いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Blue Nile,
The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

http://tabkul.com/?p=71379


かなりの技術革新。
Core M搭載機をまったほうがいいのか。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

会場は、歩いて2ブロック先
食事場所のめどもつけた。


yelpという
食べログみたいなサイトがあって
そこから星4以上を抽出。


食べログだと4以上って
やらせっぽい感じだが
実際はどうだろうか。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ツアーグッズを宣伝するところがすごい。
貴重な稼ぎ時だから。

超シリアスなバンドなんだが、
もうほとんど八百屋さんみたいな感じ。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いわゆる羽田深夜便というのを
初めて利用した。


羽田国際線ターミナルはの
利用は初めてだ。
間違って同僚と空港快速に
乗ってしまい引き返したことはあるが。。。。


中につけめんの
六厘舎がある。
食べたことはない。


ものすごく並んでいるのでいつも
何だこれはと思うのだが、
さすがに羽田空港の中で深夜となると
並ぶということはない。


それでも時間が時間なので何も食べない。


9時間17分のフライトでバテバテ
途中お腹の調子が悪くなる。


LAは、入国審査はタッチパネル式の
マシーンで写真も自動撮影、指紋も取る。
その後写真付きのシートが出てくる。


入国の時にそのシートに
日付入りのスタンプが押される。
飛行機の中で書いた税関の書類はそこで
回収されてしまい。

その後荷物を受け取って
税関審査に行くので
いつも書いているやつがないと焦る。

結局スタンプを押してもらった
顔写真付きのシートを提出するが正しい。


メトロは、tapとかいうsuicaみたいなのを
購入する必要がある。


いろいろよくわからず、
慣れない土地で苦労するも
ホテルに到着。
ネットもばっちりだった。


いつの間にか1ドル111円。

前回のニューヨークから考えるとかなりの円安。


とりあえず、仕事のメールが見られるかチェックはするが、

日本に帰ったら、
今後もひたすら赤字で、とっくの昔に大赤字。
そのくせ、
奴隷のように扱われる生活が待っている。


だいたいどうしようもない赤字というのは
ほぼいつもまず営業が悪い。
次に技術のマネージャーがゴーサイン出すのが悪い。
やれやれ、考えるのはやめよう。
ろくなもんじゃない。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全国500万人の
プログレファンのみなさん
千葉を代表して、
新生クリムゾン行ってきます。


何とか荷造りできた感じ。


昔はネットからこんなに情報が入手できなかったので
海外に行くのにも
不安いっぱいだった。


どこに行くにも不安いっぱい。
不安ではなかったかもしれないが
緊張感はあった。


今は、グーグルマップ使えばいいんだという
感じで、とっても楽な時代だ。


今回チケットがマイル利用のために
思うように行かず
行きは羽田、帰りは成田になった。


行きも予習していくので
ずっとクリムゾン聞いていると思われる。


来日するならフェスティヴァルがいい。
今の若い人たちが全く違うものが
存在するということを知るチャンスになる。


何気なく通りかかったら
クリムゾンがあの演奏していたら
けっこうぶっ飛ぶはず。


偽物を本物とつかまされていることに
気がつくだろう。


とにかく感動して無事帰ってくるのが目標。
帰ってくると憂鬱な毎日なのだが
とりあえず忘れようと思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ホームデモでこのクオリティというのが
恐ろしい。

音楽の話は、
一部の人としかしない。
話しても仕方ないというか
流行りの音楽は好きじゃないし
かなり独特なものばかり好きなので
理解できないと思う。

最近のもので好きなものも
もちろんあるけど、
やっぱり昔のものが好き。

本当に好きなのは、
だいたいプログレっぽいものなので
普通の人たちとは会話がかみ合わない。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

御嶽山の噴火だが、最終的にはけっこう
亡くなっているんじゃないかと思う。


大雑把にいってしまうと
海と山ははっきり言って命がけだ。


良く思うのが夏、あれだけ混雑している
富士山がいきなり噴火したらどうなるんだろうか?
と思う。


しかし、それは起こりうる。


だから、レジャーとは言え命がけだ。

だいたい山と言うのは何人も死者を出してきているわけであって
じゃあ、なぜ、それでも登るのか?


難しい質問だ。それはまた今度にしよう。


山としては阿蘇山が噴火すると
かなりやばいらしい。


九州ごとやられる可能性がある。

日本は火山もたくさんあって
地震もたくさんあるのに
どうして原発推進するのかさっぱり不明。


100%安全って言うなら
噴火や津波を止めてくれと言いたい。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分がかつて共に働いた人たちで
定年退職を迎えた人たちが
少しずつ増えてきている。
時の流れと共に増えていく。
その多くの人たちが
引き続き何かをして働くという
選択肢を選んでいる。


年金をもらって
リタイアして、好きなことをやって
暮らしていくんだろうと
ずっとそう思ってきたがそのようなことはない。


良く聞くのが年金じゃ暮らしていかれないという。
日本の社会保障制度は、もう破綻していると
前から思っていたが、最近それに加えて
そもそも論理的におかしいと思うようになってきた。


例えば、国民年金が、
生活保護の最低生活費と同額でないのが制度的におかしい。


自分はとても65歳まで生きるとは思えないし、
それを望んでいるのかも定かではないけど
人生とは長く生きるよりもどう生きるかが
問われている。


例えば、毎日、死にたい、苦しいと思って
生きるとして、様々な意味で虚しい。


何のために生きるか?
子供や孫がいればそのためにと言えるのかもしれない。
そうでなければ
歳をとってからの、何のために生きるのかは?
とても重い。


ロバートフリップを見ていて、
68歳でキングクリムゾンをやる。
ポールマッカートニーにしろ
ローリングストーンズにしろ、
歳をとってもこういう風に存在するというのは
とても偉大で普通真似できない。


健康であることは必須条件だが、
生きている間ずっとやっていく
それが自分自身だからと言えるようなものを
身に着けていくということが一番大事なことだと思う。


そのほうが絶対に人生に意味があって
結果的に幸福だと思う。


自分のやりたいことが何かというより
自分の存在意義がどこにあるのかという
闘いが最後待っているということ。


病気との闘いだってそれに近い。

「しかし、最後まで耐え忍ぶものは救われる」

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。