いつも木端微塵

ギタリスト:テリー木端の日記。音楽的影響:King Crimson,XTC,Japan,Joy Division,The Smiths,Morrissey ギターは、80年代フェルナンデスのThe Revival、Tokai SEBレスポール木端モデル。
連絡先:postmasterアットmorrissey.jp


テーマ:

http://www.morrissey-solo.com/tour/


毎度おなじみのページだが、
かなりスピードでSold Out
している。


アメリカ恐るべし。


日本だと売れ残るのに。

今年自分どうなるんだろう。


イギリスもこの分じゃ
至難の業になる。


また、オークション購入の
友人宅配送か。

どうしたものやら。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

モリッシーのコンサートについてだが、
僕にとっては、これは趣味でもなければ
娯楽でもないし楽しみでもない。


自分の人生経験の中では
コンサートではモリッシーが圧倒的に
1番になる。


どうしてか?


あんまりはっきり書いた記憶はないのだが、
僕は通常、主戦派とか武闘派とか言われていることも多く、
怖い人思われていることが多い。

いい加減で実際、気にもとめてないこともかなり多い。
ブログの内容でさえすぐ忘れる。


怒っても次の日に忘れてる。


人間大人になるとあまり心は動かなくなり
涙を流すようなことというのは極めて少なくなる。
年間を通して僕は涙を流すようなことはまずない。


むしろ人を殺しているとか泣かしているとか良く言われる。


そんな自分が何度もモリッシーの歌で涙を流している。
それは、根本的に理由がわからない。


ロンドンでalma mattersでも涙が出たような気がする。


サマーソニックの大阪で、suedeheadが始まり
「why do you come here?」の次の瞬間
ボロボロ泣いていた。


roys keenのシングルCDを買ったとき
B面のLostをそのままディスクマンで聞いて
微妙に歌詞の意味がわかり、道端で
ボロボロ泣いていた。人にも見られていたけど。


川崎クラブチッタで、please,please let me get what i want
が歌われて涙が出てきた。

渋谷に家があってもお金持ちでも愛がなければ
意味がないだろうと言われているようで
ボロボロ涙が出てきた。


まったく普段の人生でほとんど涙を流す機会がなく
映画も最近は何一つ感動もしないというのに
ある瞬間なぜか涙が出てくる。
泣いているんだろうか、
自然と涙が目からこぼれてくる。


もちろん普段、喜んだり、失望したりというのはある。
でも涙は出てくることはない。
心はそれほど動かない。心は膠着状態になってしまう。

心は傷つかなくなったが、麻痺している。
その分強いのかもしれないが、豊かではない。


多くの人が多かれ少なかれそうなるのだろう。

でも、それは人生が豊かであるとは言えない。


ここで取り上げた以外に何度か起きている。


メッセージが影響しているのは確かだと思う。
ある期間、スミスもモリッシーも歌は、ほぼ
すべての歌詞が英語で頭の中で暗記されていた。
そらで歌うことができた。今は無理だけど。


モリッシーでもいつも涙がでるわけではない。
いつも起きるわけではない。
しかし、それは、他の人では起きない。
だから、僕にはこれは趣味でも娯楽でもないのだ。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

billboardに出ている
モリッシーのインタビュー
スクリプトが走ってなぜか固まるが。
おもしろい表現だなと思った。


スミスを再結成してほしい人を一人も知らない。
再び見たいバンド何てない。
記憶の中の彼らは、全盛期どのようであったか
最高の時がどのようであったか、
あるいは、絶望的な時がどのようであったかであり
もはやそうではない誰かであると彼らを見るんでしょう
というコメントがあった。


実際スミスを再結成してほしいと
思う人は世界のどこかにはいるし
再結成したら、僕でさえ宗教上の理由から
見に行くと思う。


でも、スミスを再結成してください
お願いしますと直接モリッシーに
言いに行く人はいないんだろうと思う。
実際言いづらい。


この表現は日本人には、まずないようにも思う。
こういう言い回しは日本人の感覚にないんじゃないか。
こういう変わった表現を自分もしたいものだ。


ビートルズの影響がないというコメントだが、
僕もビートルズが好きだし、
ビーチボーイズもビージーズも好きだし
ローリングストーンズも嫌いではない。
だけど、心が揺さぶられて涙を流すなんてことはないし
人生を根本的に変えてしまったなんてこともない。


君の人生を救ってくれた歌を忘れちゃいけないって
ことに尽きる。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

悩ましいことや、
良かったと言うことが起きる。


良かったことは、
腐れブラック支店がなくなること。


みなさんに同じみの
不夜城とか、北朝鮮とか
鬱病養成所とか言われていた。

黒い歴史が終止符に。


これ以上犠牲者がでないというのが
すべてのためだ。

賞賛に値するまともな判断をしたと言える。

でも、これは当たり前のことにすぎない。

ただ、このままじゃいけないって

ちゃんと考えた人間がいるってことの証拠。

そういう意味では良い部分がある。


最終的に腐ったものは赤字によって
存在価値を失い滅んでいく。教訓。

多くの人がなくなるだろうと
つぶれるだろうと予測していたが
時間がかかったという印象がある。


病原部隊というのはしぶとく残る。


まあ、でも良かった。


全体としては、
どっちみち悩ましいことの比重が大きい。


やや限界を感じる。
というかもう確実に限界だな。

僕のいるところがもう限界状態。

こんなことになるとは思わなかったよ。


よくここまで我慢したと思う。

僕ももう無理だろ。


いい加減、破壊衝動が生まれてきた。

ぶっ壊してー。

僕がぶっ壊すときは、

そりゃー

容赦せず、完膚なきまでにぶっ壊す。

でも、そういう判断にいたるまで

何もしない組織が悪いと思うね。

甘く見られたものだ。


この人に関しては何をするかわからないと

言われたりするが、

だからおもしろい。

だから楽しい。


地獄の狂犬なんだから。

敵対するならば地獄の果てまでもだ。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は絶不調。
睡眠不足で、意識を失う。
単純に疲労。


会社で褒められるが、
いい気になることはない。
それは何も貰えないからじゃない。
だいたい、内輪の価値観で褒められて
何か貰うのもどうかと思う。

それは、当たり前かも。


顧客から感謝状でももらったら
それはそれで、
もっとうれしいだろう。


そんな時でさえ、
きっと何も貰えないように思う。


別に何かを貰いたいわけじゃない。

何を言いたいかと言うと、
それはそれで何だか
あまり発展しないカルチャーという
感じがする。


仮に社外から褒められたら
会社としてなにかしたほうがいいだろう。


本題として、
正直なところ褒められても
うれしくない。


考えさせられる。

プレッシャーと言うか、
これは、1つ遊び心もあるんだろう。
どうせ、全く想定もしてないだろうから
想定できないだろうことをしてやろう。
おもしろそうだと。


あるいは意図的プレッシャーで
もっとしっかりしろ、まともになれという
メッセージかもしれない。


どっちみち頭が痛い。


とにかく、こんな風に
考えている人間が必ずどこかにいる。
そしてそういう人は侮れない。

仮に僕の言っていることが
ひねくれていると思われても
たぶん、この解釈は正しい。


そして、
相手の想定をくぐってくる人間というのは
発想力があるので、そういう人間は
必ず何か他でもそういうことをする。
何かを変化させることをする。


つまり、そういう人がまだ中には残っていて
そして残念なことに、それは自分ではない。


そういう意味では侮れないし、
1枚上手というか、自分も反省しなくちゃいけない。


もっと変わりなさいと言われているように感じる。


いくら1クセも2クセもあると思われても
全く他人の価値観に意を返さないと思われても
ここでブルーハーツの少年の詩が真実だと
言うつもりもない。


http://www.youtube.com/watch?v=IupokfNXBKw

これ、懐かしいね。


そもそも、膨大な時間のなかで
さらに深遠で痛烈な反逆の世界で暮らしているので
そんなにパンクロックじゃない。


しばらく自分なりに、
ここでいったいどんなお返しをするのかは
考える必要はある。
しばらく考えよう。


全体的にこのままじゃいけないって
そりゃ自分も思う。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

CCIE Voiceも転職してしまった。
優秀な人だった。
長年、実案件で良くサポートしていた。
その人が不遇だったのが残念だ。


中堅で長年、実案件で実績をあげていた
他のエンジニアも少しずつ辞めていく。


こういう風に徐々になっていくのは
かなりまえから予測できていた。

辞めますとか転職しますというのは


この先も、中堅以上でノウハウ持っている

人間が抜けそうな予感がする。


ネガティブな印象なので
勇退という言葉を使うのがいいと思う。


先人の偉大な教えだ。
勇退と言うと反感を買わない。
優待される。


なんてハイスキルなんだろうと思う。
自分もこの言葉は使いたい。


http://www.youtube.com/watch?v=uga-F-8l6H0


今日はこの歌。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.doremi.co.jp/Doremi/ASC03.do?isbn_cd=13947


そんなに耳コピできないので

ありがたい。

完全復刻。


バンドスコアも復刻してほしい。

何をどうやっても手に入らない。

オークションで数万円の金額で売られている。


ロンバケ、Each Time、ナイアガラトライアングルvol2の

バンドスコアが欲しい。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

CCIE取得後にすぐ転職して
ノリノリ絶好調の
バブルエンジニアからの挑発もあり
情報処理のプロマネを受けることに。


http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html


その挑戦は受けよう。
激突必至。


はっきりいって
厳しい戦いになる。


赤字だ斜陽だ言われても
長年のキャリアで勝ちたい。


午前で敗北説を言われているが、
見てろよ!


すべてを覆してやる。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。