大事なことだ。





コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。